2017/10
≪09  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   11≫
チャンネル桜 
YOUTUBEチャンネル
最近の記事 
最近のコメント    
カテゴリー 
リンク 
プロフィール 

まるこ

Author:まるこ
★生活の延長上に政治がある。在仏★ 

最新トラックバック
「支那」という語


日本の敗戦により、支那(中華民国)は日本占領に戦勝国として参加し、日本政府に対して「支那」の呼称の禁止を命令しました。1945(昭和21)年6月のことです。
だから、日本の外務省は総務局長、岡崎勝男の名で、「支那の呼称を避けることに関する件」という公文書を発しています。6月6日です。文面は次の通りです。

「中華民国の国名として支那という文字を使うことは過去に於いては普通行われていた処であるが、其の後之を改められ中国等の語が使われている処、支那という文字は中華民国にして極度に嫌うものであり、現に終戦後同国代表が公式非公式に此の字の使用をやめて貰いたいとの要求があったので、今後は理屈は抜きにして、先方の嫌がる文字は使わぬ様にしていきたいと考へ、念のため貴意を得る次第です」(かな遣いを現代風にしました)

この局長名の公文書は、都下の新聞社や出版社に対して出されたものです。翌7日には各省の次官あてに同様の公文書が送られ、7月3日には文部省次官が各大学・専門学校に通達し、内務次官通達により各県知事が全ての学校に指示したことにより、日本の学校やマスコミの世界から、「支那」の文字が消えました。

局長通達の中にいう「理屈は抜きにして」というくだりに、一抹の悲哀を感じるのは私だけでしょうか。国会図書館で簡単に閲覧できます。(『(続)日本人が知ってはならない歴史』 若挟和朋 朱鳥社 より引用)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

~(略)~支那人の言う「中国」は尊称である。~(略)~周囲の国々を蔑視する中華意識を意味するのが中国である。自分の国を美称して中国と称するのは自由である。
だが、自国を尊称で呼べと要求するのは非礼であり無礼である。~(略)~インド人は「しな」と発音していたようだ。この「しな」の漢字を支那としたのは支那人に他ならない。言うのも馬鹿げているが、支那の語に蔑称の意味はない。

~(略)~中華人民共和国や中華民国を略して中国と言う、というのはうそである。殷~(略)~民国を世界の人々は「支那」と呼称してきたのである。
共産党支配の支那を特別に「中国」と呼ばなければならない義務は、日本人にはないと私は信じる。「チャンコロ」はどうか、と聞かれたことがある。勿論、日本人からである。支那人なら愚問だから聞かない。
「中国人」の語を支那人に発音してもらうがよい。「チャンコロ」に聞こえて、腰を抜かさないことだ。(『日本人が知ってはならない歴史』 若挟和朋 朱鳥社 より引用)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私のブログを継続的に読んでくださっている方はご存知だと思いますが、かの国の呼称が「シナ」になったり「中国」になったりしています。何故かといいますと…「支那」と書きたいのですが、漢字変換が一発でできないカタカナの「シナ」では文章に締りがなくなるし、一文字一文字漢字変換しているのは面倒くさいし…ということでついつい「中国」を使ってしまっておりました これも文字狩りの一種か? …手間がかかりますけど頑張って「支那」を使うよう努力しますデス 相手に対して尊称を使っている以上自動的にこちらが下ですから…

米国占領下で「支那の呼称禁止令」に従わざるを得ないのは理解できます。敗戦国の悲哀。けれどこれも主権が回復した時点で直ちに撤廃すべきでした。…日本国憲法から始まって何から何まで、戦後60年たち、当の昔に主権回復した国になっているはずなのに、未だに占領体制を引きずり、その奴隷根性(?)に馴染みきってしまった我が国…何と言えばいいのか…結局誰の責任でもない我々日本人の責任です

注意★上記「支那の呼称を避けることに関する件」公文書発行の日付が1945年(昭和21年)6月になっておりますが、これは本にそうあったのでそのまま書き写しました。しかしたぶん1946年(昭和21年)6月の間違いだと思います。そうでなければ辻褄が合いませんので。

関連記事
スポンサーサイト


 
Secret
(非公開コメント受付中)

FC2カウンター 
ブログランキング
ブログランキングバナー
【おうちラジオ】ぶっちゃけトーク(1時間版)
なおことまるこ。 時々ゲスト❤
【おうちラジオ】大人のためのカフェ・タイム
まるこがひとりでお喋りしてます♪
【おうちラジオ】ヲシテで探ろう やまとのことのは
わが国には、漢字以前にヲシテという大和言葉に対応した文字がありました。私たちの日本語の源に触れてみませんか? ヲシテを研究していらっしゃるびーちぇさんの解説です。
【おうちラジオ】英語版
【おうちラジオ】って何?
くらしの延長上に政治がある。
「政治」ってちっとも特別なことじゃない。「政治を語らずに政治を語る」をモットーに❤楽しく可笑しく、でも真面目。身近なことから国家まで、いろいろ、ぶっちゃけ、お喋りしてます♪
家事をしながら、一服しながら、どうぞお聞きくださいませな。