FC2ブログ
まるこのおぼえがき背景

まるこのおぼえがき

(旧)地球の反対側で愛をつぶやく

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- [--:--]

「万引き家族」と「丹下左膳余話 百萬両の壺 」

YOUTUBEで、たまたま偶然「丹下左膳余話 百萬両の壺 」を観た。

1935年の白黒映画である。

百万両の壺をめぐってのコメディで、観だしたら面白くて最後まできっちり観てしまった。声を出して笑った映画なんてホント久しぶり。

人を虐めて笑いをとるような今時のコメディとは全然違って、昔はホントに上品だったなぁ、と。

目が行ったのが、舞台は江戸時代で、武士も出てくりゃゴミ屋も出てくるのですが、そのゴミ屋の住んでる貧乏長屋が、スッキリときれいなんです。雑然としているんだけど薄汚れていない。

で、またゲーム屋の姐さんのところに引き取られた孤児の男の子が、(丹下左膳はここに居候している)、メンコの勝負に勝って友達から小判だかを貰うのだが(この小判はその友達が自分の親のを勝手に持ってきたもの)、それを見とがめた姐さんは男の子に「返してらっしゃい」と叱る。その子が返しにいくところでひったくられ、それをその(小判をくれた)友達の親にとがめられ、丹下左膳はその金を作って返そうと、そこでまた笑いが…。

これを見て、「そうだよね。日本人の親なら普通そうするよね」と納得。なんでそんなところに目が行ったかと言うと、先頃フランスの何とか賞を貰ったという「万引き家族」。実際に観ておらず、ネット上の批判他を読むだけなのだが。それによると現代の底辺家族が、孤児を引き取って、その子に生活のための万引きを教える、という話らしい。で、舞台、というか住んでいる家の中が薄汚いらしい。

これ、日本人の感覚じゃないと思う。

以前「ヤマカシ」というフランス映画を観た。これは、米国の病院で臓器を移植しなければ命が助からないというお金のない母子家庭の子供を救うために、建物の外壁を渡り歩いたりできるヤマカシたちがその技術を生かして、金持ちマンションに侵入し金目のものを盗んでいく、という映画だった。最後は無事手術ができてハッピーエンドというもの。

フランスではそれなりにヒットしていたようだが、日本人としては(?)、観ていてとにかく気分が悪い。。。最後は腕組みをして唸っていた。病気の子供を救いたいのは分るが、それだったらまず働け、といいたくなるわけ。そんなすごい技術があるんだったら、盗みの他にもっと建設的なことができるだろう、と。金持ちは金持ちで高慢で気分が悪いが、だからといって盗みが正当化されはしないだろう、と。

こういう発想は、日本人にはないのでは?

「万引き家族」で子供に盗み方を教える? ジプシーじゃあるまいし。日本人だったら、上記の丹下左膳を観てもらいたい。貧乏でも品があって情があってこざっぱりしていて。

関連記事
スポンサーサイト
2018/06/26 [06:01]

コメント

コメントの投稿

scale

PAGE TOP
広告:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。