2017/03
≪02  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   03≫
チャンネル桜 
YOUTUBEチャンネル
最近の記事 
最近のコメント    
カテゴリー 
リンク 
プロフィール 

Author:まるこ
★生活の延長上に政治がある。在仏★ 

最新トラックバック
「支那」という語


日本の敗戦により、支那(中華民国)は日本占領に戦勝国として参加し、日本政府に対して「支那」の呼称の禁止を命令しました。1945(昭和21)年6月のことです。
だから、日本の外務省は総務局長、岡崎勝男の名で、「支那の呼称を避けることに関する件」という公文書を発しています。6月6日です。文面は次の通りです。

「中華民国の国名として支那という文字を使うことは過去に於いては普通行われていた処であるが、其の後之を改められ中国等の語が使われている処、支那という文字は中華民国にして極度に嫌うものであり、現に終戦後同国代表が公式非公式に此の字の使用をやめて貰いたいとの要求があったので、今後は理屈は抜きにして、先方の嫌がる文字は使わぬ様にしていきたいと考へ、念のため貴意を得る次第です」(かな遣いを現代風にしました)

この局長名の公文書は、都下の新聞社や出版社に対して出されたものです。翌7日には各省の次官あてに同様の公文書が送られ、7月3日には文部省次官が各大学・専門学校に通達し、内務次官通達により各県知事が全ての学校に指示したことにより、日本の学校やマスコミの世界から、「支那」の文字が消えました。

局長通達の中にいう「理屈は抜きにして」というくだりに、一抹の悲哀を感じるのは私だけでしょうか。国会図書館で簡単に閲覧できます。(『(続)日本人が知ってはならない歴史』 若挟和朋 朱鳥社 より引用)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

~(略)~支那人の言う「中国」は尊称である。~(略)~周囲の国々を蔑視する中華意識を意味するのが中国である。自分の国を美称して中国と称するのは自由である。
だが、自国を尊称で呼べと要求するのは非礼であり無礼である。~(略)~インド人は「しな」と発音していたようだ。この「しな」の漢字を支那としたのは支那人に他ならない。言うのも馬鹿げているが、支那の語に蔑称の意味はない。

~(略)~中華人民共和国や中華民国を略して中国と言う、というのはうそである。殷~(略)~民国を世界の人々は「支那」と呼称してきたのである。
共産党支配の支那を特別に「中国」と呼ばなければならない義務は、日本人にはないと私は信じる。「チャンコロ」はどうか、と聞かれたことがある。勿論、日本人からである。支那人なら愚問だから聞かない。
「中国人」の語を支那人に発音してもらうがよい。「チャンコロ」に聞こえて、腰を抜かさないことだ。(『日本人が知ってはならない歴史』 若挟和朋 朱鳥社 より引用)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私のブログを継続的に読んでくださっている方はご存知だと思いますが、かの国の呼称が「シナ」になったり「中国」になったりしています。何故かといいますと…「支那」と書きたいのですが、漢字変換が一発でできないカタカナの「シナ」では文章に締りがなくなるし、一文字一文字漢字変換しているのは面倒くさいし…ということでついつい「中国」を使ってしまっておりました これも文字狩りの一種か? …手間がかかりますけど頑張って「支那」を使うよう努力しますデス 相手に対して尊称を使っている以上自動的にこちらが下ですから…

米国占領下で「支那の呼称禁止令」に従わざるを得ないのは理解できます。敗戦国の悲哀。けれどこれも主権が回復した時点で直ちに撤廃すべきでした。…日本国憲法から始まって何から何まで、戦後60年たち、当の昔に主権回復した国になっているはずなのに、未だに占領体制を引きずり、その奴隷根性(?)に馴染みきってしまった我が国…何と言えばいいのか…結局誰の責任でもない我々日本人の責任です

注意★上記「支那の呼称を避けることに関する件」公文書発行の日付が1945年(昭和21年)6月になっておりますが、これは本にそうあったのでそのまま書き写しました。しかしたぶん1946年(昭和21年)6月の間違いだと思います。そうでなければ辻褄が合いませんので。



 
言霊の幸はふ神の国




「言霊」とは一般的には日本において言葉に宿ると信じられた霊的な力のこと。言魂とも書く。清音の言霊(ことたま)は、森羅万象がそれによって成り立っているとされる五十音のコトタマの法則のこと。

声に出した言葉が現実の事象に対して何らかの影響を与えると信じられ、良い言葉を発するとよいことが起こり、不吉な言葉を発すると凶事がおこるとされた。

【言霊信仰】井沢元彦説にみる日本人に独特の"宗教感情"

日本人の心の中には、「言霊」というものがあります。もちろんこれは宗教の話ではありません。しかし言霊というものは、霊というものがあるかないかではなく、多くの日本人が信じているものです。

明日は運動会だということでみんなで準備に盛り上がっているときに、誰かが「明日は雨が降るだろう」といったとしましょう。その時は、せっかくみんなが楽しみにしているのに水を差すいやなことを言う奴だ、という程度のものかもしれない。ところが、翌日本当にどしゃ降りの雨が思いがけなく降ったりすると、「おまえがあんな事を言ったからこんな天気になった」と冗談まじりにでも非難する者がたいてい出てくる。

しかし、考えてみると、「明日は雨が降るだろう」と発言することと、実際に雨が降るという自然現象の間には断じて因果関係はないですね。それなのに私たちの心の動きは、「誰かが縁起でもないことを言ったからそれが現実のものとなった」と思ってしまうんです。

このような日常的で些細なことだけならさして「実害」はないのですが、ことが戦争を決断するかどうかという、多数の国民の運命に関わる重大な国家的決定に際してこのような「言霊」信仰が作動すると、合理的、理性的な判断を抑え込んでしまうことになります。

アメリカとの戦争を始める前に、この戦争では勝ち目はないという判断を持っていた国家指導者は一人や二人にとどまりません。いや、ほとんどの人々は「日本は負ける」と思っていました。しかし、「日本はこの戦争に負けるかもしれない」という言葉を公然と口にすることはタブーだった。そんな不吉なことを言うこと自体が、敗戦という現実を招き寄せると考えられたからです。いや、敗戦を望んでいる者、とまでとられかねませんでした。

戦後の日本は一転して「平和主義国家」になります。

そうすると、今度は「平和、平和」と繰り返し叫ぶことで平和が実現すると思い込む風潮が一般的となりました。これもまた、言ったことは実現する、実現してほしくないことは決して口にしない、という「言霊信仰」の現われだったのです。


湾岸戦争のとき、この日本人の行動パターンは喜劇的なまでに露呈されます。作家の司馬遼太郎氏が「念仏平和主義」という誠に適切な表現を与えたのは、この風潮に対してでした。当時、世界中のマスコミが「開戦必至」と訴えていたのに対し、日本のマスコミだけがその「状況」を伝えていなかった、伝えること、報道すること、「言挙げ」をすることを避け、ひたすら平和的解決を訴えたのです。すでにそのような望みは絶望的となっていたにもかかわらず。

日本人の「念仏平和主義」は、井沢元彦氏の「言霊」論で明快に説明できます。それは冷静な現実分析を排し、「必勝の信念」を呼号し、それに酔った戦時中の国家指導者の行動原理とまったく同じ物でした。

だから日本では、「有事立法」ということができません。

確かに有事立法というものは、サヨクにいわせれば「国家総動員法」というものの連想でしょうけど、軍隊がすべてを仕切るというようなことに応用されてしまう可能性も無しとはいえない。その危険性は確かにあります。だが、本来の意味の有事立法というのは、例えば、総理大臣が死んだ、副総理も死んだ、じゃ、だれが日本国を代表するのか。あるいは日本の領空内に国籍不明機が侵入して国会議事堂に向かっている。どうやら、爆弾を積んでいるらしい。こういうとき、どうするのかをちゃんと決めておくということです。例えば、戦争なんかしないで無条件降伏すればいいじゃないかという人もいますけど、国会議事堂に爆弾が落ちて、閣僚全員が死んでしまったら、誰が日本国を代表するのか。そういうことも決めておかないと、無条件降伏すらできない。

こういうことを言って「有事立法」を考えよう、と公で口にすると、猛烈な非難がきます。

なぜ非難されるかというと、例えば日本国内に国籍不明機が侵入するなんていうことを言うと、さきほどの「日本は戦争に負ける」という発言と同じで、そういう事を望んでいる、と取られるからです。そんなことは議論する必要すらない、と。

勘違いしないで頂きたいのは、民主主義国家において、『非難すること』自体は自由だということです。異なる意見をぶつけ合い、双方の意見の内容について、それぞれの言い分を提示していく。そういった中で、様々な角度からの見方、意見を聞き、物事を決定していく、それが民主主義の基幹のひとつのはずです。

しかし、この場合は違います。有事立法制定の意見の内容についての非難、ではありません。有事立法制定についての意見そのものが非難されるのです。まさに、「そのような事は口にするものではない!」と。これではただの「意見の抹殺」です。

例えば日本がどこかの国に攻められる。そして占領される。そして「日本国憲法」が停止されるということは、歴史上を見れば、充分に考えられることです。するとそういうことがないようにはどうすればいいかというと、当たり前の話ですが、そのための軍隊を持っておくと。つまり憲法を護るための軍隊を持っておくということです。これは日本人以外は当然そう考えるから、みんなあるんですね。どこの国でもちゃんと憲法に規定された軍隊があります。永世中立国といわれるスイスにもあります。いや、むしろ自前のしっかりした軍隊があるからこそ、永世中立を掲げることが出来るのです。ところが日本人だけは、軍隊があると戦争を呼ぶんじゃないか。だからないほうがいい。しかしまったくないのも不安だから、軍隊とは呼ばずに「自衛隊」といおうと。内容でも変わっているのかというと、全然変わっていない。ただ、言葉でごまかしているだけです。

自衛隊は常識的に見れば、どこの国の誰が見ても、軍隊です。しかし、軍隊といわずに自衛隊といおうと。日本には軍隊はないんだと安心する。だけど自衛隊はある。それで安心する。こういう奇妙な言葉の上でのごまかしの二重構造の上に日本人は成り立っています。

雨が降るといえば雨が降る世界では、日本に軍隊はありませんといえば、無いんです。実際にはあっても、それはどう見ても軍隊じゃないかというものがあっても、言葉の上だけで打ち消しておけば、無いんです。そして、そのことによって安心する。

…言霊というものをある程度自覚しない限り、わけも分からず振り回されてしまう状態はこれからも続いてしまうでしょう。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

日本人は、陰ではともかく(´∀`*)表立って人の悪口は言わない。コメント欄で八目山人様がおっしゃっていた「エチオピアの子供の目が輝いていた」ですね…今はサヨクの意図的なものも多大なのでしょうが、基本的に、というか無意識のうちに「とにかくいい事を言うというのはもう習性となってしまっています。

こちらに来て驚いたことは、まあ、反日というのがあるのでしょうけど、ズケッとした批判なのですよね。「あんた何様?」みたいな。日本の新聞なら他国のことをこうは書かないでしょ?っていう…。

日本が戦争に負けたというのもあるのでしょうけど(だから外国に遠慮している)やっぱ言霊信仰から『悪いことは言わない』というのが大きいと思います。…で、井沢氏が言うように、これをこの世知辛い世界の中で、国家単位でやってしまっているから、一方的に言われっぱなし叩かれっぱなしの『のび太君』状態になってしまっている…。

従軍慰安婦問題にしても外務省はそれなりに反論はしているそうですが、傍から見ていれば何とも歯がゆい。河野談話のせいで反論も制限されてしまうのでしょうが、それにしても「韓国はベトナム戦争の時何やっていたんだ?」「中国は今現在進行形で何やっているんだ?」「あんたたちに他国を非難できるのか? 我が国はあんたたちに非難されるいわれはない」くらいのことをビシッと言い返してほしい。

でもこれって日本人には相当ハードル高いのかも…。だから特に日本人政治家官僚指導者層には特別なエリート教育・特別な訓練が必要なのです。でも政治家を選ぶのは我々なので、やはり私たちひとりひとりが言霊信仰を意識化してそれを乗り越えていかないと…。

井沢氏曰く「言霊の作用によって日本人は有事すなわち不吉な自体を想定することができず、本来ならその有事に対する最も有効な備えとなるべき軍隊も嫌う。この「二重の障害」をなんとかしておかないと、今にとんでもないことになるだろう。」




 
FC2カウンター 
ブログランキング
ブログランキングバナー
【おうちラジオ】ぶっちゃけトーク(1時間版)
なおことまるこ。 時々ゲスト❤
【おうちラジオ】大人のためのカフェ・タイム
まるこがひとりでお喋りしてます♪
【おうちラジオ】ヲシテで探ろう やまとのことのは
わが国には、漢字以前にヲシテという大和言葉に対応した文字がありました。私たちの日本語の源に触れてみませんか? ヲシテを研究していらっしゃるびーちぇさんの解説です。
【おうちラジオ】英語版
【おうちラジオ】って何?
くらしの延長上に政治がある。
「政治」ってちっとも特別なことじゃない。「政治を語らずに政治を語る」をモットーに❤楽しく可笑しく、でも真面目。身近なことから国家まで、いろいろ、ぶっちゃけ、お喋りしてます♪
家事をしながら、一服しながら、どうぞお聞きくださいませな。