2017/08
≪07  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   09≫
チャンネル桜 
YOUTUBEチャンネル
最近の記事 
最近のコメント    
カテゴリー 
リンク 
プロフィール 

まるこ

Author:まるこ
★生活の延長上に政治がある。在仏★ 

最新トラックバック
アンジェリーナ・ジョリー監督、日本軍による捕虜虐待描く小説を映画化


反日感情をあおる本が米国で大人気

アンジェリーナ・ジョリー監督、日本軍による捕虜虐待描く小説を映画化

[シネマトゥデイ映画ニュース] アンジェリーナ・ジョリーが、第2次世界大戦中の日本軍によるアメリカ人捕虜虐待の実態を描いた小説「Unbroken: A World War II Story of Survival, Resilience, and Redemption(原題)」を映画化することが発表された。The Hollywood Reporterが報じた。

 「Unbroken: A World War II Story of Survival, Resilience, and Redemption(原題)」は、映画『シービスケット』の原作者ローラ・ヒレンブランドが、現在95歳のイタリア系アメリカ人男性ルイス・ザンペリーニの生涯を描いた小説。

 ルイスは、陸上選手として1936年のベルリン・オリンピックに出場した後、アメリカ空軍に入隊。飛行機の墜落で太平洋を47日間漂流し、たどり着いたクェゼリン島で捕虜となり、元オリンピック選手という肩書のために生かされ、日本兵から数々の虐待を受けた人物。同作は、The New York Timesのベストセラーリストで14週にわたり1位を獲得した作品でもある。

 今回の映画化発表に際し、アンジェリーナは「ローラ・ヒレンブランドの素晴らしい小説を読み、ルイス・ザンペリーニの英雄伝に心を打たれました。わたしはすぐに映画化する機会を得ようと動き出したんです」とコメントを寄せた。

 製作を手掛けるのは、ユニバーサル・ピクチャーズとウォルデン・メディア。すでに、『マディソン郡の橋』で脚本を務め、『P.S. アイラヴユー』では脚本だけでなく監督も務めたリチャード・ラグラヴェネーズが手掛けた脚本に、『グラディエーター』『エリザベス:ゴールデン・エイジ』『レ・ミゼラブル』のウィリアム・ニコルソンが手を加えた脚本が完成しているという。

 アンジェリーナは、昨年製作された映画『イン・ザ・ランド・オブ・ブラッド・アンド・ハニー(原題)/ In the Land of Blood and Honey』などで監督を務めているが、「Unbroken: A World War II Story of Survival, Resilience, and Redemption(原題)」の映画化は、アンジェリーナが初めて大手映画会社とタッグを組む作品となる。(編集部・島村幸恵)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

在米日本人のどなたか、「孤高の鷲 リンドバーグ第二次大戦参戦記」の原著、『The Wartime Journals of Charles A. Lindbergh』でも彼女に送ってあげてください。 以下の部分に印ををつけて。

彼女、多忙でのんびり本を一冊読む時間なんてないでしょうからね(冷笑)



無論、このような事が行われているのを、自分は知っていた。しかし、よしんばそれが第三者の撮影した写真を見て得た知識であっても、自らその現場に立ち、この眼で見、この耳で聴き、五感で感じた場合とはわけが違う。一種、異様な困惑が襲ってきた。以前にかかる困難を覚えたのはどこでだったろうか。南太平洋でか。そうとも、ビアク島の洞窟で日本兵の遺体が腐りかけるのを見掛けたときだ、爆撃跡の穴に埋まる日本兵の遺体の上から残飯が投げ捨てられ、待機室やテントにまだ緑色を呈する日本兵の頭蓋骨が飾り付けてあるのを見掛けたときだ。

 かりそめにも人間が―文明人が、かかる次元まで堕落できるとは考えられないことのような気がする。にもかかわらず、彼らは現実にこうして堕落したのである、ここドイツのキャンプ・ドラにおいて、またかのビアク島の洞窟において。しかも、ビアク島ではわれわれアメリカ人がそれをやってのけたのである、それとは異なる価値のために立ち上ったと主張するわれわれが、だ。ドイツ人はユダヤ人の扱い方で人間性を汚《けが》したと主張するわれわれアメリカ人が、日本人の扱い方で同じようなことをしでかしたのである。「やつらは本当に獣以下だ。どいつもこいつも皆殺しにすべきだ」。耳に胼胝《たこ》ができるほど南太平洋のアメリカ軍将校から開かされた台詞《せりふ》だ!「何故、兄弟の目にある塵を見て、おのが日にある梁木《うつばり》を認めぬか」

 私はポーランド少年を見やった。このような飢餓状態をどこで見たろうか。それも、ビアク島においてだ。原住民の操るカヌーの光景が記憶に甦《よみがえ》ってきた―われわれのキャンプ近くの岸辺に向ってゆっくりと漕ぎながら、半裸体の武装した原住民に護送される日本軍の捕虜たちだ。列の後尾にいた若干名は歩行できないほど飢えており、このポーランド少年より瘡せ細っていた。勿論、ドイツ人が捕虜収容所でポーランド少年を飢えさせたように、アメリカ人が日本人を飢えさせたわけではない。われわれがあまりにも〝文明化″し、手際が良すぎただけの話である。ただ日本人の投降を受け付ないことにより、彼らをして密林内で飢えさせたに過ぎぬ(彼らの責任において)。

単純明快な事態であった。飢餓のために眼がぎらつこうと疾病《しっぺい》の危険性があろうと、われわれは心を動かされなかった。数マイルにわたる密林がそれを覆い隠し、消し去ってくれたからだ。両手を挙げて投降しょうとする先頭の日本兵を撃ち殺しさえすればよかった(「ジャップの投降は信用できない。手相弾を投げつけるからね。即座に撃ち殺してしまう手しかないよ」)。あるいはただ打切棒《ぶっきらぼう》に振舞い、白旗を掲げて来た敵の使者を怒鳴りつければよいのだ、歩兵部隊の将校連が洞窟で、「顔を洗って出直して来い、畜生め」と勝ち誇ったように。
 
かかる一連の出来事が走馬灯のように脳裏をかすめて行く。わが海兵隊が、ミッドウェーの砂浜に寸鉄を帯びないで泳ぎつこうとする日本軍の生存者を撃ち殺した話。ホランディア飛行場で、わが軍が日本軍の捕虜に機銃掃射を浴びせた話。ニューギニアの山越えに南へ飛ぶ輸送機の上から、オーストラリア人が日本軍の捕虜を突き落した話(「オーストラリア軍は捕虜がハラキリを演じたとか〝抵抗″したからと報告してるんだ」)。ヌルフォール島で殺されたばかりの日本兵の死体から脛骨を切り出し、ペーパー・ナイフやペン皿を造った話。「そのうちに、あのジャップの野戦病院をたたき潰してやるぞ」と豪語した若いパイロットの話。金歯を求めて日本兵の遺体の口をこじ開けたアメリカ兵の話(「そいつは歩兵お得意の内職でね」)。「スーべニア用としてこぎれいにするため」日本兵の生首を蟻塚に埋めたという話。ブルドーザーで日本兵の死体を道路の片側に寄せ、浅い、墓標のない穴に放り込んだ話(「それが近くにあったりすると、我慢ができないので埋めてしまうんだ」)。

イタリアの町でムソリーニと愛人が逆さ吊りにされた写真を、高い文化的理想を主張する何千というアメリカ人が容認したこと。歴史を遡《さかのぼ》れば、かかる残虐行為は古今東西を問わず続けられてきたのであった、ドイツのダハウ、ブッケンワルト、キャンプ・ドラといった収容所においてばかりではない、ロシアから太平洋にかけても、またアメリカ本国の暴動や私刑《リンチ》、中南米のさほど喧伝されぬ蜂起や中国の残酷事件においても、さらに数年前のスペイで、往時のユダヤ人虐殺で、ニューイングランドの魔女焼き、イギリスの八つ裂き刑、キリストと神のみ名において行われて来た火刑においても。
 
私は人骨の灰に埋まる穴を見降ろした(「一年半に二万五千人だ」)。かかる行為はなにも特定の国家や民族に限って行われたのではないことに気が付く。ドイツ人がヨーロッパでユダヤ人になしたと同じようなことを、われわれは太平洋で日本人に行なって来たのである。ドイツ人が人間の灰を穴に埋めることで自らを瀆《けが》したと同じように、われわれもまた、ブルドーザーで遺体を浚い、墓標もない熱帯地の穴に放り込むことにより自らを瀆したのである。地球の片側で行われた蛮行はその反対側で行われても、蛮行であることには変りがない。「汝ら人を裁くな、裁かれざらん為なり」(新訳聖書・マタイ伝第七章一節)。この戦争はドイツ人や日本人ばかりではない、あらゆる諸国民に恥辱と荒廃とをもたらしたのだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

いわゆる白人の何がイヤかって、自分の絶対正義を1ミリたりとも疑わないこの傲慢さなんですよね。本人は100%善意でやってるから始末におえない。 リンドバークみたい人は少数派なんでしょうねぇ。








関連記事
スポンサーサイト


 
Secret
(非公開コメント受付中)

彼女のツイッターとフェイスブックに投稿してきました
情報ありがとうございます
早速彼女のツイッターとフェイスブックに書き込みを。

「太平洋戦線の映画を作ると伺いました
 The Wartime Journals of Charles A. Lindbergh
 が参考になるかと思います」

程度のことしか書きませんでしたが、
さてどのように受け止めてくれることやら。

誹謗中傷乱入暴言コメントは右翼扱い、下手すると歴史修正主義という ポイリティカルコレクトレス脳変換されてしまうので、世界に向かってこちらの言いたいことを発信するのは実に大変だといつもお思います。


CIA Mind Control !
まるこ様
暑くて頭痛がするほどですが、まるこ様の記事を見て、またしても吃驚仰天。Angelina Jolieの記事を調べました。今更理詰めで説得できる状態ではないと思いました。充分検証したとは言えませんが、二つ情報を拾い上げました。
ひとつ:Angelina Jolie wants women to mutilate themselves ...
乳がんの予防として両方の乳房をとってしまったでしょう。あのへんからすでに、おかしい。以下が私が説得されたYou Tubeです。
http://www.youtube.com/watch?v=JLmSZF-cuF0
CIA Mind Controle下にあるという元記事でした。
もう一つは、国際連合難民高等弁務官事務所から特別派遣されて活動していた時期があるようです。CIAの資金用にPrivate Jetで麻薬を運んでいた、という内容です。麻薬営業をする国ばかりにPJで乗り付けていたらしいです。それでルートをつけておいて、おそらく今も。
fly around in those private jets (loaded down with illicit drugs that she is 'running" for the CIA; pay attention and see just how many of those "humanitarian missions' of hers involve visits to countries involved in drug trafficking)
二番目はガセネタかもしれませんが、煙のないところには云々、と申しますでしょう。女優が病んでもいない乳房を切除するくらいですから、薬を運ぶくらい、国連やCIAなどの大義名分のためには、平気でしょう。反日映画も大きなバックが付いているようですし、彼女今頃、眠れないくらい張り切っているのではないでしょうか?


蟷螂の斧を持って隆車に当たる、ですか。
そうなるとワシらの手には負えませんね・・・どうしましょう・・・


>おっさん様

ご協力ありがとうございます。

戦後レジームから脱却しようとする保守派日本人の前に立ちふさがる「壁」の大きさに言葉もありません。

「はだしのゲン」チャンスがあったら読んでみますね。

>Bruxelles様

Angelina Jolieの乳房摘出ニュースを聞いた時思ったこと。

「そりゃ乳房がなければ『≪乳≫がん』という言葉はなくなるだろうけど…」「アメリカ人ってのはホントに極端というかぶっ飛んでるよな」「エセプラスチック乳房くっつけている方がよほど体に悪いのでは…」

Angelina JolieはCIAに洗脳され、オリバーストーン監督は韓国人妻に洗脳される …?

http://military38.com/archives/30521693.html



アンジェリーナ・ジョリー CFR
まるこ様
今日「アンジェリーナ・ジョリー UNHCR特使」を読みました。
http://www.unhcr.or.jp/ref_unhcr/angelina/
そこに以下のような文章がありました。
2007年、ジョリー氏は外交問題評議会(Council on Foreign Relations - CFR)のメンバーとなった。それ以降、「大量残虐行為と大量虐殺廃止の介入」を含む多くのCFRの特別報告に対し、資金提供をしている。
CFRについてここで詳しくは書けませんが、FRBに関連していること、あちら側にいらっしゃることは間違いなさそうです。ネット上ではAngelina Jolie,イルミナティ説に姿を変えていますが、ドル札のピラミッドの上の目、の付近にいらっしゃることは間違いないのでは?この夫婦ほど「使える」夫婦はちょっといないですからね。本人は舞い上がっているだけで、その経歴から考えて、自覚はないと思います。


まる子さん、

日本の左巻きは反日映画は作っても、反米映画は作りませんよね。
不思議…

会田雄二の捕虜経験や、戦後の日本統治における暴虐など、たまはいくらでもあるでしょうに。


リンドバーグの本
ご紹介ありがとうございます。

コレですね。
http://blogs.yahoo.co.jp/furainngutaigaasu/18899505.html

日本語版は2002年発行の文庫がありますね。探してみます。

時々お邪魔して、興味深く読ませていただいています(*^_^*)


>腰抜け外務省様

日本サヨクによる反米映画 … いいですね~。

>山芙蓉様

そうそう、それです、それです!


管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます


残忍な看守役・・・やっぱり  
日本人の母親と元在日韓国人二世(帰化済み)の父親の間に生れたMIYAVIとかいう大阪のミュージシャンだそうですね・・・

http://www.cinematoday.jp/page/N0057218


No title
山芙蓉様

返信遅れてすみません。

MIYAVI … とにかく頭が痛いです。

ところで、ナチスドイツの兵士役は、ドイツ人役者が喜んでやっているのでしょうか? 



FC2カウンター 
ブログランキング
ブログランキングバナー
【おうちラジオ】ぶっちゃけトーク(1時間版)
なおことまるこ。 時々ゲスト❤
【おうちラジオ】大人のためのカフェ・タイム
まるこがひとりでお喋りしてます♪
【おうちラジオ】ヲシテで探ろう やまとのことのは
わが国には、漢字以前にヲシテという大和言葉に対応した文字がありました。私たちの日本語の源に触れてみませんか? ヲシテを研究していらっしゃるびーちぇさんの解説です。
【おうちラジオ】英語版
【おうちラジオ】って何?
くらしの延長上に政治がある。
「政治」ってちっとも特別なことじゃない。「政治を語らずに政治を語る」をモットーに❤楽しく可笑しく、でも真面目。身近なことから国家まで、いろいろ、ぶっちゃけ、お喋りしてます♪
家事をしながら、一服しながら、どうぞお聞きくださいませな。