2009/04
≪03  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   05≫
チャンネル桜 
YOUTUBEチャンネル
最近の記事 
最近のコメント    
カテゴリー 
リンク 
プロフィール 

まるこ

Author:まるこ
★生活の延長上に政治がある。在仏★ 

最新トラックバック
警察がマトモに機能しなくなると




職質男性に発砲の巡査、地裁が付審判決定…地検の不起訴覆す
 栃木県西方町で2006年、職務質問に抵抗した中国人男性(当時38歳)に鹿沼署の男性巡査が発砲、男性が死亡したことを巡り、宇都宮地裁(池本寿美子裁判長)は27日、遺族側の付審判請求を認め、巡査を特別公務員暴行陵虐致死罪で審判に付す決定をした。付審判決定は事実上、裁判所の判断による起訴といえ、極めて珍しい。


 決定による事件の要旨では、巡査は06年6月23日夕方、西方町の路上で、男性を公務執行妨害で逮捕しようとした際、石灯籠(どうろう)を振り上げて抵抗する男性に対し、拳銃を1回発砲し、男性の左腹部に命中させ、死亡させたとされる。

 遺族は「発砲は過剰な防衛行為で限度を超えている」として、07年8月、巡査を特別公務員暴行陵虐致死罪で告訴した。宇都宮地検は昨年7月、「発砲は正当防衛が成立する」として巡査を不起訴とした。遺族はこれを不服として同年8月、宇都宮地裁に付審判請求していた。

 遺族側の日隅(ひずみ)一雄弁護士は「さまざまな状況を慎重にとらえ、発砲行為の違法性について一定程度の心証を持ったのではないか。裁判所に敬意を表したい」と話した。栃木県警の滝沢依子警務部長は「拳銃の使用は適法な職務執行と考えている」とコメントした。

 一方、遺族はこの問題で、県を相手取り、約5000万円の損害賠償を求めて、宇都宮地裁に提訴。宇都宮地裁は今月23日、「発砲を必要とする相当の理由があった」として遺族側の請求を棄却した。遺族側は24日、東京高裁に控訴した。

(2009年4月28日01時47分 読売新聞)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最近日本の裁判判決ホントにおかしいです。 道理が通らない。 政治家云々の前に、もう社会のあらゆる所に「サヨク思想」が入り込んでしまっている …。 こんな話が通ってしまったら警察官などどう仕事すればいいのでしょう?

こういうのを見聞きするたびにあるエピソードを思い出します。 ミッテラン政権時代、フランスは移民などにとても寛大でした。 とある地方のある商店街。 しょっちゅう被害にあっていましたが、警察が動いてくれない。 仕方なしにその商店街は、ネオナチなどの鶏冠頭の兄さんたちにお金を払ってパトロールをしてもらいました。 …それで被害はピタリと治まった。

またこんな話も思い出します。 フランスにはジプシーがたくさんいます。 多くはキャラバンで移動生活をしているようです。 キャラバンったって今はハイテクですよ。 TVはあるしネットはあるし携帯で連絡しあってビジネスやってて実はスゴイ金持ちらしい…彼ら。
で、ミッテラン政権下、彼らの定住化促進ということで彼らに無料で土地を提供したのですね。 フランスは土地が広いですからねぇ、まあ、いいですけど。 で、ジプシーたちはどうしたか。 定住したのはわずかで、後は、その土地を貸したり売ったり、で濡れ手に粟状態。 ジプシーたちにいいように使われて、結局「定住させる」という目標は達成できなかった。

つまり「人権」「平等」をかかげたキレイ事政治をすると逆に社会は混乱してしまう。

サルコジ大統領が選ばれたのは、まあ、いろいろ理由はあるのでしょうが、そのひとつに「犯罪に対して厳しい」というのがあります。 まだ大臣時代、交通違反取り締まり強化で交通事故を減らしたのはサルコジの功績(フランスは人口が日本の半分にもかかわらず交通事故死亡者数は同じくらいでした)。

上記の日本の警察官。 こんなのが通ってしまったら、警察官は今でも萎縮していると思いますが、それ以上に萎縮してしまう。 …ソマリアの海賊に対する自衛官も同じです。 日本国内の大陸系凶悪犯もソマリアの海賊も、彼らは死に物狂い、人を殺すことを屁とも思っていない連中です。 

それに腰が引けるということは弱さを見せるということ。 彼らは弱いところを徹底的に突いてきます。
当然でしょう? 対戦相手が足首を怪我していたからその足首を避けて攻撃する、なんてのは日本の柔道家くらいです。

警察官(あるいは自衛官)が毅然としてくれなければ、被害を被るのは私たちです。 警察官が信頼できなくなったら … 後は自衛するしかないですよ。 … それにしても真面目にやっている日本の警察官が可哀相で仕方がない。 「もう、やってらんない」という感じなのでは? こんな馬鹿げた判決絶対叩き潰してください。 大陸系犯罪者がジッと経過を見ています(←何故、「大陸系」か? 純粋日本人犯罪者には普通に厳しくあたると思いますから…)

それにしても損害賠償金5000万円 …って、支那でなら一生暮らしていける金額なのでは? そしてこの裁判って、元々は日本国内の人権屋の方がこの遺族に入れ知恵したのでしょうねぇ。


スポンサーサイト


 
NEW DAY JAPAN



new day

↑是非ご覧下さい。 そしてご意見・ご感想を。 … 誰が作っているのか知りませんが…センスいいですよね~

こちらでは海賊関係ニュースはしょっちゅうやっていますからよく目にしていますけど…彼ら、マンガの「海賊」なんてカワイイもんじゃありませんよね。何というかとても普通の日本人にはついていけません。 別世界で、ただただ目を丸くして見ているだけで「今日も無事にご飯が食べられて幸せなんだね、ありがとう」という気持ちになります。

あそこで自衛隊が頑張ってくれている。 それもがんじがらめに縛られている状態で … 自衛隊員のご家族はさぞや不安であることと思います。 私だって、もし自分の息子だったら、と想像するだけで、「お願いだから神学論争なんてやめてくれ。 防弾チョッキ一杯着せて武器も一杯持たせてやってくれ!」と叫んでしまいますよ。 それにいくら法律だからといったって、目の前で海賊に襲われている人(船)を助けない…って、人間としておかしいでしょう?

麻生総理も現実と日本人の意識の狭間で苦労しているのだと思います。 ちょっと何か言うと「軍国主義」「なしくずし的に戦争への道を歩んでいる」…などなどのマスコミを通した国民の非難が…。

そんな中、国民に理解してもらおうと、まるで幼稚園児に噛み砕いて聞かせるような優しい説明 …その健気な(?)努力を思うと泣けてきます。

サルコジ大統領がこんな風に説明するでしょうか? またフランス国民がそういうレベルの説明を必要とするでしょうか? 現状認識においては麻生総理もサルコジ大統領も同じでしょうから、後は国民意識の差。 麻生総理の苦労はサルコジ大統領の比ではないでしょう。

世界の常識は日本の非常識。 普段「外国は」「国連は」と連発している政治家は、こういう国防面でこそ声を大にして「外国は~なのに我が国は~」とやってもらいたいですよね。

自衛隊の皆様、灼熱の太陽の下、大変でしょうが頑張ってください。応援してます。 感謝してます。





 
【仏大統領中共皇帝に屈する】の巻


北京政府、パリとの関係修復を歓迎 フランス24ニュースより

新華社通信によると、水曜日ロンドンG20サミットでサルコジ大統領と会った胡錦涛中国国家主席は中仏間の新しい出発を歓迎した。

「今日の会合は、中仏間の新たな出発点として歓迎する。 両国間の新しいページを開くことを期待する」と胡錦涛国家主席。

国家主席は、中仏互いの異なる文化・社会を認め合い、デリケートな問題についての対応は互いを尊重し、内政干渉はいないことを原則とすることを強調した。

国家主席は、仏大統領がダライ・ラマ法王と会い、ヒマラヤ地方の独立キャンペーンを支持したと非難していた。

胡錦涛国家主席は、水曜日、フランスがこの件で中国政府に「賛同」したとこを歓迎し、 中仏が互いに協力しあっていくことを期待した。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

サルコジ大統領、中共皇帝に屈服す~ッ!

叩頭
 
日本を撤退したカールフールは、支那には100店舗以上展開しているとのことですが、支那本土では相当いじめられていたのでしょうね。 仏政府に泣きついていたのでしょう。 イブ・サンローランオークションのブロンズ像もカールフールを筆頭とした経済連で金を集め、買い取り、中共にプレゼントする…とのことですから。 完全に清王朝の叩頭 … 命じられれば何でも舐めそう … 惨めです。屈辱です。 最初威勢のいいこと言っていただけに…。

でも、私はフランスを哂えない。 わが日本で、ダライ・ラマ法王にお会いしていた政治家、おりましたっけ? 安倍元総理も確かご夫人を使者に立てていたと思います。 それどころか靖国参拝すらできない…!

チベット問題を見ていて思います。 誰も助けてはくれない。 自分で何とかするしかない。 ダライ・ラマ法王があれだけ世界中を走り回り、民衆レベルで抗議が高まっても、何も動かない。 一度占領されてしまったら、先の戦争くらいの大変動が起こらない限りひっくり返らない。 …あれだけ強いことを言っていたサルコジ大統領も金の前には屈しました。 チベットを裏切ったのですよ。

日本がもしチベットみたくなったとしても、誰も助けてはくれないでしょう。 日米安保でアメリカが助けてくれるだなんて、私、一度も信じたことはありません。 万一あったら、当然裏があるでしょうね …「後が怖い」というやつ…。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

中国李長春常務委員、日本の主要メディアの首脳と面会 ニュース動画あり

 李長春・中共中央政治局常務委員は30日夜、訪問先の東京で、テレビ朝日、フジテレビ、日本テレビ、NHK、日本経済新聞社、毎日新聞社、TBS、読売新聞社、中日新聞社、産経新聞社、共同通信社、テレビ東京、時事通信社、朝日新聞社など日本の主要メディアの首脳と面会し、両国関係の主流を正しく把握し、戦略的互恵関係の発展を加速させるために良好な世論環境を醸成することについて、重要な意見を伝えた。新華社が伝えた。

 李常務委員は「現代の交通技術は中日間の地理的距離を大幅に短縮したが、両国の圧倒的多数の民衆は今なお、主にメディアを通じて相手国や両国関係のことを理解している。両国関係のさらに高いレベルへの発展という重要なチャンスを、さらに幅広い分野における協力へと変え、戦略的互恵関係の発展を加速させるには、良好な社会世論環境が双方にとって非常に重要だ。両国のメディアはこの点において逃れられない社会的・道義的責任を負っている」と述べた。

 李常務委員は両国のメディアに対し、次の3点で引き続き努力するよう求めた。

 (1)両国人民間の相互理解と信頼を促し、「真実・全面・客観的」の原則と責任を負う姿勢に基づき、両国関係や相手国の状況を報道すること。

 (2)両国関係の発展の方向と主流を正しく把握し、両国関係の大局に立ち、各分野における両国間の互恵協力を積極的に促し、各分野における両国間の協力の強化にプラスとなるニュースを多く報道し、両国の戦略的互恵関係の推進にプラスとなる情報を多く提供すること。

 (3)両国メディア間の交流や協力を一層強化し、引き続き「北京-東京フォーラム」をしっかりと開催し、「中日メディア対話活動」をしっかりと実施し、率直で誠意ある、踏み込んだ、理性的な対話にプラスとなる新たなルート、新たな形式を創出し、両国人民の理解増進のためのプラットフォームの構築に努め、両国の共同発展の実現に貢献すること。

 李常務委員は翌31日に、読売新聞社とNHK本社への見学も行い、日本メディアの管理・運営状況を詳細に把握した。(編集NA)

 「人民網日本語版」2009年4月1日

「理解広がっている」と小沢氏、中国常務委員との会談で

民主党の小沢代表は30日、党本部で中国共産党の李長春・政治局常務委員と会談した。


 出席者によると、小沢氏は、政治資金規正法違反事件で公設秘書が起訴されたことについて「不当な捜査だ」と検察を批判し、「私の主張はだんだん理解されてきている」と自信を見せたという。

 会談には、鳩山幹事長や山岡賢次国会対策委員長、中国共産党の王家瑞・対外連絡部長らが同席した。出席者によると、王氏が「いま、政治とカネが問題になっているが、民主党は本当に政権交代を実現できるのか」と質問。小沢氏が気色ばみ、李氏が「古い友人だから、そういうことも聞いただけだ」と取りなす場面もあったという。

(2009年3月31日07時23分 読売新聞)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

… ↑これらは …何なんですか~ッ? (今までもかくれてやっていたのでしょうけど)中共が直接的に【命令】するって? 特に上の中国でのニュース動画はショックでした  おとなしく座って李長春・中共中央政治局常務委員の話を聞いている日本メディア関係者の顔を見てください。 背筋がゾ~ッとしました。

フランスのみっともなさを見てください。 でも日本はそんなもの当の昔に通り越しています。





 
FC2カウンター 
ブログランキング
ブログランキングバナー
【おうちラジオ】ぶっちゃけトーク(1時間版)
なおことまるこ。 時々ゲスト❤
【おうちラジオ】大人のためのカフェ・タイム
まるこがひとりでお喋りしてます♪
【おうちラジオ】ヲシテで探ろう やまとのことのは
わが国には、漢字以前にヲシテという大和言葉に対応した文字がありました。私たちの日本語の源に触れてみませんか? ヲシテを研究していらっしゃるびーちぇさんの解説です。
【おうちラジオ】英語版
【おうちラジオ】って何?
くらしの延長上に政治がある。
「政治」ってちっとも特別なことじゃない。「政治を語らずに政治を語る」をモットーに❤楽しく可笑しく、でも真面目。身近なことから国家まで、いろいろ、ぶっちゃけ、お喋りしてます♪
家事をしながら、一服しながら、どうぞお聞きくださいませな。