2017/11
≪10  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   12≫
チャンネル桜 
YOUTUBEチャンネル
最近の記事 
最近のコメント    
カテゴリー 
リンク 
プロフィール 

まるこ

Author:まるこ
★生活の延長上に政治がある。在仏★ 

最新トラックバック
偽紙幣


中国人若夫婦がパリ旅行中、ギャラリーラファイエットデパートで偽紙幣で支払いをしようとした疑いで起訴されたが、間違いだった。このことは中国による店のボイコットに繋がるかもしれない。

中国人若夫婦旅行者が買い物の勘定を偽札で済ませようとした…これが2月11日、パリのデパート、ギャラリーラファイエットのレジ係の主張である。この不運な2人は警察に連行され尋問を受けた。専門家がその紙幣を鑑定し、ボロボロではあるが、本物であることを確認。しかし話はここで終わらない。この2人は解放されると即、その問題のレジ係のところに引き返しまた同じ紙幣で買い物をしようとしたが、その店員に再度「そのお金は偽物だ」と断わられた。

アジア人客の圧力により、ラファイエットの副社長ポール・ドラウートル氏は店員の過ちを認め「私どもは公式に(被害にあった)若夫婦、及びグループの他のメンバーならびにこの事件で傷つけられたすべての中国人にお詫び申し上げます」と謝罪しなければならなかった。同時にこの若夫婦に謝罪の手紙を送り、新たなパリへの旅行を申し出た。

外国人旅行者の中で、ギャラリーラファイエットで最も買い物をするのは中国人である。中国旅行代理店は中国人客にギャラリーラファイエットをボイコットするよう提案している。たとえこの事件が丸く収まったとしても、石頭店員の行為は外交上失敗であったと言えるだろう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

フランスはカード社会で現金をあまり持ち歩きません。100ユーロ紙幣(約1万円)は比較的現金支払いをするドイツ人のために作られたそうです。それ故フランスでは100ユーロ紙幣はあまり見かけません。我が家はこのカード支払いが嫌いでよくスーパーなどでも現金で払っています。で、たまにこの100ユーロ紙幣を使う。…すると、偽札鑑定器にかけられます。以前はレジのところに機械があってレジ係がやっていたのですが(それでも驚き)、最近は黒服姿の強面ガードマンが鑑定器をもってレジまでやってきて目の前で鑑定する…「これで偽札だったら私が捕まるのだろうか?」とちょっと緊張。小さな個人店でもこの鑑定器持ってるとこありますね。

ここまでやっているのですよ。…この記事の中国人客の紙幣は鑑定器にかけられなかったようで、かつボロボロだったとのことなので5ユーロ、10ユーロ、あるいは20ユーロ紙幣だったのでしょうか? それにしても横柄なフランス人店員がいるのは事実ですので、まあ、何とも言えませんが…でもこの場合この店員に何故そんなに固執したのか、その理由を聞きてみたいですね。 中国人もスゴイ。 副社長直々に謝罪させ、その上新しい旅行までちゃっかりもらっちゃって…これが日本人だったら、疑われて屈辱だけ味わって泣き寝入りとなりそうですけど……でもまあ、日本人だったらまず疑われることないのかな。

追加★ユーロ紙幣の写真を見て、初めて200ユーロ、500ユーロ紙幣があることを知りました! こんなの見たことありません! 

関連記事
スポンサーサイト


 
Secret
(非公開コメント受付中)

FC2カウンター 
ブログランキング
ブログランキングバナー
【おうちラジオ】ぶっちゃけトーク(1時間版)
なおことまるこ。 時々ゲスト❤
【おうちラジオ】大人のためのカフェ・タイム
まるこがひとりでお喋りしてます♪
【おうちラジオ】ヲシテで探ろう やまとのことのは
わが国には、漢字以前にヲシテという大和言葉に対応した文字がありました。私たちの日本語の源に触れてみませんか? ヲシテを研究していらっしゃるびーちぇさんの解説です。
【おうちラジオ】英語版
【おうちラジオ】って何?
くらしの延長上に政治がある。
「政治」ってちっとも特別なことじゃない。「政治を語らずに政治を語る」をモットーに❤楽しく可笑しく、でも真面目。身近なことから国家まで、いろいろ、ぶっちゃけ、お喋りしてます♪
家事をしながら、一服しながら、どうぞお聞きくださいませな。