まるこのおぼえがき背景

まるこのおぼえがき

(旧)地球の反対側で愛をつぶやく

タイタニック症候群

秋篠宮眞子内親王殿下と小室圭との婚約が延期となり、まずはめでたいことでした。

私達一般人が、本当のところ眞子様ご本人がどう思っているかは知りようもないのですが、実は眞子様本気でこの男に惚れている?そうで。一般人でも拒否しそうなこの男、あの母親の姿を見て、世界の一流どころの男たちを見ているであろう眞子内親王殿下がなんでよりによってあの男???との疑問符しかわかないのですが。

もしかしてこれは、タイタニック症候群?

タイタニックに乗ったいいとこの金持ち娘が、タイタニック底の下流庶民男に惚れてしまうのですけど。これ、彼女の婚約者が、映画の都合上嫌らしい奴で、これは仕方がないとして、たとえ優しいいい男であったとしても、その世界しか知らない箱入り娘の目には、下流の無礼講、野蛮さが野性味あふれる魅力に映ってしまう、というよくあるパターン。「海に唾はいて何が楽しいんだよ?」と思って見ていましたが。今までそんな下品なことする男が周囲にいなかったから新鮮に見えてしまうのですね、きっと。

古くは「ローマの休日」。こちらはそれぞれが身の程をわきまえ、オードリー・ヘップバーンの王女様は元の世界へ、グレゴリー・ペックも身を引いて…今から見れば、グレゴリー・ペック記者だって十分品がありました。「タイタニック」になると、王女様でないただの貴族娘だから構わないと言えば構いませんけど、今時娘だからサッサとベッドイン。相手が死んじゃったから、美しい夢で終わったけど、これ、勢いで結婚なんてしたもんなら、破局は目に見えています。

要は、つまりは眞子様もこのパターン? 立場をわきまえずズンズン言い寄ってくるこの男の図々しさが、自分を愛してくれるが故の男らしい強引さに映ってしまった…。

多分にファザコンの気があるような眞子内親王殿下には、年上の、父のような兄のような、優しく支えてくれ甘えさせてくれる器の大きな殿方がお似合いと常々思っておりました。旧皇族旧華族の中に必ずそのような男性がおられるはず…と期待しております。
今回のことで、本当の優しさは何なのか、眞子様もきっと気づいたはずだと思いたい…です。





関連記事
スポンサーサイト
2018/02/20 [23:00]

コメント

[ Title ] : 『ある貴婦人の肖像』も似ているかな

ニコール・キッドマン主演の『ある貴婦人の肖像』(ヘンリー・ジェームズ原作)です。

貴族の娘ミス・アーチャーが伝統に縛られた貴族の生活を嫌って自由な人生を求め、落ちぶれ貴族で芸術志向の男に引っかかり、結婚を後悔する話。

名誉や財産より芸術への情熱に生きる彼、素敵!
と思って結婚したら、実は名誉や財産に執着の彼でガッカリ。
しかも、嘘もついていたし。(彼を紹介した女性とグルで)

  1. 2018/03/04 [15:34]
  2. 山芙蓉 #l.rsoaag

[ Title ] : No title

山芙蓉様

それにしてもあのKKはあり得ません。

  1. 2018/03/06 [23:32]
  2. まるこ #-

[ Title ] : はい、クヒオ大佐も真っ青なあり得なさ

KKは持参金の一時金どころか、
「眞子さまの保険も宮家にかけさせて、受取人は当然、K王子で」とか、
果ては「秋篠宮家長女として受け取れる遺産分与はhow much?」とか電卓を叩いていそうですもんね。


あ、ブログデザインだけかと思ったら、タイトルも変わったんですね。

  1. 2018/03/08 [11:48]
  2. 山芙蓉 #l.rsoaag

コメントの投稿

scale

PAGE TOP
広告: