2017/04
≪03  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   05≫
チャンネル桜 
YOUTUBEチャンネル
最近の記事 
最近のコメント    
カテゴリー 
リンク 
プロフィール 

まるこ

Author:まるこ
★生活の延長上に政治がある。在仏★ 

最新トラックバック
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 
【カシミール地方】世界地図を見よ/【尖閣ビデオ】追加




これはインドのニュースだと思います。 カシミール地方は以前からインド・パキスタン紛争地域でありました。
簡単に言うと、インド・パキスタンの国境線はほとんど決定されているのですが一部まだの地域がある。で、この地方には中共はずっと「中立」を保っていたのですが、ここへ来て、「もしインドが動いたら」パキスタンは「中共軍に頼む」というような…インド・パキスタン問題は、アフガニスタンのタリバン問題だとか複雑に絡んでいるので、その背景は一言では説明できませんが … 要するに、大切なことは「中共が出てくる」ということ!

このニュースでは、支那がカシミールを押さえることで、今までインド洋を通って遠くまで原油を船で運んでいたのが、パキスタンを通って中東から原油を陸路・短距離で運べると解説しています。 最近パキスタンは支那に接近していますが要するに、カシミール地方を通して支那とパキスタンが繋がるということは、「インド包囲網」が形成されるということですね。 青山繁晴氏によれば「中共による『チベット侵略』は天然資源の問題だけではなく、将来の『敵』であるインドの頭を押さえておく」という50年、100年先の将来を見据えた上での戦略であるとおっしゃっています。

「守れ尖閣諸島」 日本会議緊急集会 基調講演・青山繁晴 
http://www.youtube.com/user/tankou2008#g/c/073DE05719FDF446



ネパールは既に王制が廃止されマオイストの活動が激しいですが、ネパールもこのままいけば将来的には支那に飲み込まれると思っています。タイなんかもだんだん親中派の動きが活発になってきているような感じですし…で、私は、実はブータンも心配しているのです。

近年の政治改革により2008年に憲法が公布され、民選首相が選出されるなど立憲君主制に移行した。国会は国王不信任決議の権限を持ち、国王65歳定年制が採用されている。

今すぐどうとは言いませんけど、国会が国王不信任決議の権限を持つ、って…このままいけば絶対に中共の工作が入り込むと思う…王制がなくなれば支那に飲み込まれます。我が国の皇室も同じです。だから中共は最終的には皇室廃止に照準を合わせているでしょう。


さて、尖閣問題、これはここだけの問題ではなくて、支那・中共周辺で起こっている問題の内のひとつという認識がかかせません。

現在オバマ大統領インド・パキスタンなどアジア諸国を歴訪中。カシミール問題も話し合っているようですね。

唐突ですが、皆様、特にお子さんをお持ちの方、世界地図を持ちましょう。大きな世界地図。学校で使っている冊子になっている『高等地図帳』なんてダメですよ。一枚の大きいもの。
下のは、ウチで使っている『日本地図』『フランス地図』『世界地図』です。壁にドカって立てかけっぱなしでニュースで分かんないと何時も見てます。何たって世界中で紛争だらけで、「あっちだ、こっちだ、そっちだ、どっちだ?」って感じですから、もう何が何だか…(疲)

日本地図

フランス地図

世界地図



【尖閣ビデオ流出】に追加         

谷岡氏殉職ソースファイル2.flv
http://www.youtube.com/watch?v=Xc6R3sRFoZA 動画13分

恵隆之介氏の解説
海保職員二名殉職か。


※ ↑ もう消されています! しかし消されまくっているなぁ。日本は「自由な国」じゃなかったのか(哂)? イヤ、マジで怖いです。 消しているのはTV局? いったい何を怖がっているんだ? 「報道の自由」はどうした? 「国民の知る権利」は? マスコミはそのために命張って戦っているんじゃなかったのか???






関連記事
スポンサーサイト


 
Secret
(非公開コメント受付中)

ヤクザ国家・中国と泥棒国家・ロシア
尖閣ビデオを見た人の中に、率直に反中感情を抱いた人が多数いたとしても不思議ではない。
それほど、中国船の行動は極めて悪質であった。中国のために国民に対して隠蔽し続けてきた菅・仙谷政権は信用できない。
守秘義務違反のようではあるが尖閣ビデオを国民に公開した石垣海上保安部の関係者(?)に最大の感謝をしたい。


No title
まる子さん、

海保職員2名の殉職は本当なんですかね?
だとすると、中国人船長の釈放は、「殺人犯を故意に逃亡させた。」ということになりますよね。

これが事実で、しかもそれを隠ぺいしていたとするなら、日本国民に対する日本国政府の裏切り、という前代未聞の事態では・・・・・・・


No title
盗っ人・メドベージェフ様、腰抜け外務省様

もう「戦争は始まっている」と認識した方がいいんじゃないですか?

敵は、既に日本国内に入っていて頭(政府)とマスコミを支配下に置いているんですよ? というか戦後65年、「戦争」はずっと日本人に隠されたところで(国内の)続いていて、今まさに「敗北」しようとしているところなのではないですか? たまたま「ネット」が出てきたから辛うじてこうして「知る」ことができるようになりましたけど、ネットがなければ未だに日本人は何も知らずにいたのではないですか?


週刊新潮m(_ _)m
拝啓、管理人様
矢張り尖閣侵略動画は流失したみたいです。

宣伝ご容赦下さい。
今回の週刊新潮 巻末近くの櫻井よしこ氏の連載記事に、新潟領事館拡張否チャイナ新潟租界建設に警鐘が鳴らされております。更には、小学館の雑誌サピオ
週刊ポストにチャイナリスクへの対抗策特集が掲載されました。

新潟チャイナ領事館チャイナ租界拡大について
元警視庁通訳捜査官坂東忠信氏ブログ
http://taiyou.bandoutadanobu.com/
「 外国人犯罪の増加から分かること 」 想像を絶する現実があります。
アメーバ版「 外国人犯罪の増加から分かること 」
「 坂東忠信、アメーバ、外国人犯罪の増加から分かること 」で検索出来ます。

加えて、 坂東忠信氏の新刊 「 日本が中国の自治区になる 」 産経新聞出版

リアルな在日外国人犯罪者とのやり取り、マスメディアで殆ど報道されない今此処にある日本の危機がございます。
ご高覧下さい。m(_ _)m乱文にて 敬具


ビデオ流出前の青山氏の情報ほか
青山繁晴さんの情報では、
「海に落ちた保安官はいない」そうです。
(海上保安庁高官2名の証言)
・・・収録時、ちょうど石原都知事の「銛でつつかれた」発言があったので、
信頼できる海保の方と電話で問い合わせ返事がきたその時の映像です。
その方々も、この発言にはぴっくりしたと(その事実は無いため)

しかし、そのような憶測が流れるのも、
世界の情勢を読めない与党の誤った判断から、
ビデオの公開を遅らせたためと・・・大体そのようなお話でした。

この収録の後で、ビデオが流出し、私たちはその内容を知ったわけです。

尖閣諸島沖 中国漁船衝突ビデオの真相~その2~
http://www.xn--rhtw6ui2tl3w.tv/



「私たちに出来ること」についても、
その理由もろとも、しっかり話しておられます。

このような暗い情勢ですが、
まだまだやれることがあるのです。
気を落とさず、それぞれ頑張って参りましょう!
この映像も、皆さまにしっかり見て頂きたいと思います。


【守秘義務の対象・・・以前の最高裁の判断】

「最高裁は1978年、守秘義務の対象は、形式的な秘密指定の有無で決まるのではなく、『実質的に秘密として保護に値する』かどうかで決まると判断した」(朝日)

「国家公務員法の守秘義務違反で刑事責任を問うには『部外秘』などと形式的に秘密扱いされていただけでは不十分で、保護するのに値する実質的な内容がなければならない、という説が有力だ」(日経)

詳しくは、産経政治部記者・阿比留瑠比さんのサイトへ
http://abirur.iza.ne.jp/blog/entry/1883292/



No title
>(^o^)風顛老人爺様

こんにちは。 頑張っていらっしゃるご様子。 坂東忠信氏のブログ、私も拝読させていただいております。

> びーちぇ様

青山氏の動画拝見。 いろいろ教えていただきありがとうございます。

「海に落ちたかどうか、モリでつかれたかどうか」 いろいろな噂が錯綜しているようですが、嘘か真か、ビデオを最初から最後まで国民に公開すればいいだけのこと。 でもこれだけ時間が経ってしまうと、それすらも編集されているかもしれない、との疑惑が…、あの民主党ですから。

>このような暗い情勢ですが、 まだまだやれることがあるのです。
気を落とさず、それぞれ頑張って参りましょう!

仰るとおりですね。 今は、アメリカが作った「戦後体制」の総決算の時で、またそうでなければいけない。 





No title
おはようございます。

>もう「戦争は始まっている」と認識した方がいいんじゃないですか?

まる子様の仰る通りです。そして私たち日本人は、今まさに敗北寸前の状態と言っても過言ではありません。最も恐ろしいのは、今が「危機的状態」であることを、多くの日本国民が全く認識していないという事です。まる子様やまる子様のブログをご覧になっている方々は既に御存じと思いますが、多くの日本国民はいまだに”メディア=信頼できる”・”ネット=信憑性に問題がある”的な思考しかなく、所謂メディアリテラシーが皆無なのです。興味深いのは、特にシナ・コリアが絡むこういった”外交問題”に関しては”陰謀論”(「裏でユダヤ人が~」とか「実はキリスト教徒が~」とか)や”中・韓国民の反応”(「彼らは本当は日本文化が好きだ」とか「政府に不満がたまってるから日本に八つ当たりしてるだけ」とか)のような、何か問題の本質から外れているような意見は好まれるのに、率直な意見(「シナ脅威論」や「如何に戦前・戦中の日本人が努力して独立を保ったか」)は「馬鹿馬鹿しい」とか「戦争を美化しようとしている」などと言って忌み嫌い、議論しようとすらしないことです。いくらこういった点を冷静に、客観的に”指摘”しようとも、相手がシナ・コリアだと突然「欧州人権主義」から切り取って来たような思考に入る(何だか変な表現ですが)―、イメージとしてはこういう感じなのです。

これは「海保職員殺害疑惑」に対しても同じです。こういう”疑惑”が浮上すれば、真偽は確かに大切ですが、少なくともシナに対する”危機意識”がわくはずです。ところが相手がシナだと考えるやいなや「ここは(日本が)冷静に」「相手(中国)の言い分も聞いてあげないと」となり、逆に日本国内の”この状況に警鐘を鳴らす人々”を「危険なナショナリズム」などと言ったりして嘲笑うのです。”危機意識”を抱くことが”危険”だと考えるというのは、もう末期症状です。

しかし、びーちぇ様も仰るように、私たちにはまだやれることがあります。私の場合は”普通の人間(日本人)として生きること”。「清く正しく美しく」みたいなフレーズがあったと思いますが、まさにそんな感じで。何故ならそういう生き方をしていれば自然と、「ヤクザ国家」とそれを庇護する連中とはお付き合いも無くなるし、第一お付き合いしたいとすら思わなくなりますので。

毎回長文・駄文になってしまい、本当にすみません。本当は、憧れの地フランスに住んでおられるまる子様に、フランスの文化や生活についてお話をうかがったり、体験談やその他様々な話題についてのんびりと・・・的なことを考えているのに・・・。


Werther様
「戦争を美化しようとしている」などと言って、

私はこのような人たちに対して、「あなたたちは平和を美化しすぎている」と言います。
たいてい皆、黙ります。

そして、「平和なんてものは、そんなものじゃない。」と付け加えます。
これで、たいていの「9条信者」を黙らせることができます。

平和を守るために戦争が必要。
今ある戦争をやめるために戦争が必要。
戦争と平和は一つの塊である。切り離すことはできない。
戦争を放棄することは、平和を放棄することである。

ビシッと言ってやりましょう。
コタツに入って、ミカン食べながら、テレビでくだらないお笑い番組を見ながら、「9条を護ろう」などとほざく輩の何と愚かしいことか。
バカはひとつの罪です。


No title
Werther様

>最も恐ろしいのは、今が「危機的状態」であることを、多くの日本国民が全く認識していないという事です。

敵と戦おうとする時に、一緒に戦うべく味方がへタレだとこんなにも不安なものなのですね。 下手すりゃ後ろから撃たれかねない…。

>憧れの地フランス

遠くから見て「憧れてる」のが一番幸せなんでしょうね…(実感) いいとこもあるんですよ、もちろん。 「さすが」と感じるところもね。





No title
巴様

>平和を美化しすぎている

いい言葉ですね! 


No title
巴様、まる子様、おはようございます。

巴様

まったく仰る通りです。そして「平和を美化しすぎている」はまさに的を得ておられます。その通りなのです。
そして恐ろしいのは、「その意味が理解できていない」ということなのです。信じ難い事ですが、彼らにはその言葉の意味を理解する”人間的思考能力”そのものが欠けているのです(具体的に説明しようとするとまた長くなりますが、巴様も恐らくこういった類の者たちと対峙された経験がお有りだと思います)。
真実を知り、日本(=自分たちの家族や友人)を護ろうと必死に努力する人々にとって、”コタツに入って、ミカン食べながら、テレビでくだらないお笑い番組を見ながら、「9条を護ろう」などとほざく輩”の無知という罪が、家族や友人たちを危険に晒す最大の原因となっている点が、最も歯痒く憤激の念に堪えかねないところです。


まる子様

>遠くから見て「憧れてる」のが一番幸せなんでしょうね…(実感)

確かに。仰る通りです。私が憧れるフランスというのは勿論、「chinoisの○○を舐めてない」フランスだったので、現代フランスはもう私の中では”フランス”ではないのかもしれませんが・・・(まだ世界が”シナ・コリアなんて共産圏の不潔なアジアの切れ端”ぐらいにしか思わなかった冷戦直後ぐらいなら、シナ・コリアが日本の援助で肥え太り、さらにそのお金をEUにばら撒いて「チャイナ最高!」とか言われてる今よりもまだはるかにマシだったかもしれません)。ただ、まる子様がブログに記載してくださるフランスの風景やワインづくりの体験は、私にとって貴重な”フランスの情報”です(そして勿論、現代フランスの政治・社会の話題も)。


FC2カウンター 
ブログランキング
ブログランキングバナー
【おうちラジオ】ぶっちゃけトーク(1時間版)
なおことまるこ。 時々ゲスト❤
【おうちラジオ】大人のためのカフェ・タイム
まるこがひとりでお喋りしてます♪
【おうちラジオ】ヲシテで探ろう やまとのことのは
わが国には、漢字以前にヲシテという大和言葉に対応した文字がありました。私たちの日本語の源に触れてみませんか? ヲシテを研究していらっしゃるびーちぇさんの解説です。
【おうちラジオ】英語版
【おうちラジオ】って何?
くらしの延長上に政治がある。
「政治」ってちっとも特別なことじゃない。「政治を語らずに政治を語る」をモットーに❤楽しく可笑しく、でも真面目。身近なことから国家まで、いろいろ、ぶっちゃけ、お喋りしてます♪
家事をしながら、一服しながら、どうぞお聞きくださいませな。  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。