2017/11
≪10  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   12≫
チャンネル桜 
YOUTUBEチャンネル
最近の記事 
最近のコメント    
カテゴリー 
リンク 
プロフィール 

まるこ

Author:まるこ
★生活の延長上に政治がある。在仏★ 

最新トラックバック
フランス政府VS国連/欧州委員会/カトリック教会 …ロマ問題




ロマ国外送還で抗議行動=外国人排斥に「ノン」-仏 
 【パリ時事】フランスのサルコジ政権が治安対策の一環で進める少数民族ロマの国外送還に抗議するデモや集会が4日、パリなど国内各地で行われた。仏各メディアによれば、内務省は計7万7300人が参加したと推計。主催者側は参加者が10万人に達したとしている。
 パリでは人権団体や労組、左派野党の幹部や支持者が、ロマの人々と共に抗議デモを展開。警察推計で約1万2000人が「外国人排斥にノンを」などと書いた横断幕を掲げて市内を行進した。
 これに先立ち同日午前には、人権問題に取り組む歌手ジェーン・バーキンさんら芸能関係者も加わり、移民省前で不法滞在外国人労働者への支援を訴える集会が開かれた。(2010/09/05-06:13)



仏、ロマの送還開始 「移民排斥」と批判も

フランス政府は19日、国内に不法滞在する少数民族ロマの出身国への送還を開始した。第1陣の93人が同日、空路でルーマニアに送り返された。サルコジ大統領がうち出した「移民犯罪」対策の一環で、今月末までに計約700人がルーマニア/ブル
ガリアなどに送還される予定。
フランスの野党や人権団体は「外国人、移民の排斥」だと反発、与党内からもロマ追放はナチスによる「ユダヤ人狩り」を連想させるとの批判が出ている。 移民・統合・共同開発省によると、送還されるのは「自主的に」帰国に同意したロマの人々で、19日は14人がパリから、79人が中部リヨンから航空機に搭乗。帰国に際し「人道的支援」として、大人は1人当たり300ユーロ(約3万3千円)、子どもは同100ユーロを支給された。送還される人々の指紋などの生体認証データを保存し、再入国を防ぐという。(共同)

ロマ居住地、40カ所撤去 仏内相

フランスのオルトフー内相は12日の記者会見で、政府が7月下旬に少数民族ロマの「不法キャンプ」撤去方針を発表して以来、これまでに40以上のキャンプを強制的に取り壊したことを明らかにした。
内相は、キャンプに住んでいた約700人について「それぞれの出身国であるルーマニアやブルガリアに送還する」とも表明。ロマの送還について、来週パリを訪問するルーマニア高官と2国間協力の強化を話し合うと述べた。
フランス政府は今後3カ月で、国内300カ所の不法キャンプを撤去する方針を示しており、人権団体などが反発している。(共同)



政府方針に 賛成 48% 反対 42%/右派 賛成 70% 左派 賛成 29%

 
イタリアもロマ送還 仏に続き
 
イタリアのマローニ内相は21日までに、国内に居住する少数民族ロマについて、十分な収入や定住先などの要件を満たしていなければ、欧州連合(EU)市民であっても出身国に送還する政策を進める考えを明らかにした。コリエレ・デラ・セラ紙が伝えた。
 ロマをめぐっては、既にフランスが19日、犯罪対策の一環として送還を開始しており、イタリアもこれに倣った形。人権団体などから、人種差別的政策との批判を呼びそうだ。
 内相は、EU欧州委員会がこうしたロマ送還を禁ずる決定をしているため、9月6日に予定されるEU内相会合で、決定を見直すよう働き掛けると語った。
イタリアには同国の市民権を持つロマのほか、ルーマニア、ブルガリアなど他のEU諸国の市民権を持つロマが多数、居住している。(共同)


フランス:ロマ送還 EU法に抵触も 欧州委、7日に見解表明へ
 
 【ブリュッセル福島良典】フランスのサルコジ政権による少数民族ロマのルーマニアなどへの送還について、欧州連合(EU、加盟27カ国)の行政府・欧州委員会が合法性に疑問を投げかける内部報告書をまとめた。欧州市民に「域内移動の自由」を保障しているEU法に抵触している可能性があるためだ。欧州議会の左派・中道勢力も送還を非難しており、仏政府に対する政治圧力がEUレベルで強まっている。
 ロマを含めEU加盟国の国民(欧州市民)は、公共治安にとって「深刻な脅威」となる場合を除き、EU域内で自由に移動、居住、労働する権利がEU法で保障されている。また、EU基本権憲章は国籍や民族、人種などを理由とする差別を加盟国に禁じている。
 仏政府は、送還したロマの大半に帰国支援費を渡している点から、「追放ではなく、自主的な帰還だ」と主張している。だが、仏紙などによると、欧州委員会は内部報告書で、金銭的援助だけでは「移動の自由」を制限することはできないと指摘。追放の場合、1カ月前に書面で通知しなければならないとクギを刺している。
 欧州委員会は仏政府に追加説明を求めており、現段階では、送還がEU法違反かどうかの最終判断は差し控えている。EU筋によると、3日にブリュッセルで開く仏政府法律専門家との会合を踏まえ、欧州委員会のレディング副委員長(司法・基本権・市民権担当)が7日に欧州議会で合法性についての見解を表明する見通し。
 今回の事件の背景には、ロマの処遇に関する権限がEUと加盟国に分散している事情がある。「欧州市民の移動の自由」はEUを支える柱であり、EUはロマ差別の撤廃を追求している。だが、犯罪取り締まりなどの国内治安維持や、ロマが社会に溶け込むための教育、福祉などの政策は各加盟国の権限だ。
 このため、欧州議会は8日の本会議で、ロマ差別の根絶や支援政策の強化をEU、加盟国が一丸となって進めるよう求める決議案を採択する見通し。議会の左派・中道勢力はサルコジ政権の対応を非難する文言を決議案に盛り込みたい考えだ。
 
◇「帰ってきてほしくない」母国ルーマニアでも差別 

【ウィーン樋口直樹】フランス政府に国外送還されたロマにとって、受け入れ先の一つ、母国ルーマニアも安住の地ではない。同国はロマに対する偏見が欧州で最も強いといわれ、差別によるロマの人口流出が今回の送還の遠因になった。支援団体などは、ロマの社会的統合に向けた政府の本格的な取り組みを求めている。
 「国民は仏に反発しているだけでなくロマに帰ってきてほしくない」。ブカレストの非政府組織(NGO)連合体「ロマ市民連合」のデイビッド・マークさんはルーマニア人の心境を説明し「欧州で数世紀も続くロマへの憎悪は今、政治スローガンになろうとしている」と警告する。
 ルーマニアで昨年10月に発表されたロマ支援組織の世論調査によると、8割近くは「多くのロマが違法行為に手を染めている」と回答。約3割は「ロマと同じ町で暮らしたくない」と答えた。
 07年にルーマニアと隣国ブルガリアがEUに加盟すると、EU域内の移動の自由を得たロマは経済的困窮などを背景にフランスなどへ移動。一部が組織的な物ごいや犯罪行為に関与したことなどを背景に送還に発展した。
 ルーマニアでの支援策に批判もある。自らもロマで同胞の地域開発を支援するブカレストのNGO「イムプレウナ」のゲル・ドゥミニカさんによると、ロマ対策としてEUの支援で90~05年に5000万ユーロ(約55億円)が投入されたが、1人当たりでは年2ユーロ(約220円)程度だ。「政府は問題解決に向けた政策を十分に講じてこなかった」と分析する。
 一方、ドゥミニカさんは「ロマが自らを故意に社会から疎外化する傾向にある」とも指摘する。子どもの教育など長期的な投資を軽視する「その日暮らし」的な価値観を見直す必要があると話した。


サルコジ大統領の心臓発作を祈願?カトリック教会がロマ人排除に抗議




国連がロマ集団送還に再考促す


警官殺害の移民、仏国籍を剥奪へ サルコジ大統領が方針

2010/9/7 10:48  フランスのサルコジ大統領は6日、仏国籍を持つ移民が警官や憲兵など治安要員を殺害した場合、国籍を剥奪(はくだつ)する方針を示した。近く関連法案を議会に提出する。仏政府は不法滞在するロマ人を国外退去させるなど、治安維持を名目に移民の取り締まりを強化している。

 一部閣僚は移民を念頭に置き、重婚者の国籍剥奪も求めていたが、今回は対象外となった。

 仏では7月、東部グルノーブルでアラブ系移民の若者らが警官に発砲したり自動車を燃やしたりする暴動が発生。強盗容疑で逃走していたアラブ系男性を警察が射殺した事件への抗議とされる。こうした事件を機にサルコジ大統領は強硬策を打ち出している。(パリ=古谷茂久)

 【パリの屋根の下で】山口昌子 欧州を覆うロマ人問題

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

グルノーブルの事件後サルコジ大統領の出した方針で、「あれよあれよ」言う間に大騒ぎになってしまいましたね 驚きです。…私は田舎住まいですのでそんなに実害を被ったことはないのですがでもよく見かけますし、いい噂は聞かない …。 ミッテラン時代には、定住するように無償(あるいは安く?)提供したようですが、実際は、その土地を売ってしまったり貸してしまったり、で、要するに同化政策も失敗しているわけです。

政府方針は、私的には、正しいと思うのですが、だって「違法滞在者」を追放してどこが悪い? こんなに反発食らうとは、驚きでした。まず国連人権委員会が、カトリック教会が、欧州委員会が…と集中砲火ですものね。 イタリアなんかもちゃっかり追放しているのですけど、何故かフランスばかりが非難の的? …イヤ、思うのはですね。日本国内の、言わずと知れた○○系不法滞在者です。 それでなくても彼らは日夜国連などで「日本差別主義」のロビー活動をやっていて、日本と言えば普通に「朝鮮人差別」などの言葉が出てくるのです。日本特集とか見ていても何気に一言書いてありますから。

で、もし真面目にこれを追放しようとしたら、たとえ合法であろうともですよ? 日本国内のサヨクは当然、まず国連が出てくる、キリスト教会は出てくるか? 欧州のマスコミは絶対出てくる、国内のマスコミは便乗する、当然中韓も…フランスだってここぞとばかりに出てくると思う…もう世界中を敵に回さなければならない…! それでも意志を貫ける日本政府がこの先現れることなんてあるのか…?

ところで、在日仏大使館、ちゃんとフランスの政府方針を説明していますね。やるときは広報宣伝に最大限の神経を使わなければ。情報戦ですからね。

不法移民の取り締まり-ロマの状況

【余談】 一番上の反対デモに女優のジェーン・バーキンが出ています。昔好きだったんですよね…。だけど、何だ、このおばーちゃんは? 彼女、自然派を売り物にしているけど、若いうちはともかく、この歳では「痛い…」と思うのは私だけ?
「いかにも」という感じのボサボサ無造作(?)頭にシャツ…「ワタクシは自然派ョ」というのが鼻につく…もういい歳なんだから、女優だったらもう少し飾るべき…。
B・バルドーなんかもそうだけど、こちらの元美人のお婆ちゃんってどうして魔女みたくなっちゃうんだろ? …まあ、どうでもいい一言デスタ。

関連記事
スポンサーサイト


 
Secret
(非公開コメント受付中)

住民登録できてますか
ロマ民族と言うのは、違法キャンプと言うものを設置して、住んでいるわけでしょう。早い話がホームレスみたいなもので、その場合、合法的な居住地を確保していないから、住民登録ができないんじゃないですか。
ロマのほうでも、ちゃんと定住地を確保して、住民登録をしないと、不逞のやからとして糾弾されるのは仕方がないんじゃないですか。
それがいやなら、そのようなライフスタイルが可能なモンゴルとか、アラブとかに住んでもらうしかないんじゃないですか。


No title
日本にも毅然とした態度をとれる指導者が出て欲しいですね。

在日の人たちの会話をネット上で眼にしますが、
それを読むにつけ、どんだけ日本が嫌いなのか!
だったらその人たちを母国に送還して何が悪いのかって
思いますよね。

でも、無理なんだろうな~
まる子さんの言うとおり、非難轟々でしょうね・・・
周囲の目を気にする日本人は、非難に堪えることは
できないでしょうね。はぁ・・


No title
DUCE様

彼らも、ロマ、ジプシー、旅する人々といろいろみたいですが、ロマでもフランス国籍持っている人もいますし、相当複雑。 今回追放しているのは外国籍の違法滞在者。

住民登録…彼らにそんな観念があるのだろうか? とにかく日本人の想像を超えますよ。 「話せば分かる」と豪語する日本人は実は傲慢なのでは?

>モンゴル…

何か笑える。

さくら様

はぁ…ですよね、ホント。 いでよ、強靭でしたたかな日本愛国政治家よ!


FC2カウンター 
ブログランキング
ブログランキングバナー
【おうちラジオ】ぶっちゃけトーク(1時間版)
なおことまるこ。 時々ゲスト❤
【おうちラジオ】大人のためのカフェ・タイム
まるこがひとりでお喋りしてます♪
【おうちラジオ】ヲシテで探ろう やまとのことのは
わが国には、漢字以前にヲシテという大和言葉に対応した文字がありました。私たちの日本語の源に触れてみませんか? ヲシテを研究していらっしゃるびーちぇさんの解説です。
【おうちラジオ】英語版
【おうちラジオ】って何?
くらしの延長上に政治がある。
「政治」ってちっとも特別なことじゃない。「政治を語らずに政治を語る」をモットーに❤楽しく可笑しく、でも真面目。身近なことから国家まで、いろいろ、ぶっちゃけ、お喋りしてます♪
家事をしながら、一服しながら、どうぞお聞きくださいませな。