2010/08
≪07  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   09≫
チャンネル桜 
YOUTUBEチャンネル
最近の記事 
最近のコメント    
カテゴリー 
リンク 
プロフィール 

まるこ

Author:まるこ
★生活の延長上に政治がある。在仏★ 

最新トラックバック
留学生優遇政策


13 ■   拡散お願いします   
特亜留学生優遇政策‐1
【中国人留学生への優遇実態】
1)奨学金
月額142,500円
(年171万円)
2)授業料
▽国立大学
全額免除
▽公立・私立
文科省が負担
(年52万800円:現時点)
3)渡航旅費/航空券支給
(例、東京―北京:111,100円)
4)帰国旅費
奨学金支給期間終了後、所定の期日までに帰国する場合は航空券を支給(渡航旅費と同じ)
5)渡日一時金支給
25,000円
6)宿舎費補助
月額9,000円または12,000円
(年14.4万円)
7)医療費補助
実費の80%支給

 上記、1)~6)の合計額は年262万円。4年間いるとして1048万円。
 しかも、返還不要。
 この日本人を蔑ろにした上での異常優待がなぜ勝手に決められ、問題視されないのか。
留学生総数を10万人として計算すると負担総額はいくらになるか。10万倍してみるといい。
留学生利権問題 2010-08-04 12:32:00 >>このコメントに返信

14 ■   拡散お願いします   
特亜留学生優遇政策‐2
 日本政府は今後、中国人留学生を30万人に増やすつもりだ。
 貸与の奨学金すら支給されず、大学や大学院への進学を断念する日本人が多くいるなかで、この優遇はなんなのか。
 誰がこんなバカなことをやらかしているのか。

【大使館推薦による日本政府奨学金募集要項】
http://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/ryugaku/boshu/08031212/001.pdf

※入学検定料、入学金、授業料は日本持ち。宿舎は日本が用意。奨学金として月額134,000円支給(年160.8万円)。返還不要。

【往復航空券支給~国費留学生制度の詳細】
(独立行政法人 日本学生支援機構)
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo4/gijiroku/007/030101/3-2.htm

【平成19年度外国人留学生在籍状況調査結果】
http://www.jasso.go.jp/statistics/intl_student/data07.html

特亜留学生優遇政策‐3
【留学生総数】
1)平成18年5月1日現在
中国人:74,292人(全体の63.0%)
韓国人:15,974人(全体の13.5%)
2)平成19年5月1日現在
中国人:71,277人(▲3,015人(▲4.1%)減)
韓国人:17,274人(1,300人(8.1%)増)

 中国人や韓国人は、日本人の税金を恵んでもらい、祖国に貢献している。
 中国人は日本人の血税で、日本で「反日活動」をやり、祖国に帰ると英雄面出来るそうだ。
※留学生への支給額は、ウェブ上の資料と比較すると若干異なるので注意。
留学生利権問題 2010-08-04 12:32:47 >>このコメントに返信
15 ■無題
子供手当て 外国人支給7746人

ぜーーんぶ日本人の税金

ほんと狂ってるよこの国
日本人 2010-08-04 18:47:44 >>このコメントに返信


対して、日本人大学生 ↓

奨学金滞納に法的措置強化、訴訟急増4233件

 巨額の滞納が問題となっている奨学金の「貸し倒れ」を防ぐため、学生に奨学金を貸与している独立行政法人「日本学生支援機構」(旧日本育英会、横浜市)が法的措置を強化している。

 昨年度、奨学金の返還を求めて起こした訴訟は前年度の2・8倍の計4233件に急増した。機構設立当初の2004年度と比較すれば70倍超の件数となる。機構は「不況の影響もあって滞納者自体が増えており、訴訟は今後も増えるだろう」としている。

 昨年度の滞納額は、約33万6000人分の797億円と要返還額の約2割を占める。機構が返還しない恐れがあるとみている3か月以上の滞納者も約21万1000人おり、債務総額は2629億円に上る。5年間で2万8000人、842億円増加した。

 機構は従来、1年以上の滞納者の一部のみ簡易裁判所へ支払い督促を申し立てていた。督促に応じない滞納者が異議申し立てもしなければ、差し押さえなどの強制執行が可能になるが、異議を申し立てれば、訴訟に移行する。訴訟になったケースは04年度は58件だったが、08年度は1504件まで増えた。

 奨学金は国からの借入金などでまかなわれており、国の行政改革推進本部は06年12月、回収率を向上させるよう求め、08年6月には機構内の有識者会議が「法的措置の徹底」を提言。機構は昨年10月から、9か月以上の滞納者全員に申し立てを行うようにし、訴訟が急増した。一方、経済的理由で返還が困難な人は、年収300万円以下の場合、最長10年間にわたり月々の返済額を2分の1にできる制度も今年度中に始める。

 機構は「訴訟にまで至るのは、返還に関する手続きを放置している場合が多い。様々な対応をとることができるので、連絡してきてほしい」と説明する。

(2010年8月24日03時02分 読売新聞)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この中韓留学生優遇政策 … もともとは、バブル期に雨後のタケノコのようにボコボコできた大学救済のために始まったもの、と思ってますけど、どうでしょう? つまり、大学「ハコモノ」ができたはいいけど、その後の「少子化」で、大学維持費確保、要するに授業料集金がままならなくなったためではないかと…。

本来ならば、自然淘汰で、学生の集まらない大学は潰れればいいだけの話なのですが、大学側の要求に従ってかどうかは知りませんが、国が大学救済に乗り出した。 そのための「留学生優遇」ではないのか…と。


もし、純粋に学生を経済的に援助するのが目的ならば、日本人学生の奨学金制度を充実させればいいだけなのです。そこに国が介入すればいい。 ですが、これだと、学生数は変化しませんし、大学に入る授業料が増えるわけではないので、「大学救済」には繋がらない。 要するに、大学存続を維持するためには、収入源である「学生の頭数」を増やさなければいけない。 → そのためには海外から、国が費用を負担してでも学生を連れてきて、「頭数」を増やさなければいけない … という理屈デス。 一番手っ取り早いのは「中韓」から。それに日本を乗っ取りたい「中韓」や日本国内の「日本を解体したい勢力」などが便乗。

だからこの政策を一番推進しているのは「大学」そのものであり、そこで教える「教授たち」であり、それと持ちつ持たれつビジネスしているいろいろな輩であり … 要するに、真面目に勉強する「学生」なんて、全然考えられていないですよ。だから平気で、この上記の読売新聞記事みたいことが起こる … ふざけてますよ、まったく! 苦学生は、新聞配達したりのバイトしながら勉学に励んでいるのでしょう??? で、苦労している学生家族のほとんどは、こんなに留学生が優遇されているなんて知りもしないのでしょう?

こちらの学校でも奨学金とかいろいろ種類があります。聞いたところによると外国人学生でももらえるよう(個別の事例かも知れず確証はありませんが…) … それでも、やっぱり基本は「自国民」 当たり前ですが。自国民学生を救し、外国人学生はそのオマケ…。

昔、イギリス留学の大学授業料調べていた時、多分サッチャーさんの時代だったのかな? ほんの数年前まで、イギリス人と同じ授業料でメチャクチャ安かったのが、私が見た時には、外国人留学生の授業料が100倍くらいになっていて「もう少し早ければ~」と悔しかったですね~。

イギリスの現在は知りませんが、フランスの公立大学の授業料はメチャ安で、外国人にも同額です。(が、最近は、留学自体が、手続き上非常に難しくなっているようです。ハードルが高くなっている)

…何ていうのかなぁ … 日本の戦後体制というのか、すべてがガッチリと絡み合っていて … 川のヘドロみたく表面を分厚く覆ってしまっていて、そこに更なるヘドロが引っかかってボコボコ腐臭を放っている感じ? イメージ的に。で下の方に辛うじて水の流れがある状態 …。 

ウチの、外に置いてあったバスタブには半分ほど雨水が溜まっていて、そこで金魚が生きていました。今年は果物が豊作でして、プルーンの木から山のようなプルーンが地面に落ちていて庭が歩けない状態。そのプルーンがそのバスタブの水の中にもボコボコ落ちていたのですが、それを放っておいたら、腐ってガスが発生したのか、水中が酸欠状態になったのか、バスタブの底の方で元気に泳いでいた金魚が死んでしまいました。… 何か今の日本を連想させました。

もう既に下の水は圧迫されている状態ですし、このまま行けば、ヘドロの下の水で辛うじて泳いでいる日本人も酸欠ですよ …。

スポンサーサイト


 
【タイムズスクエアーの接吻】/有史以来初めての敗戦?


Le baiser de Times Square reproduit 65...<映像あり(CMの次からニュースです)>

日本に勝利した米国のシンボル。戦後65年、最も有名な写真「タイムズスクエアーのキス」、8mの像を立て祝った。数百人が参加し、「若き看護婦を抱く海兵」を再現した。(まる子訳)

接吻


(別の)ニュース動画があったので追加しときます。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これが8/15に米国で行われていたこと…。 悔しいけど…文句は言うまい。 まさかこの場にいた在米日本人、一緒にやってはいませんよ、ネェ? … こんな(戦勝)国と一緒の歴史観を持っているだなんて … 未だに連中と一緒になって「ニッポングンコクシュギガ~」「Aキューセンパンガ~」と上から目線で自分のじーちゃんばーちゃんを非難し続けている日本人 … もう、いいかげん、その恥ずかしさ、みっともなさに気づくべきです …!

我が国にはたくさんの嘘があります。 例えば、「戦勝国連合」を「国際連合」と翻訳したり。 そうやって姑息なごまかしをやってきた。 よく保守派が言う「たった一度の敗戦で~」というのもその一つ。 大東亜戦争敗戦は日本有史以来初めての「敗戦」ではありません。 天智天皇時代、唐帝国に負けています。それで国内の国防体制がガラリと変わった。 豊臣秀吉の朝鮮出兵なんかも実質敗戦かも… では、先の大戦の何が「史上初」のことだったのか? … 初めての「異民族支配」 これではないでしょうか? 約7年 … 短いようですが、やっぱり長い。小学校に上がった子供が卒業していますから。 そのまま今日まで来てしまっている。
「異民族支配」の経験皆無だったのですよ、我が民族は。本土が(異民族に)直接攻撃されたことも皆無(元寇の時多少)。イラクの敗戦後の抵抗を見て「日本もあそこまでガンと抵抗していれば。イラク人(や外国人)はいつも戦争で敗戦慣れしているから」という論評もあったけど、あれは敗戦慣れではなくて「異民族支配」慣れなのでは? まあ、大陸の場合、「敗戦=異民族支配」なんですけど、我が国の場合は幸運にしてそうはならなかった。

国会図書館では、今でも「GHQ焚書図書」もそのまま置かれているといいます。国会図書館内のは焚書になっていないから「焚書はなかった」というのがその理由らしいデス。 そうやって、「占領期」と「独立後」を全部ウヤムヤにしたまま来てしまったが今の問題の原因だと思います。 何でだろう? その「敗北」を直視するにはプライドが高すぎたのでしょうか? あるいは、精神的に弱すぎた?

あの「占領」は何だったのか? それを総括、意識化しなければ、いつまで経っても前へ進めません。


【参考】 戦前 戦中 占領 独立後 

【閑話休題】 「敗戦」「異民族支配」と言えば、捕虜になった日本兵が飢えや暴力の中で、すぐに敵に寝返り同胞を裏切ったり…とか武士道にあるまじき恥すべき行為があった … そうで。実際そういう人も少なくなかったのでしょう。でも極限に置かれた人間ですから…。…で、日本の歴史で、これは結構「特殊」な事態だったと思います、幸いにして。 内戦時代も「戦国時代」と名づけていたり、飢饉にも「天保の飢饉」などと名前がつけられている。…で、ですね。私が言いたいのは、お隣・大陸ではそれが「普通」であったということ。「異民族支配」「暴力」「裏切り」「飢饉」… そういったことが「日常」でありました。「いつ裏切られるかわからない」「いつ盗まれるかわからない」「全然関係のない身内のために自分が殺されるかもしれない」「食べ物がない」… そういう「究極」を彼らは生き、生き抜いた者たちが今残っている。中国共産党員だって、要するに犯罪者の子孫でょ?
… 彼らは、満州での悲劇を日常としてきたDNAを持ち合われているのですよ?
日本人は彼らをどんなに警戒しても、し過ぎることはありません。





 
欧州極右政党代表団靖国参拝 …日本では報道されました?



L'extrême droite européenne et japonaise réunies à Tokyo <映像あり>

日本民族派組織主催のシンポジウムに参加するために訪日しているジャン‐マリー・ル・ペン氏と欧州極右政党代表団が土曜日、14人の戦犯を祀っている靖国神社を参拝。

APF ‐ ジャン‐マリー・ル・ペン氏を筆頭に欧州極右政党代表団は東京の靖国神社を参拝。 靖国神社には戦勝国によって裁かれた14人の戦犯が祀られている。

(質問) ル・ペン氏は木曜日「難しいことは何もない」と言っていましたが…?

「敵国と戦った兵士を敬うことは何の問題もない。戦犯は何も敗戦国に限ったことではなく、戦勝国にもいる」と1945年に米国によって広島・長崎に落とされた原子爆弾に言及しながら述べた。「敗北を促すために何十万人もの民間人を殺すことを決定した人間は戦争犯罪人ではないのか?」と逆に質問する。

欧州のほとんどの国と異なり、日本には極右政党はなく、民族派組織があるだけである。これはその中のひとつ、木村三浩氏代表の一水会主催のシンポジウムで、仏国民戦線のル・ペン氏(82歳)、英国国民党NO2のアダム・ウォーカー氏他、オーストリア・ベルギー・スペイン・ハンガリー・ポルトガル・ルーマニアの欧州6各国からの代表が来日。

一水会は1972年に創立され、会員約100名、第二次世界大戦前・戦中ともにアジア大陸での、皇軍による残虐行為を否定する者の集まりである。(まる子訳)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

珍しく日本のニュースです。 フランス24、極東担当コリーヌさん、仕事があって良かったね

> 日本には極右政党はなく、民族派組織があるだけである。

なかなか正確なところを伝えています。 ル・ペン氏の言っていることもいちいち正論で、この程度の発言を政治家ができないというのが日本の病 … 別に「靖国神社=日本軍国主義のA級戦犯を祀っているところ」と外国人が認識しようが、そんなのはどうでもいいことなのです。問題は、日本人がそれやっちゃいけないだろ? ということで。日本国内でマスコミ以下サヨクが流している先の戦争に関する認識が、ことごとく戦勝国と同じというのが「異様である」といいかげん気づかなければ … !

別の映像では、インタビューするフランス24のレポーター(顔は映っていなかったけど、たぶんコリーヌさん)に対して、ル・ペン氏は「君はおちょくっとるのかね? 国のために死んだ兵士を祀った神社を参拝して何の問題がある?」と返しておりました。最後に、ちゃんとレポーターが「靖国神社は中韓にとって、過去の日本帝国植民地主義のシンボルである」と付け加えるところが … 何ともネ(笑)。


日本の政治家、シャンとしてください。このくらい言ってくださいよ、みっともない …




 
欧州極右の代表団訪日へ 【追加】あり


欧州極右の代表団訪日へ
 【パリ時事】フランスの極右政党・国民戦線(FN)のゴルニッシュ副党首は9日、FNのルペン党首ら欧州の極右政治家でつくる代表団が12日から日本を訪問すると述べた。14日に靖国神社を訪れ、18日まで滞在する。AFP通信が報じた。
 同副党首によれば、代表団にはFNのほか英国民党、オーストリアの自由党などの政治家が参加する。 (2010/08/10-07:29)


フランスの極右政党・国民戦線(FN)→ 極右政党 → 右翼 → 街宣右翼 → ヤクザ … 日本で「右翼」というと、パッとこんな風にイメージが繋がると思うのですが…。もう「極右」という文字を見た途端、「思考停止」に陥って中身を知ろうともせず、拒否反応全開、というパターン。 正直、私も昔ほどではないにしても、やっぱり抵抗ありますよね~。← もう徹底的に刷り込まれているのですよ。で、「極右」というのをスルーして、はて、何を主張しているのかな? と「一歩、歩を進めて」真面目に調べてみたりする。


【国民戦線 Front National(FN)】

2. 政策
・移民の制限。ただし、フランスの文化を尊重、保護する移民は拒まない。
・たとえフランス国籍を持つ移民や移民二世・三世でも、犯罪を行った場合は出身国へ強制送還させる。
・伝統的な生活様式を保護する。特に農民を尊重する。
・フランス国内のモスク建設の停止。
・麻薬の密売人や、小児性愛などの性犯罪者、殺人者、テロリストを特に対象として、死刑を復活させる。
・公務員の削減。
・減税。
・極左に操られているような団体に対する補助金の廃止。
・放任主義を減らし、道徳の復権をはかる。
・犯罪者や移民には寛容ゼロ (tol醇Prance z醇Pro) で臨む。
・同性カップルもパートナーシップを結べる民事連帯契約法の廃止。
・国籍に関してはいわゆる血統主義を採用する。内容は「フランス国籍の親を持つ事」であり、「何代にも遡って血統が証明されたフランス人」ではない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

… しごくマトモに見えるのですが…??? NO2のブルーノ・ゴルニッシュの奥様は日本人もし外国人完全追放だったら、まず自分の奥様を追放しなければならなくなりますよね。この方、ホロコースト論争で現在リヨン大学停職中。でも、言ってること、とても普通に聞こえるのですが …?

<今やまともな歴史家でニュルンベルク裁判の結論を全面的に認めるものはいない。強制収容所があったことを私は疑問に付すものではないが、死者の数について歴史家が議論できてもいいはずだ。ガス室の存在についていえば、どういう判断をするかはそれぞれの歴史家の自由だ>(2004.10.11)

右翼というと、何となくナチスドイツと繋がるような感じがして、フランスでも、一定の支持者はいるようですが、どうも表立っては言えない雰囲気 … でもナチスって、正式名は国家社会主義ドイツ労働者党で、これって、左翼、ですよね?

ところで、この欧州極右代表団来日は、どうも一水会の招待によるもののようですね。 日本の政治家と会う予定はないのでしょうか?
靖国に参拝するようですけれど、日本のマスコミは … 無視かな? こちらのマスコミは報道するでしょうか? 報道するとしたらどういうスタンスをとるのでしょうかね? 靖国神社=日本軍国主義の戦争犯罪人を祭ってある場所の認識のようですから…。

ところで、日本の街宣右翼と言えば、こちら必見動画↓



【追加】

ゴルニッシュ氏、こんな発言もしてますねぇ…。

ヨーロッパの右翼政党一行による靖国参拝、中国メディアも報道

「『戦犯』というのは、彼らの側が戦いに敗れたことをあらわすだけのことだ」

「靖国神社はパリの凱旋門広場にある無名戦士の墓やアンヴァリッド(廃兵院)の礼拝堂のようなものだ。戦火に倒れた不幸な戦士に敬意を表したい」


… この異常な日本社会で、涙が出るほどマトモなこと言ってくれてる … きっと、奥様の日本女性も真っ当な大和撫子に違いない … 



 
8月だから…【本紹介】【田母神閣下の講演会】


夕凪の街桜の国夕凪の街桜の国
(2004/10)
こうの 史代

商品詳細を見る


手塚治虫賞を取った、知る人ぞ知る「広島・原爆」反戦マンガ。 まだの方は是非お読みください。

仏語訳も出ておりまして… Le pays des cerisiers

私は近くの図書館にあったこの本を借りて、仏語訳で読んでいます。 アマゾンにもコメントが3つ入っていて、どれも絶賛しています。その中で、「はだしのゲン」(←これも仏語訳あり)と比較しているのがありまして「わが意を得たり」と思いましたので、ここに紹介させていただきます。「そうそう、私が『はだしのゲン』を読む気にならなかったのはこれだったんだよ!」…って感じ。

『表紙の絵と色に惹かれて手に取ったけど、要約読んで「またヒロシマ? またお涙頂戴モノ?」と思った。最近「はだしのゲン」を読んで、そのあまりのドラマチックなお涙頂戴ぶりが神経に障っていたので。ところがこれは読めば読むほど感動が深まる。単純で繊細なお話。感情の爆発はない。これを読んだ後、人は複雑な感動に襲われる。人間味と希望があふれ出る』

「はだしのゲン」は絵からして受け付けなかったのですが … で、最近その押しつけがましさを感じたところがあって … 広島の平和記念資料館…! あの蝋人形たち! … 「実際」はもっと残酷で、だからこそあんな蝋人形で再現などできるわけもなく、あんなの押付けがましく見せられても、その偽善ぶりに出る涙も引っ込んでしまう…。 外には千羽鶴を捧げる場所があって、それはいいけど、その前で修学旅行生(?)が「世界中の希望のせて~♪」と大合唱している(させられている)のを目にした日には…もう腐臭で窒息しそうでした…。 外国人連れて行ってもみんなゲッソリして出てきますよね。 反論しようものなら袋叩きにされかねない『正論』だから黙るしかない…! 何か、お隣の国では、日本軍の蛮行とか蝋人形が展示されているらしいですが、それに繋がる胡散臭さを感じてしまうのです。



こうの史代女史と言えば外せないのがこちら↓

この世界の片隅に 上 (アクションコミックス)この世界の片隅に 上 (アクションコミックス)
(2008/01/12)
こうの 史代

商品詳細を見る


彼女の作品、結構仏語翻訳されているのですが、なぜこの本だけはないのか? ↓このあたりのシーンが受け入れられないのか? と疑ってしまいます。 こういうのこそ翻訳してほしい…!

敗戦を知って、いつも笑って苦労に耐えていた主人公「すず」が唯一爆発します。

『… … 何で? そんなの覚悟のうえじゃないんかね? 最期のひとりまで戦うんじゃなかったんかね? いまここへまだ五人も居るのに! まだ左手も両足も残っているのに!! うちはこんなん納得できん!!!』

『飛び去ってゆく この国から正義が飛び去ってゆく   ……ああ 暴力で従えとったいう事か じゃけえ暴力に屈するいう事かね  それがこの国の正体かね うちも知らんまま死にたかったなあ……』

私としては、やっと初めて当時の『自然な』感情に出会えた気がしました。当時日本人は白人列強の暴挙に心底怒っていたのですよ? 明治からの仕打ちに…! … それで、負けてしまった…!
そりゃ「もう戦争はイヤじゃ」もあるでしょうが、その前に、まず「怒り」でしょう? 敵国に対する怒りでしょ? 普通は…!高村光太郎の詩をご覧あれ。

高村光太郎「一億の号泣」・昭和20年戦闘停止(2/2)





そして、非常に納得できたのが、最近設立された『平和と安全を求める被爆者の会』についてチャンネル桜で紹介されていた西村眞吾先生のお話。

原爆投下直後、海軍軍人が視察に行くと、焼け爛れたみなさんが「兵隊さん、兵隊さん、この敵を討ってください…!」と言って死んでいった…。

普通の人間の感情として、それが『自然』 …やっと、本当の気持ちに少し触れることができた気がしました…歯軋りするほど悔しい…!!!

ということで、紹介。 『平和と安全を求める被爆者の会』




8月6日、田母神閣下の講演会、成功お祈りしています。





 
反日映画


映画「IP MAN」  ブルース・リーの師匠の話。日中戦争時代、悪の権化日本軍将校に立ち向かっていくもの。 実話が元になっているそうで…。映画の評判は良かったらしく第二段も製作されました。




↓こちらもどこぞの映画館で上映予定とマンガ雑誌に書いてありました。



わが娘がビデオで見たのが上の「IP MAN」 娯楽映画としても面白かったそうで「第二段も見たい」と言っておりました。で、「日本軍人が残酷な奴で、ママが言ってるのと違う。どっちが本当なのかな~?」…と揶揄したように言うのですね。 私はカーッと来まして「日本は武士道の国だぞ。そんなことするわけないでしょ!」とむきになって言い返しておりました…娘相手に…


↓これは「ラストエンペラー」  ご覧になった方もいらっしゃると思いますが…坂本竜一が悪役日本軍人を演じていましたね。…あの頃は「日本=悪」を信じていましたので、坂本竜一の化粧した日本軍人を見て厭な気持ちでしたけど、「仕方がない」とそこのシーンだけ心の中でブロックして観ていました。



…今見ればわかる。「違う」と。「IP MAN」 カンフーVS空手 で日本軍人が賭けゲームをするのですねこんなの、日本人がやるか? そんな発想ができるのだろうか? 空手…武士道ですよ? 戦前教育…教育勅語ですよ?軍隊…天皇陛下の皇軍ですよ?






上の当時の映像見ると「ああ、日本人だな」って分かる…要するに「違う」んです! だいたい当時の支那人はあんなにウジャウジャいて、それなのに「悪魔のような日本兵」に立ち向かえなかったのか? 

中国映画見ていると、どれもこれもやたら「勇ましい」というか「大げさ」というか … だから分かるんです。「ああ、これは連中が考える「日本軍人像」なんだな」…って。 …で、厄介なのは、これを見ている(日本人以外の)観客は、これを「不自然」とは感じないだろうな、ってこと。だって、欧米人にとっても中韓国人にとってもそれが基本的に「自然」なわけでしょう? 

ああ、腹立たしい! …少なくとも、日本人だったらこんな映画には出演してもらいたくないですね!
(← こういうのって、香港あたりにいる日本人俳優が出演するのだろうか? 日本兵エキストラは香港とか中国本土にいる日本人が演じているのだろうか? 許せんよ、もう)



 
FC2カウンター 
ブログランキング
ブログランキングバナー
【おうちラジオ】ぶっちゃけトーク(1時間版)
なおことまるこ。 時々ゲスト❤
【おうちラジオ】大人のためのカフェ・タイム
まるこがひとりでお喋りしてます♪
【おうちラジオ】ヲシテで探ろう やまとのことのは
わが国には、漢字以前にヲシテという大和言葉に対応した文字がありました。私たちの日本語の源に触れてみませんか? ヲシテを研究していらっしゃるびーちぇさんの解説です。
【おうちラジオ】英語版
【おうちラジオ】って何?
くらしの延長上に政治がある。
「政治」ってちっとも特別なことじゃない。「政治を語らずに政治を語る」をモットーに❤楽しく可笑しく、でも真面目。身近なことから国家まで、いろいろ、ぶっちゃけ、お喋りしてます♪
家事をしながら、一服しながら、どうぞお聞きくださいませな。