まるこのおぼえがき背景

まるこのおぼえがき

(旧)地球の反対側で愛をつぶやく

洗脳

ホテルでTVを見た。 たぶんNHKの歌番組だったと思う。 演歌とかいろんなジャンルの曲の生演奏。

硫黄島の栗林忠道陸軍大将が家族にあてた手紙の朗読があった。 ご本人とご家族の写真つき。 その朗読が、「いかにも~」って感じの「泣かせよう泣かせよう」朗読で、その深刻ぶった司会者の悲痛感溢れる声にもうウンザリ …でも、「よくNHKがこんな手紙出してきたな」と疑問に思いつつ聞き流して、さて、それに続いた歌は、何と南こうすけの「あの人の手紙」。

泳ぐ魚の群に 石を投げてみた
逃げる魚達には 何の罪があるの
でも今の私には こうせずにはいられない
私の大事なあの人は 今は戦いの中
戦場への招待券という ただ一枚の紙切れが
楽しい語らいの日々を 悲しい別れの日にした


当時は有名な歌だったし、私も何の疑問も持たず聞いていました。 

今分かる。 

これが「洗脳」なのだと。 

やるな、NHK。

トラップはあらゆるところに。

油断も隙もありゃしない。






関連記事
スポンサーサイト
2015/04/21 [19:12]

コメント

コメントの投稿

scale

PAGE TOP
広告: