まるこのおぼえがき背景

まるこのおぼえがき

(旧)地球の反対側で愛をつぶやく

人は、その国民性(民族性)を越えることができるのか? 『魔女の宅急便』



『魔女の宅急便』仏語版は『KiKi la petite sorciere』 これは欧州の背景で、登場人物も欧州のどこかの人、まあ、魔女に国籍があるのかは知りませんが…

これを見ていた娘のBF(フランス人)が面白いことを言っていました。

「何か、ストレスかかってんな~。 背景ヨーロッパだし、みんなこっちの人の顔しているけど、中味はみんな日本人だし~。 約束時間に5分かそこら遅れたからって帰っちゃうなんて、フランスじゃ絶対あり得ないって…!」

何たって、学校の集まりだとか何かの集会とか、約束の時間に行ってもダラダラダラダラしていて始まるのは1時間後…なんて感じのお国ですからね~。 電車だって10分くらいの遅れはお約束のうちだし…。

『魔女の宅急便』も何にしても、例え背景が欧米だろが、登場人物が金髪碧眼だろうが、中味はみんな日本人 …作っている人が日本人なら、発想がその枠から外れることはまず不可能、どこまで行っても日本人なんですね。当の本人は分からないけど、その外にいる人が見れば一目瞭然。

…これはどの国の人にも言えるわけで。その国、その民族の考え方から完全に自由な発想などまず有り得ない。 もちろん人類共通とかそういうのもあるのですよ。 それがあるからこそ世界中で受け入れられるわけですから。 実に興味深いです。


『魔女の宅急便』仏語版




スポンサーサイト
2010/06/11 [22:31]

背骨 ~ 拠り所となる基点




情報というものは世の中に溢れ返っています。 その情報の海から何を選択し、何を教えるか、そこに「中立」はあり得ません。必ずそれを選択した人間のフィルターがかかります。いいとか悪いとかの問題ではありません。よって大切なことは、どこに基点を置くかということ。

例によって、個人的な経験で恐縮ですが…

私がフランスに来た時、まだネットをやっていなかったもので…要するに、日本のことをあまり知らず、日本は悪いコトをしたのだ、と薄っすらと信じ…また、こちらの習慣にも馴染めず、ちょっとしたカルチャーショック状態で…まあ、自分がどう行動すべきかが分からず途方にくれてしまっていたのですね…。 そんな中でネットをやるようになり、それこそ無我夢中でいろいろな本やら何やら読み出したのですね。イヤ、歴史問題だけじゃなくチョコチョコ言われたりするのですよ、日本批判というか何というか。その時私は彼らと一緒になって日本を批判するのか、ヘラヘラ哂って誤魔化すのか…どうすりゃいいんじゃ?状態だったワケ。

そして、私は日本側に立つ、と決めたのです。 「日本」を基準にする、と。そうしたら何が大切で、何がそうでないかがハッキリと見えてきました。優先順位が…。

そうすると、仏語を覚えるのにも、もちろん一般会話は当然ですが、彼らと議論したりする時にどの仏語が必要かが分かってくるわけです。 例えば「太平洋戦争」は仏語で何というのか? 「大東亜戦争」は? 米国軍は? 蒋介石は? 毛沢東は? …という感じにです。 言葉を全部網羅することなど不可能です。いい歳してフランスに来て、初めての仏語で、言葉の海を前にボーゼンと立ち尽くしていた時。 自分にとって必要な「言葉」が浮き上がってくる…自分にとってどの言葉が一番必要か…そういう優先順位が見えてくるのです。それはもう、目の前の霧がサーッと開けるよう…。結構カンドーモンでしたよ。

さて、これは「教育」にも言えます。 教育=洗脳 と意地悪に定義してみましょう。 真っ白な子ども達の頭に何を入れるか。 米国的価値観を基軸としたものか? 支那的価値観? あるいは日本的?
「りっぱな人間を育てる」もとい「りっぱな日本人を育てる」ということを基軸としたら…何が大切かパーッと見えてきます。 時間も限られ、何かを捨てなければならない時、何を最優先させなければいけないのか?

例えば小学校の教科書で、他国の偉人を教える時間があるのだったら、まず我が国の偉人を教えるべき、「ギリシャ神話」よりは我が国の神話「古事記」から物語をとるべき…そういうことなんです。 これは「国語」に限ったことではありません。

英語もそうです。その目的は何か? 日本を説明するため、とハッキリすればどんなテキストを使うべきかが見えてきます。 少なくとも今のように英語の教科書の中で支那や韓国の仏像を紹介するテキストを使うことはなくなるでしょう。

ビジネス英語というのがありますが、要するにあれはビジネスで使う最低限の英語表現を身につけようというもので、無限にある英単語の中からビジネスに必要な単語をピックアップしているわけです。 中高校生が学ぶ英語だって同じです。どの英語表現を彼らに覚えさせるか? そのためにはどんなテキスト内容を使うか。

日本人は米国GHQ占領期に、無理やり目玉をくりぬかれ、米国人の目玉を入れられた、と言われます。それ以後64年もたつのに未だにその目でもって自己を見つめ続けている…。 その目から入る歪められた情報を元に自己を形成し、それにあわない自分自身を否定し痛め続けている…。

こちらに来てこちらの教科書などを見たとき、日本の、自分が学んできた、あるいは我が子の今の(日本の)教科書が不思議に思えました。 量的には限られている中で、外国の物語が多い。 私の周囲にも「世界」だとか「国際的」だとか言う人が多かった…。 ??? 日本は「進んでいるのか????」とも思っていました。 でもいろいろ知っていくと、だんだん分かってきました。 これは日本を解体していくための教育なのだ…と。 ず~~~っとそういう教育が続けられ、今も続いているのだ、と。

外国にいるのでよく分かりますが、「根無し草」であることと「国際的」であることは全然違う。 真の国際人とは実はとてもナショナリスト、もといパトリオット。

子どもは「親」が、そして「学校」が育てるもの、という事実を改めて見つめ直すと、その責任の重さに愕然とします。 戦後生まれの私たちがいた、現に今もいる日本社会に「日本」を取り戻そうと思ったら、悲しいかな「学校」はすぐには直りませんので、まずは私たちがメチャクチャ勉強しなくちゃ…。

よき人間ではなく、よき日本人を育てる。 それが我が国の教育の目的なのだ、と理解すれば、教育勅語を初めとして、戦前の教育の正しさが分かりマスデス。 そして「よき日本人」は普遍的な「よき人間」に繋がります。

ついでですが、体育についてもそう。運動時間がたくさんある、というシステム自体はいいんですよね。 だけど今思えば、あれもこれもと詰め込みすぎている感じもします。教えることに優先順位があるのなら、例えば授業としては柔道とか剣道とかを徹底的にやり、それ以外のクラブだとか部活だとかで好きなスポーツをやるようにするとか…要するに、何を目的とするかが明確になれば何を選び何を捨てなければならないかが鮮明に見えてくるのです。 更に言えば「日本をなくす」「日本を解体する」「地球市民を作る」という目的において見れば、今の教育内容は実に正しいと言わざるをえないと思うのです…。

自分は今まで何を学んできたのか…自分のいた世界は何だったのか…「目覚めて」ビックリ! 驚愕の事実! 映画「マトリックス」の主人公トーマス君じゃないですか!これは…。ホラーです。




【閑話休題】 今度チャンネル桜のチーム桜子ブログにチームの一員として参加させていただくことになりました。 女性の立場で頑張っている方たちと一緒にやらせていただけて嬉しいです。 そちらもヨロシク




2010/06/03 [22:20]

scale

PAGE TOP
広告: