まるこのおぼえがき背景

まるこのおぼえがき

(旧)地球の反対側で愛をつぶやく

【なおこ】 もの食う人びと‏


本棚を整理していたら出てきたのでパラ読み。

本



結構おもしろかったんですけどね、最後に今話題?の従軍慰安婦だったという3人の韓国人おばちゃんとの話しにちょっと驚いた私です(ほかにもエッ?と思うのありましたけど、全体的には面白かったです)




このおばちゃんたち、食べた後に「たいへんおいしくいただきました」と美しい日本語で言うんだそうで。おどけて博多節をはじめたり、「草津よいと-こ、一度はおいで」なんてうたったりもするんだそうで・・・あれ?




でね、日本兵に恋したりもするわけ。「仕方ないですよ。だれでも初恋しますよ。日本の兵隊でも恋人なのよ」(文庫版p342)と。まあ、日本兵の中にも良い人もいたしーって設定?なんでしょけどね。




-この人たちのこの記憶はなんだろう、と私は思う-(文庫版p343)




とは書いてあったけど、私が思うところのなんだろうとは違うんだろな。




非道な日本兵に慰みものにされる悲惨な毎日の中で、草津よいとーこ♪とか、たいへんおいしくいただきました、とかとか・・・なんかちょっとぉ。。そおなの?う~ん、もし自分が彼女たちのような経験をして戦後を生きているとしたらって考えると、絶対に日本語なんか口にしたくないし、日本の歌なんか歌いたくないけど。。







金さんが敬虔なクリスチャンであることを知ったのは一月三十日、彼女がメソジスト教会にお祈りに行くと言ったからだ。日本大使館前の行動が本気だったかどうかの疑いはその時点で吹き飛んだ-(p328)※日本大使館前の行動とは、1994年、ソウルの日本大使館前で割腹自殺未遂を起こしたこと。




だから、強制連行とかの話しも゛事実゛ってことなのかなぁ。朝日の今回の謝罪もだけど、日本のジャーナリストって゛裏゛は取らない、の?




ちなみに、『もの食う人びと』は講談社のノンフィクション大賞を受賞してます。




う~~ん、日本の報道もろもろ、横目でチラ見ぐらいがいいのかも、と改めて思ってもみたりです。

-------------------------------------

で、朝日の謝罪ニュースを辺見さんはどう思ってらっしゃるのかしらん?とブログを覗いてみたら、、

-------------------------------------

従軍慰安婦問題について、朝日新聞がこれまでの報道を点検し、一部の誤りをことさら麗々しくみとめて、とり消した。いわゆる「真実の報道」のためにそうしたのか、歴史修正主義の怒濤に呑まれた世論と政治権力に屈してそうしたのか。後者であろう。首相官邸、「日本会議」や右派系各紙、週刊誌を大いによろこばしめ、従軍慰安婦問題などそもそもなかったという首相Aの思惑どおりの流れがこれでできた-中略-朝日の記事とり消し騒ぎの後景には、理解をこえる嫌韓・侮韓のうねりもある。こうしたおぞましいセンチメントが歴史的与件を蹴ちらしている-辺見氏ブログより

-------------------------------------

えっ、そこ?そこなの~?




う~~ん、も~う唸りっぱなしっ。。でもって、『もの食う人びと』は学校で配られたりもしてるらしいです。漫画にもなってるし、じわりじわ~りとこういうところからも日本が悪いことシターってのは浸透してくんだろな。ああ、なんとかならないのかしらんねぇ。。

関連記事
スポンサーサイト
2014/08/15 [00:57]

scale

PAGE TOP
広告: