2009/06
≪05  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   07≫
チャンネル桜 
YOUTUBEチャンネル
最近の記事 
最近のコメント    
カテゴリー 
リンク 
プロフィール 

まるこ

Author:まるこ
★生活の延長上に政治がある。在仏★ 

最新トラックバック
日本の女性


英国人写真家の見た明治日本―この世の楽園・日本 (講談社学術文庫)英国人写真家の見た明治日本―この世の楽園・日本 (講談社学術文庫)
(2005/05)
ハーバート・G. ポンティング

商品詳細を見る


この本は当時の日本の写真もあり、それを眺めるだけでも楽しいです。 金閣寺の船形松や伏見稲荷や…当然ですけど今とまったく変わらず感動です。 変わっているのは日本人の顔つきの方。 

さてこの本には、第八章 日本の婦人についてとわざわざ一章を割いて日本女性について書かれています。 そこに、日露戦争当時の様子が記されています。 広島で、戦傷者のいる主要病棟に、小学校の女教師に引率された50人ほどの女生徒が見舞いの訪れたときのこと。

(略) …それから、引率の先生の中で一番主だった婦人が、綺麗な優しい声で患者たちに静かに話を始めた。 最初に日本が輝かしい勝利を得ることができたのは、皆様方のような大勢の勇敢な兵隊さんたちのお陰であり、今日ここに皆様をお見舞いすることを特に許されたのは、大変名誉なことでございますと述べた。… (略) …次に、先生は床に目を向けておとなしく立っていた少女たちの方を向いて、話を始めた。 彼女はこの勇士たちの戦った大きな戦争の話を手短に語り、どうやって勝利を収めたのか、またどんなに勇敢に彼らが義務を果たしたかを話してきかせた。 そして、 言葉を継いで、この勇士たちが名誉ある戦争の傷痕を体に残して帰ったら、両親がさぞ誇らしく思うだろうと述べた。 女にとって最高の望みは日本のために戦う息子の母親になることです。 だから、貴女方が大きくなって自分の息子を持ったら、重傷を負ってここで寝ている兵隊さんのように、息子を陛下の勇敢で忠実な臣民に育て上げるようにして下さいと先生は言った。 可愛い少女たちはここで再び無言の決意をこめてお辞儀をすると、左右のベッドに頭を下げて別れを告げ、次の病棟へ進んでいった。
 私にとってこの出来事は、日本では子供を教育するよい機会を決して逃さないということを教えられた感動的な実例であった。 この少女たちはその日に見たことを生涯忘れないだろう。 そして、学校の先生の言葉は、幼い心にきっと深く刻みつけられたにちがいない。 何年か経って少女たちが母親になるとき、これほど感慨深い雰囲気の中で、先生が静かな声で話して聞きせた戒めの言葉が、再び耳に響くことだろう。 そして彼女たちのまだ生まれていない息子は、母親がほんの小さな子供のときに聞いた言葉のお陰で、きっと立派で勇敢な若者に育つだろう。 …(略)…

…(略)… 日露戦争の間、日本の兵隊は戦死を熱望し、その妻や両親も彼が国のために死ぬことを願って送り出すのだという誇張された報道が数多く見られた。 こういう記事は日本に初めて着たばかりの記者によって書かれたもので、彼らは日本人や日本語を全く理解せずに、この絵のように美しい国に感激のあまり、事実を歪曲して描いたのである。 …(略)… 私は戦場や病院や家庭で、数多くの日本の兵隊や両親たちに会って話をしたが、自分が死にたいと思った兵士は一人もいなかったし、息子や夫が戦死することを願うような非人間的な父親も母親も妻も一人としていなかった。
 人生は日本の兵隊にとって他の人々と同じく甘美なものであり、このような地上の楽園に住んでいるのだから、他の多くの国々の人に比べて一層甘美な人生にちがいない。 それ故、彼が人生をできるだけ長く生きたいと願うのは当然である。他の兵隊と同じく、彼もできるだけ多くの敵を殺したと思うだろう。 しかし、そのとき自分の体を傷つけずに、命を安全に守ろうとするのである。 …(略)…しかし、自ら好んで死を招くことはしない。 それは戦いを勝ちとるのは死んだものではなく、生きているものだということをよく知っていて、一瞬たりとも忘れないからだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、私、昔は映画好きでして、ビデオのない時代、名画座で3本立て映画とかよく見ていました。 洋画研究会にも入っていた  …で、日本映画は好きでなかった。 何故か? ちゃんと観てなくて言うのも何なのですが…一言で言って、すぐ情に走って泣き叫ぶから。 観客が涙する前に映画の人物が泣き出している…これじゃ白けて出る涙も引っ込んでしまう…。で、またBGMが、いかにも、いう感じで…。



ここにある夏目雅子扮する明治女性のセリフ …当時の女性だったら決して口に出さない言葉だと思います。 上記の本から推測するに。 一番遠いセリフ。 でも言葉には出さずとも全身でそれを表していたと思う。でも口にするのは「お国のために頑張って来いよ」 

泣くという行為は、涙は、本当に辛いとき、私も多少経験があるのですが、本当に苦しいときは出てこない…泣いて済むような苦しみだったら、そんなの大したモンじゃない。 喉にモノが詰まったままの状態で、泣いたからって何かが解決するわけではないと分かっているとき…。 だから映画がウソっぽい。 薄っぺらいんです。



こちらアメリカ人による映画「ラストサムライ」 …日本映画だったら絶対小雪に「死なないで」の余計な一言を言わせていたと思います。 洋画、まあどうしてもハリウッド映画が中心になってしまいますが、あるいはアメリカドラマなどを観ていて、「日本映画だったら、ここを引っ張るだろうな~。役者を泣かせるだろうな~」と思わせるところがよくある…そこをサラリと流すのですね。役者が簡単に涙を見せず、グッと健気に耐えているから逆に観客の私たちが泣けるのでして、目の前でオイオイ泣き叫ばれたら白けちゃいます、少なくとも私は。

それにしても明治の様子 …これは戦前まで続いていた価値観 …つい60年前まで日本人はこうであった ………。 私も息子がいるので、想像するだけで、昔の日本女性は偉大だったと思います。 私には言えない。 「頑張って、そして無事に帰ってきて」と言うのが精いっぱいな気がします。 …ソマリアなど海外で頑張ってくれている自衛隊員を支えているご家族も、現在形で偉いと思います。 どうもありがとうございます。 


閑話休題。 ところで上記の本にこんな興味深い記述があります。

数ヵ月後、私は旅順の二百三高地に立っていた。 …(略)… このような塹壕がほかに幾つもあり、埋められた死体から発する吐き気を催させるような悪臭があたりの空気に充満していた。

戦闘が終わってから数ヶ月もして、そして死体はすべて土の下に埋められているのにもかかわらず吐き気を催させるような悪臭が充満していたのです。 南京で30万人が殺されて、みんな埋められていたとして…たとえ死体を隠すことができても、死臭というものは防ぎきれるものではない…。 数ヶ月たってもばれてしまうものなのですよ。 もし本当にあったとしたら…!





スポンサーサイト


 
私たちは霊に動かされているのか?


約2週間ほどでやっとこさ電話ネットが回復しました。皆様お見舞いありがとうございました。
「終わりよければすべて良し」…って、フランス、シッカリしてくれよ? 


さて、私には、シュタイナーだとかそっち方面を勉強している身内がおりまして、私自身はそういった雑誌「ムー」的世界は特に関心がないので、そっち方面の書籍に手を出すことはないのですが、その身内から「読みなさい」と何冊も送ってくるため、まあ、斜め読みですが、一応目を通してはおります。

霊的見地から見た日本史霊的見地から見た日本史
(2006/03)
平岩 浩二

商品詳細を見る


で、霊だとかそういうことに関してですね、私がどう思っているのかというのをこの際文字にしておこうと…。

私は、昔は天文学部に所属しておりましたし、どちらかというと「地に足がついていない」と言われているほうでして…SFなど小説も映画も大好きで…UFO、要するに未確認飛行物体を目撃したこともありますし…宇宙人は存在する、と信じております。 で、霊魂は見たことありませんが、「でも存在するのかもな」くらいに信じております。

宇宙人の存在は信じているのです…が、だからといって「私は金星人は誘拐されて、人体実験された」みたいな話は全然信じていません…なぜか?

ところで、実はディズニー映画が嫌いです。 子どもには分かりやすくていいのでしょうが、一緒になって何本も見ているとイライラしてくる…なぜか? バンビとかの動物アニメ映画とか見ているとですね、動物が、要するに「人間の発想の枠」の中にきっちり入ってしまっているのです。 その行動、その感情、その善悪価値観が…。

で、宇宙人の話に戻りますが、例えば、コウモリの目の可視範囲は人間のものとは全く異なり、故にコウモリの世界観、感じ方というのは私たちのそれとはまったく異なるように、トンボ複眼で見る世界が私たちのそれとはまったく異なり、故にトンボの世界観が私たちの想像を絶してるように、どこかにいるであろう宇宙生命体も、たとえ出会えたとしても、彼らの価値観、彼らの世界観などは私たち人間のそれとはまったく異質のものであると思うのです。 だから「金星人に誘拐うんぬん」などという「人間の発想の枠」から一歩も出ていないお話は「ウソでしょ」となる…異生物を誘拐し、それがどうなっているか調べるために人体実験する…これはモロ人間の発想じゃないですか?

霊という存在についても同じことが言えます。 私は見たことはありませんが、「いてもいいんじゃないの?」「きっといて見守ってくれている」程度に信じていますが、その霊の価値観(?)やモノの感じ方というのはやはり人間とはまったく異質だと思うのです。

娘がそういう年頃で(?)結構その手の話が好きで「死んでからも意識があるらしい。そんなのイヤだ、ど~しよ~」などと話しております。 でも思うのですよね。 意識はあるかもしれない、でも肉体という枠を離れてしまって、「死ぬかもしれない」「お金がなくなるかもしれない」「失敗するかもしれない」「嫌われるかもしれない」などの意識から解放された「意識」というのは、もう既に私たち「枠に囚われた人間」の意識、価値観、世界観とはまったく異なっており、想像を絶しているのではないか、と…。

さて、ここでやっと、「霊的見地から見た日本史」「霊的見地から見た世界史」などなど霊的世界観の話となりますが…例えば…

その頃、地球上、特にレムリア大陸を支配していたのは、ソラトと呼ばれる悪神たちだった。人間を物欲に誘うのがアーリマンだが、そのアーリマンを上から操作するのがソラトである、アーリマンは醜いからわかりやすいが、ソラトは美しいから、たちが悪い、ソラトの大将がサタンで、配下には、プエル、ベリアル(いずれも固有名詞)といった幹部がいる。(P20 太線/まる子)

↑こういう文章を読んで、何というのかな、「発想が完全に「人間の枠」内に留まっているのでは? 結局著者(人間)の頭から考え出された物語なのでは?」と感じてしまうのは私だけなのでしょうか?
この本に関するアマゾンのコメントを見ると、評価されているようですから、「著者の想像の産物・フィクション」とは見ずに素直に受け入れられる人も少なからず存在するようで …「霊的にどうであろうとも今現実に○○に侵略されつつある日本があるわけで、実際に行動しなければ意味ないでしょ?」「屁理屈こねた現実逃避にしか見えない」と思ってしまうのですが …不思議です。 霊的視点(?)で歴史や政治を語らないでほしい…。 

井沢元彦氏の「逆説の日本史」は好きなんですが、特にその古代編は、怨霊の存在を信じている日本人がどのように歴史を作ってきたかの解説であって、霊的存在がどう私たちを動かしているかを解説しているわけではないです。

「日月神示 ミロクの世の到来」中矢伸一著 なんてのもそう。 …日月神示って、読み方によってどうとでも取れる、どうとでも解説できるシロモノなのでは? と思ってしまうのは私だけ???

うまく説明できませんが…霊界だとかそういう「人間の意識の枠を超えたもの」を「善・悪」「支配するもの・されるもの」というような「人間の言葉」で説明できてしまう、という時点で既に「違うだろ?」なんですね、私としましては。

もっと突っ込んで言えば、平岩浩二氏は、小林よしのり氏が大嫌いで、また愛子天皇を「自然の流れ」として支持しているそうなので、それだけで何か「あああ」なのであります。 霊的見地から歴史を語るとし、その流れで行くと、愛子天皇が誕生すると、さりげなく「政治」を絡めているところに巧さ(?)を感じますし、霊的世界を信じている人たちが、それに自然に洗脳されてしまうのかも、と思えるところがコワイです。 こういうのを読んでいると、何の罪悪感・抵抗感もなく、むしろ積極的に愛子天皇誕生を支持するようになるのでは…。





 
FC2カウンター 
ブログランキング
ブログランキングバナー
【おうちラジオ】ぶっちゃけトーク(1時間版)
なおことまるこ。 時々ゲスト❤
【おうちラジオ】大人のためのカフェ・タイム
まるこがひとりでお喋りしてます♪
【おうちラジオ】ヲシテで探ろう やまとのことのは
わが国には、漢字以前にヲシテという大和言葉に対応した文字がありました。私たちの日本語の源に触れてみませんか? ヲシテを研究していらっしゃるびーちぇさんの解説です。
【おうちラジオ】英語版
【おうちラジオ】って何?
くらしの延長上に政治がある。
「政治」ってちっとも特別なことじゃない。「政治を語らずに政治を語る」をモットーに❤楽しく可笑しく、でも真面目。身近なことから国家まで、いろいろ、ぶっちゃけ、お喋りしてます♪
家事をしながら、一服しながら、どうぞお聞きくださいませな。