まるこのおぼえがき背景

まるこのおぼえがき

(旧)地球の反対側で愛をつぶやく

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- [--:--]

高度人材という名の移民

「法務省は17日、外国人の永住許可について、研究者・技術者や企業経営者など高度な能力を持つ人材に限り、許可申請に必要な在留期間を現行の「5年」から最短で「1年」に短縮する方針を発表した。」

アフリカから欧米に、例えば医学などの高度な技術を勉強に来た、いわゆる「優秀な人材」はまず祖国に帰りません。欧米の方が生活しやすいのでしょうし、現実問題帰ったところで仕事がない、という問題もあります。 帰りたくても帰れない。結局家族呼び寄せでそのまま居つく。

これはアフリカ諸国にとっても不幸です。 優秀な人材はどんどん外国に出てしまう。 国に残っているのは、まあ、言ってみれば、大した技術のない普通の人? これでは国は発展できない。 こちらでしっかり学んだら、自分の国に帰って、国のために役立てなければいけない。 それが優秀な人の使命です。

優秀な人材が日本に来て学ぶ、というのはいいことです。(実際は、一流の人ならば、目指すところは米国だと思いますがね…) でもその優秀な人材を日本に引き留めておいてはいけない。「祖国に帰ってもらう」ってことが本当の親切ってもんです。祖国でその力を発揮できるように現地で支援してあげるのが本当の意味でのその人のため、その国のためだとは思いませんか?

日本国内では、日本人の優秀な人材を育てていってもらいたい。それが結局はお互いのため。 外国人だって、自分の国で仕事があって家族と暮らせるのが一番幸せでしょう? 日本人だってそうです。 お互いに幸せになるためには、日本で学んでもらうのは歓迎ですけど、必ず帰ってもらうこと。そしてその国のために日本で学んだことを生かしてもらうこと。

一体、日本は欧州がこれほど失敗しているのに3周遅れで何やっているのでしょうか? なぜわざわざ人々が不幸になる方向へ進もうとしているのでしょうか? 安倍政権は。 移民だけはやり直しはききません。 相手は生きて感情のある人間なのですから。


関連記事
スポンサーサイト
2017/01/23 [05:29]

コメント

コメントの投稿

scale

PAGE TOP
広告:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。