まるこのおぼえがき背景

まるこのおぼえがき

(旧)地球の反対側で愛をつぶやく

【スクープ!】「日中合意文書」は無かった!外務省電話取材報告[桜H26/11/15]

私も素人ながら、日本語シナ語それぞれの文書で合意って、共通語としての英語文書を正式なものとしないと誤解が生じるのではないの???と「?」状態でした。



これも日本マスコミの捏造ですか? 恐ろしいです。 これは今に始まったことではなくて戦後ずっと行われてきたことなのでしょう。従軍慰安婦問題もそのひとつに過ぎない。 このスクープの翌日の今日も、産経新聞すらも謝罪・訂正していないのだとか。 笑い事では済まされない恐ろしいことです。 この嘘話が元で戦争が起こり得るのですよ?




今回のこと(日中首脳会談)では他にこんなのもあります。これは外務官僚がレクチャーしていなかったのだとか。 それにしても首相官邸HPを見れば書いてあるわけで、マスコミは「外務省のせい」とは言えませんよね。そういう裏を見つけ出すのがジャーナリストの仕事であるわけで。 ホントに日本マスコミは「中国サマサマ」なんですねぇ。今更ながら怖いです。


■11/12放送 関西テレビ「アンカー」青山繁晴の“ニュースDEズバリ”

青山繁晴
「あ、これは、あの、岡安キャスターが大事なことを言ってくれたんですが、その、今、岡安さん、岡安キャスターが言ったのは、その、日中首脳会談のあとの報道はそうだったんですよ。その、つまり、安倍さんは、その、中国を慮(おもんばか)って、小笠原諸島のサンゴの密漁に触れなかったと、報道したんですが、これ真っ赤な間違いなんですよね

岡安譲
「真っ赤な間違い…」

青山繁晴
「これ皆さんね、あの、首相官邸のホームページから印刷したものです。で、安倍さんは、その、北京での記者会見の冒頭に、こうおっしゃってます。 『このところ小笠原諸島周辺で違法操業を続ける中国サンゴ船の問題など、先般の外相会談で取り上げた個別の問題について、私から』、つまり安倍さんから、 『前向きな対応を求めました』、習近平さんに対して。そう言ってるんですよ。だから報道は実は、間違いなんですよ

岡安譲
「なるほど」

青山繁晴
で、なぜ、これが起きたかというと、日中首脳会談のあとの、 外務官僚のブリーフィングに、それがなかったからです。だからこれは、私たちはよく見る必要があって、こんな大事なことを安倍総理が、習近平さんに言ってるのに、外務省がそれを、外した

岡安譲
「外したんですか」

青山繁晴
「はい。これはブリーフィングを受けて記事を書きますから、記事は。僕もそうでした。だって中に入れませんから。で、このことは日本の大きな問題として、これはマンガですまない日本の大きな問題として考えなきゃいけないです。岡安キャスターのおかげでこの話できました」

ぼやきくっくりさんより引用



 外務官僚が意識的に隠し(あるいは大切な問題と認識していなかったらそれはそれでまた大問題)、それをマスコミが、検証なしにそのまま流す。 そして国民の大部分は報道を真実だと思っている … 背筋が寒くなりますね。



関連記事
スポンサーサイト
2014/11/16 [19:44]

コメント

[ Title ] : No title

いわゆる左派とか言われている共産党系
日本人とか、反日外国人のいいようにされている日本、
それとマスコミには愛想をつかし、ほとんど新聞もテレビも
関心ない私です。
ネットからいろいろ情報を得ていますが、
ブログには敬意を表します。

外務省は本当に何とかできないかといつも
歯がゆく思います。

  1. 2014/11/18 [10:25]
  2. とてもじゃない #-

[ Title ] : No title

とてもじゃない様

国民の選挙の洗礼を受けない官僚が政治家より権力持っているってものすごく恐ろしいことだと思うのですけど…。ある意味中国共産党集団独裁体制?

  1. 2014/11/19 [19:25]
  2. まるこ #-

コメントの投稿

scale

PAGE TOP
広告: