まるこのおぼえがき背景

まるこのおぼえがき

(旧)地球の反対側で愛をつぶやく

日本新聞協会広告

3/19(木)の産経新聞に日本新聞協会の広告がありました。たぶん朝日新聞をはじめ他紙にもあったのでしょう。
新聞
クリック拡大


「学校図書館には子供が新聞を読むための予算がついています。」

平成24年度から「学校図書館図書整備5か年計画」で、図書課整備のために200億円(5年で1000億円)、新聞配備に15億円(5年で75億円)、学校司書の配置に150億円(単年度)の地方財政措置が講じられています。…(略)…

だからこそ、本来の目的に沿った予算執行がなされているかどうか、皆さんのお住まいの地域で感心をもって見守っていく必要があるのです。お子さんが通っている学校の図書館に、深部はありますか?


消費税増税に関して新聞界は、知識を広める役割を担う新聞・書籍・雑誌などに軽減税率を適用するよう求めています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
学校に新聞があったら、それは朝日新聞なんじゃないですか? だって日教組だもん。こうやって生き延びようとしているのが丸見え。大口契約で。それも税金で!

お母さんはご自分のお子さんの学校を調べて、産経新聞を推薦してもらいたいですね。

軽減税率適用? なんとまあ調子がいいんでしょ。

結局どんなに国が、下村文部大臣が旗を振っても末端が動かなければ現状は変わりません。どんなにりっぱな教科書作って配ったって、現場の一教師が密室の教室で他のこと教えていれば意味ないですよね。

保守派はどうも詰めが甘い。 ひとつひとつのモグラを叩き潰していくのが、疲れますけど大切なことだと思います。








関連記事
スポンサーサイト
2015/03/22 [12:46]

コメント

コメントの投稿

scale

PAGE TOP
広告: