FC2ブログ
まるこのおぼえがき背景

まるこのおぼえがき

(旧)地球の反対側で愛をつぶやく

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- [--:--]

皇族方の結婚

今回の眞子様騒動で分かったこと。

眞子様たちは、幼少のころから、将来の結婚を見越した幼馴染というか、そういうお相手が旧宮家の間で秘密裏に用意されていると思っていました。

そういうのは、旧家や資産家などの家庭では普通にあること。 結婚は家と家との繋がりであるわけですし、政略結婚だろうが何だろうが相手を気に入ればそれでいいわけで。今回のことで図らずも「何もない」ということばばれてしまいました。私としましては、KKがどうのこうのよりもこちらの方が数段問題だと思うのですが。

今上陛下にも東宮にも、そういうお相手はいました。お相手の方は幼いころから将来は后になると育てられていて、本人もそのつもりで心の準備をしていたのに、それが突然降ってわいた「粉屋の娘」や「ハーバードうんたら」にかすめ取られてしまい。

美智子さんは旧皇族方とのつながりを断ち切ってしまった、とは言われておりましたが、「ああ、本当なんだな」と。清子さんのお相手は秋篠宮殿下の采配で。ということは天皇皇后は何の根回しもしていなかったということです。あの環境で、親や周囲がそれなりの方とお見合いなり何なりの世話をしてあげなかったらどうなるのでしょう?それが今回のこと。まともな日本人男性で、姫様に積極的に口説きに行く人などいないでしょう。結果残るのはkkみたいな図々しい恥知らずしかいないでしょう。

孤独な姫君。眞子様に、身分を弁えよ、と説教するのは簡単ですけど、しかし、誰も紹介はしないよ、相手は自分でお探し、というのは酷すぎます。

これというのもすべて元凶は美智子さん。こんなの姫君たちが小さい頃から、美智子さんが率先してティーパーティでも何でも開いて、旧宮家の方々との交流を密にして、娘を孫娘たちをよろしく、とお願いしていればこんなことにはならなかったはず。

秋篠宮両殿下には美智子さんの頭越しに旧宮家との交流を持つなんてことはできなかったでしょう。秋篠宮殿下もそういう環境で育ってきたのだし。

心配しているのは、眞子様だけでなく、佳子様、そして何よりも悠仁親王殿下のお相手です。悠仁親王殿下のお嫁さんはもう既にどこかて大切に育てられているのかと思っていました。まさかまさか、このままいけば、「悠ちゃんも自分で探してね」となりそうな予感。お茶の水学校だかどこぞの大学だかで知り合った、それこそどこの馬の骨とも分からない娘にひっかかる可能性は十分あります。普通の人なら、将来の天皇のお后なんて、荷が重すぎて辞退するでしょうからね。平気でかかわってくるのは、今回の件で分かったように、ろくでもない図々しい輩しかいないでしょうに。紀子妃のような奇跡が起こる保証はどこにもありません。

それにしても、今回のことで、美智子皇后は本当に自分だけ、自分が一番であることだけが大切な人なんだな、と改めて分かりました。


関連記事
スポンサーサイト
2018/03/01 [01:22]

コメント

コメントの投稿

scale

PAGE TOP
広告:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。