まるこのおぼえがき背景

まるこのおぼえがき

(旧)地球の反対側で愛をつぶやく

害虫退治

フランスのリンゴ農家の方の話を聞く機会がありました。

リンゴは農薬たくさん使うので有名ですけど。

人工フェロモンで害虫の性行動をかく乱してリンゴに害虫がつかないようにするらしい。で、それが日本製。

SUMI AGRO 住友化学アグロ

何か話していると、思わぬところで「日本製」というのが出てきてびっくりします。 この企業はアフリカのマラリア防止蚊帳ってのもありました。

日本の底力というか、凄みを感じます。

もっともこの人工フェロモンを使っての害虫かく乱、エコロジストは反対だそうです。「人工」だから。 遺伝子組み換えはダメ、農薬はダメ、自然フェロモン利用も「人工」だからダメ … じゃあ、どうすりゃいいんだか?

ちなみに昔からの何とかというブドウ畑に使われている農薬(?)があって、これはOKらしいのです。 でもこのリンゴ農家ムッシューに言わせると、それを他の果樹木で使うと、多少はいいけど、大量に使い続けると土壌が汚染されてしまって木が育たなくなり、回復するのに何十年もかかるのだとか(彼の実体験) … 何事も過ぎたるは及ばざるがごとし。でもエコロジストはそういう話には全然耳を傾けないのだとか。

「ニホンのスミアグロ(会社)のおかげで」

って言われると、自分のことじゃないけど誇らしくなってしまいます。 凄いよ、日本。





関連記事
スポンサーサイト
2014/12/29 [20:55]

コメント

[ Title ] : No title

確か住友化学が日本の農薬製造では一番だったと思います。
家庭用では武田が大きかったのですが、業界再編で住友に売ってしまい、今では住化武田農薬という会社になっています。(100%住友の資本ですが)

住友化学は 前経団連会長の出身会社で、あのラウンドアップで有名なモンサントと提携しています。
フランスで有名なのはボルドー液です。これは農薬にはカウントされません。

  1. 2014/12/30 [17:57]
  2. 八目山人 #4lXsiBFM

[ Title ] : ボルドー液

八目山人様

こんにちは。

そう、ボルドー液です。 それにしてもよくいろいろご存じですね^^。

硫酸銅、生石灰で、これだって大量に使い続ければ土壌の硫酸銅割合が高くなりすぎて木が育たなくなるそうです。

ああ、あの住友化学ですか…何か、微妙。

  1. 2014/12/30 [18:47]
  2. まるこ #-

コメントの投稿

scale

PAGE TOP
広告: