まるこのおぼえがき背景

まるこのおぼえがき

(旧)地球の反対側で愛をつぶやく

森の防波堤プロジェクト

あまりに気がめいるニュースばかりですから、たまには明るい記事を。

前にも一度挙げたと思いますが、 いのちを守る森の防波堤プロジェクト

尊敬する宮脇昭先生主導による雑木林の防波堤!

これでしょ? 日本人としてのあるべき発想とは。 巨大堤防なんかではなくて。 自然の脅威と、防波堤で真っ向から対峙するのではなくて、柳のようにしなやかに力を分散させてやり過ごす。 普段は森林浴のできる人々の憩いの場。地球温暖化防止にも一役買えるし。

これ、東北だけでなく、東京都内でも、日本中ですべきプロジェクトでしょ? 宮脇先生曰く。3mの幅があれば森は作れる。3mx3mあれば小さな雑木林が作れる。 こういうところに税金を投入してほしい。こういうのを国家強靭化プロジェクトのひとつに入れてほしい。雑木林は動物だけでなく、私たちの憩いの場。 これからますます高齢化社会になっていくようだし、地球温暖化もますます進むようだし。暑さ除け、空気の清浄化、森林浴、散歩途中にほっと一息… 百利あって一害なし。

もうさ、こういうの、やめてほしい。 発想がおかしい。 軍艦島は朝鮮の捏造まで受け入れてまで世界遺産登録にしゃかりきになって、なのに、こういう日本本来の、でも観光客を呼びにくいようなところはどんどん潰していって平気な感覚。ホントに日本人なのか?と思ってしまう。

こういうところ、悔しいけど、フランスを見よ、ヨーロッパに習えと言いたい。なんで悪いところを真似ていいところを真似ない?

日本人に戻ろうよ。… 神社の鎮守の森もほとんど残っていないそうだけど、今からでも遅くないからやり直そうよ。 明治政府は明治神宮の森を作ったんですよ、何もない更地に。あれは人工林。その恩恵を今の私たちは受けている。東北の「いのちを守る森」も100年後1000年後の日本人のためのもの。

未来の日本人は私たち戦後日本人をどう評価するか?

平成の日本人は、慰安婦問題で昭和の先人を、軍艦島世界遺産登録問題で、明治の先人を貶めている。利権だか何だか知らないけど。 未来の日本人(つまりは私たち)のためにこんなにまじめに頑張ってくれていた先人たちを。





ああ、結局最後は暗くなってしまった・・・。













関連記事
スポンサーサイト
2015/07/14 [06:06]

コメント

コメントの投稿

scale

PAGE TOP
広告: