まるこのおぼえがき背景

まるこのおぼえがき

(旧)地球の反対側で愛をつぶやく

大いなる疑問

23分頃から。 ポーランド人は123年間も国を失っていて、にもかかわらずポーランド語を失わなかった。家庭で母親が自国の言語などを教育していた。





如何に過去の日本が凄かったか、知れば知るほど、今度は逆に、戦後日本人は、自分も含めてですけど、なぜここまでフヌケになってしまったのか?と不思議でしかたありません。 日教組教育など幾多の理由があるでしょう。 でもどうしても納得できる答えを見つけられないのです。

学校で日教組教育が行われて、じゃあ、親は何をやっていたのか?と。 家庭教育は? もちろん親が「あれは違う」と教えていた家庭もあるのでしょう。 でも全体的に見て。 親自身が「いままでのは嘘だったんだ」とコロリと信じてしまったのでしょうか????? ホントは信念なんて持ってなかった??? 焼野原で食べ物もなく生活に必死で忙しかった? ポーランド人は暇だったのかしら???

パラオでは、日本の敗戦後、米国統治下、学校では反日教育が行われていましたけど、親たちが「あれは嘘だ」と家庭で教えてくれていたといいます。

中国系日本人石平氏は、たしか子供の頃、文革の時代、父親に論語など「誰にも言ってはいけない」と注意されつつ、紙に書けばばれるので地面の土の上に書いて教えてもらったそうです。 終わったらすぐに消してしまう。 

じゃあ、日本人って何なのでしょうか????  今まで負けたことがなかったから知らなかっただけで、実は韓国並みの事大主義者ばかりだったのかしら???何でこんなに簡単に流される???  わからないわからないわからない。




関連記事
スポンサーサイト
2016/09/11 [02:48]

コメント

コメントの投稿

scale

PAGE TOP
広告: