2017/11
≪10  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   12≫
チャンネル桜 
YOUTUBEチャンネル
最近の記事 
最近のコメント    
カテゴリー 
リンク 
プロフィール 

まるこ

Author:まるこ
★生活の延長上に政治がある。在仏★ 

最新トラックバック
歴史


国連、ナチスの英雄化阻止を世界に要請  22.12.2010, 10:41

 国連総会では21日、全ての国に対してナチズムやナチス親衛隊の英雄化、およびファシズムの犠牲者の記念碑の冒涜や破壊の試みを阻止するよう求めた決議が採られた。
 129カ国が賛成、反対は米国、パラオ、マーシャル諸島の3カ国だった。ヨーロッパ連合(EU)加盟国やウクライナ、グルジア、モルドヴァなど52カ国は棄権した。

 今回の国連決議は05年からロシアのイニシアチブで審議されてきたもので、徐々に支持を集めていった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、わが日本は…まさか、賛成? 反対? それとも棄権? … ヒトラー以上にユダヤ人虐殺をしたスターリンのお国、ロシアが恥知らずにもこういう提案をするとは、…

私は、ヒトラーのユダヤ人虐殺がなかったとは、詳しくないしコメントは避けますが、それにしても、それについて議論も許されないというのは異常であることは分かります。ユダヤ人虐殺600万人説に懐疑的意見を言うだけで公職追放のヨーロッパ。 つい最近も現ローマ法王が否定したとかしないとかで大騒ぎになっていました。


古代エジプトのピラミッドが実は『農閑期の仕事提供の公共事業だった』というのは定説になりつつあると思いますが、これだって、将来的にはまた別の分析が出てくる可能性もあるわけです。

つまり、『歴史』とは、新しく発見された情報を分析、あるいは既存の情報を新たに分析しなおすことによって、いつでも「見方」が変わる可能性のある《何か》であり、そこに「絶対的な見方」は存在しない、というか、できない。

過去を、新しく発見されたものから、《作り上げていく》のが『歴史』である以上、『絶対的な何か』を見つけることは不可能であることぐらい、ド素人の私ですら理解できることです。 常識で考えれば。

『歴史』…つまりは『過去』を、現代の価値観で見てはいけない。

『歴史』は、善悪で見てはいけない。

『歴史』は、当時の価値観でもって見なければいけない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

で、思っちゃうのですけど、例えばナチスユダヤ人虐殺600万人が定説ということで、ホロコーストがなかった、とか人数は少なかった、とか言っちゃいけないわけですが … じゃあサ、もし将来、実は1200万人だったってことが証明されちゃったらどうなるのでしょう? そういう場合にも600万を変えちゃいけないのでしょうか? そりゃまた酷いじゃないですか?

南京虐殺だってなかったわけですが、もしかして何時の日か、もしホントの××虐殺が見つかっちゃったら、保守派の人たちはどうするのでしょう? そしたら手のひらを返して、今度こそ本当に「日本軍は悪かった」「戦前は悪だった」と叫ぶのでしょうか?

大切なことは、そういった「過去」を現在の価値観で見ないこと。なぜそうなったのか、を当時の状況から分析し、将来の参考にはしても、現在の善悪で断罪しないこと。これは「言うは易し」で決して簡単なことではありませんけど。

美智子皇后の平成9年のお言葉より。

現在の問題でも、日本の過去に関する問題でも、簡単に結論づけることができず、さまざまな見地からの考察と、広い分野の人々による討論が必要とされる問題が数多くあります。 複雑な問題を直ちに結論に導けない時、その複雑さに耐え、問題を担い続けていく忍耐と持久力を持つ社会であって欲しいと願っています。


『歴史』と対峙する時は、素直な心で、謙虚に、でも「発見されてしまった事実」に耐えうるだけの精神的強靭さが必要です。 絶対的な、確かな何かがない、常に不安定な状態の中で生きていけるだけの強さ。

… これって何についても言えることですけどね。今の「何か」で得をしているから、それが違うと分かっていても、そこから方向転換することができず、それにしがみつく。今までの自分を否定することにもなってしまうかもしれないのですから…。

歳をとるにつれて、自分が今まで信じていたことを覆すことは難しくなってきます。直視することが難しくなってくる。どれだけ素直に物事を考えられるか … 自分の頭の若さのバロメーターにもなります。

それにしても、それにしても … 何で現代人はこんなにも高慢になってしまったのでしょうか? … イヤ、「世界のサヨク」と言ったほうが正しいのかな? 自分の価値観で、反論できない「過去」を断罪する…。

いろいろ話が飛びますが、思うに「サヨク」って、簡単で絶対な「何か」を与えてくれるのでしょうね。 だから、モノの複雑さ、不安定さに耐えられない「弱い人」は飛びついちゃう…。本当は人生にそんなものなんてありはしないのに。

話戻って、だいたいロシアに関して言えば、ドイツとロシアの違いは、敗戦国か戦勝国かだけでしょ? ああ、この高慢ぶり! 許せんよ。 賛成したバカ国家はどことどこだい? 129カ国! まさかこの中に支那とか南北朝鮮とか入っている、なんてことはあるまいな????







関連記事
スポンサーサイト


 
Secret
(非公開コメント受付中)

固執
 美智子皇后陛下のお言葉にただ頷くしかありません。
そして、過去を現在の尺度で判断するという傲慢さを自覚
しておかなければと思います。

 それはともかく、自分が他人に話した考えなり意見を公に変えるというのはある意味自分の誤りを認め相手に負けてしまったような気持ち
になってしまいそうで考えが変わったことを表明できない、あるいは
考えを変えようともしないのかなと考えました。
 


No title
カラヤ3様

>自分が他人に話した考えなり意見を公に変える~

人間って難しいですよね~。


FC2カウンター 
ブログランキング
ブログランキングバナー
【おうちラジオ】ぶっちゃけトーク(1時間版)
なおことまるこ。 時々ゲスト❤
【おうちラジオ】大人のためのカフェ・タイム
まるこがひとりでお喋りしてます♪
【おうちラジオ】ヲシテで探ろう やまとのことのは
わが国には、漢字以前にヲシテという大和言葉に対応した文字がありました。私たちの日本語の源に触れてみませんか? ヲシテを研究していらっしゃるびーちぇさんの解説です。
【おうちラジオ】英語版
【おうちラジオ】って何?
くらしの延長上に政治がある。
「政治」ってちっとも特別なことじゃない。「政治を語らずに政治を語る」をモットーに❤楽しく可笑しく、でも真面目。身近なことから国家まで、いろいろ、ぶっちゃけ、お喋りしてます♪
家事をしながら、一服しながら、どうぞお聞きくださいませな。