2008/07
≪06  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   08≫
チャンネル桜 
YOUTUBEチャンネル
最近の記事 
最近のコメント    
カテゴリー 
リンク 
プロフィール 

まるこ

Author:まるこ
★生活の延長上に政治がある。在仏★ 

最新トラックバック
メディアリテラシー


The Global Warming Swindle(地球温暖化詐欺)

http://video.google.com/videoplay?docid=-642469597858991670&hl=en

http://video.google.com/videoplay?docid=-3254620128315043053&q=&hl=en

http://video.google.com/videoplay?docid=8486751216888618909&q=&hl=en

http://video.google.com/videoplay?docid=-8733072493656166413&q=&hl=en

http://video.google.com/videoplay?docid=4354818942774262279&q=&hl=en

ここで登場する国際連合の、気候変動に関する政府間パネル(IPCC)…いったい国連とは何なのでしょう? 中華人民共和国なども含まれている国連人権理事会、フェミニズムの最先端女史差別撤廃委員会…国連がまともに機能していないのは今更指摘するまでもないことですが、上記のビデオを見ても「また国連か…」の感想しかありません。日本はこれにより支那のCO2排出量を買わなければならない破目になるのでしょうか?
日本は米国についで国連負担額が大きい。米国は滞納しがちのことですので、実質上日本が一番負担しているのでしょう…我が国は、自分を襲ってくる妖怪をわざわざ育てているのです。

それにしても、プロパガンダ、プロパガンダ、プロパガンダ…日本国内の『閉ざされた言語空間』だけでなく世界的に意図的に操作された言語空間の中に私たちは生きているのですね。ここでナチスのホロコーストについての言葉もチラリとありましたが…改めて恐ろしいことです

この世に100%確実な情報は存在しない…それを認識するということは、足元の地面が崩れ落ちるような不安感です。でも私たちはその不安定さを抱えて生きていかなければならない。

メディアリテラシー=メディア(テレビなど)の発信する内容が、構成されたものであることを意識し、読み解く能力。

これだけ情報が溢れ返っている現代社会で、常に情報を疑ってかかるのは結構疲れる…でも最近は慣れたかな? 例えば支那情報でキレイな話題(例えば北京の高級ホテルは予約で一杯ですとか…)は、聞き流していて頭から信じていない自分がいて、自分でもちょっとビックリ


それから環境活動グループに多くの共産主義者が入り込んでいる…って、この20世紀の妖怪『共産主義』とは一体何なのか…彼らのしつこさしぶとさに心底ウンザリ。 

スポンサーサイト


 
しゃぶしゃぶ? 韓国料理???


雑誌「Asia」No4に紹介されていたパリの韓国料理レストラン。

「…(略)…昨年12月より韓国・日本料理レストラン“Gaya”開店…(略)…韓国の伝統にのっとりとても温かくお客を迎えてくれる…(略)…Le cha_bue cha_bue は韓国鍋料理である。魚介類、薄く切られた肉、多種にわたる野菜で、これらを多様なソースをつけて食べる。量も2~3人分とたっぶりしており、この店のスペシャリテである…(略)…その他に牡蠣のキムチ漬、豆腐…(略)…その晩も沢山のコリアンが集まっていた。パーク氏は辛口ソースで食べる蒸魚介類料理、hemoul-zchim と、野菜、海老、魚の天ぷら盛り合わせ料理、le ma-deum-jeonを出した。何て繊細で美味しいのか! 食後にシナモンと生姜をベースにしたアルコールなしの飲み物も、超美味しい! 」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Le cha_bue cha_bue……こっ、これは…「ル・シャブシャブ」…「しゃぶしゃぶ」に読めてしまうのですが? …韓国鍋料理…って…私が神経質になり過ぎですか??? …実は似たような名前の韓国鍋料理が存在する???  



 
「週刊現代」が全面勝訴


小沢の「隠し資産」暴いた「週刊現代」が全面勝訴
2008年7月号 [ディープ・インサイド]

新聞・テレビはほとんど報じなかったが、政界動乱の主役である民主党の小沢一郎代表にとって大きなダメージとなる判決が6月4日に下った。いわゆる小沢氏の不動産問題を取り上げた「週刊現代」の記事で名誉を毀損されたとして、小沢氏と民主党が講談社と著者の長谷川学氏らを訴えていた。その控訴審判決で、東京高裁(柳田幸三裁判長)が「記事は真実であり名誉毀損に当たらない」として1審の東京地裁判決を支持。小沢氏側の請求は棄却され、講談社側が勝訴したのだ。

週刊現代(06年6月3日号「小沢一郎の“隠し資産”を暴く」)は、小沢氏の政治資金管理団体「陸山会」が都内などにマンション10戸、6億円以上(その後、さらに買い増しして現在は10億円超)を所有していることを調査報道で明らかにし、その全てが小沢氏名義であることなどから、小沢氏の実質的な「隠し資産」ではないかと追及。この記事に小沢氏は「『絶対に許さん!』と激怒した」(民主党関係者)という。

その怒りの背景には、この問題が自らの致命傷になりかねないとの恐れがあったようだ。実際、記事が出てから約半年後、政治家の事務所費問題にからめて新聞・テレビが小沢氏の不動産問題を一斉に報道。国会でも大問題となり、小沢氏は弁明に追われた。そして昨年、政治資金規正法が改正され、政治資金管理団体が新たに不動産を所有することが禁じられた。追い込まれた小沢氏は「面倒だから不動産を処分する」と明言した。

「2年前、小沢氏はこの問題をマスコミに追及されてはたまらないと思ったはず。見せしめに週刊現代を告訴すれば牽制できる、と考えたとしても不思議ではない」(前出の関係者)

昨年1月に産経新聞がこの問題を新聞として初めて取り上げたとき、小沢氏周辺が「週刊誌を告訴したことを知らないのか?」と憮然としていたという話もある。

いまや「永田町の不動産屋」と揶揄されるようになった小沢氏は、控訴審で「不動産は陸山会のものだ」と主張したが、判決は「本件各マンションが陸山会のものであると断定することはできない」と切り捨てた。

小沢氏はいまだに約束した不動産の処分を実行していない。今後も小沢氏のアキレス腱になるだろう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

新聞・テレビはほとんど報じなかったが…新聞・テレビはほとんど報じなかったが…新聞・テレビはほとんど報じなかったが……… 



 
地中海連合構想VS自由と繁栄の弧


地中海連合構想とは、サルコジ大統領が外交の柱にあげる構想のひとつで、連合の目的は、平和維持・治安対策・地中海の環境保護・文明間の対話などで、移民問題・経済開発について協力を強化しようというもの。EUメンバーであるキプロス・フランス・ギリシャ・イタリア・マルタ・ポルトガル・スペイン(最終的にはドイツも入った模様)に北アフリカのアルジェリア・エジプト・リビア・モロッコ・チュニジア、中東のイスラエル・ヨルダン・レバノン・シリアで構成される。

それでサルコジ大統領、リビアのカダフィ大統領を招待して会談したり、国民の不快感を尻目に今回の革命記念日にシリア大統領を招待したり、またこの革命記念日TV中継をアラブ諸国まで広げたりしているわけですね。「アジアに対抗するため」と言っていました。まさかアラブ人が中国人みたいに一日10時間以上も働くと信じているのでしょうかね?(←私の感想)

サルコジ大統領は「ナポレオンの再来」とか巷で噂され、今回EUの首長にもなり(←これは順番制)、「この人真面目にナポレオンを目指しているな」と揶揄しておりましたが…まだまだ小さかった、実はローマ帝国の再現を目指している? 本人の理想はナポレオンではなくてセザール(ジュリアス・シーザー)だった~ッ!!!!?

そのためには多少(?)人権問題があろうと何のその、リビアだろうがシリアだろうが平気で手を組む、「人権の国・フランス


翻ってわが日本、前安倍政権の提唱した『自由と繁栄の弧』構想。現在福田政権で頓挫中ですがこれは素晴らしい理念・価値観で繋がる。サルコジ大統領の地中海連合構想に対応するのは『東アジア共同体』構想。これはご近所というだけで価値観も何もみんな無視してまとまろうという構想ですね。金のためなら何でもあり構想。

あるモヤモヤとしたものがある。そこに名前を与える『自由と繁栄の弧』 …名を与えて初めてそれが具体的な形を現す。この命名をした安倍麻生コンビ、凄いですよ。名前を得たこの構想は、今は頓挫していようとも、もう既にそこに存在しています。金(欲)を超えた理念。後はそれを選択するかしないかだけ。東アジア共同体…今までこれしかありませんでした。日本の孤立化を防ぐためにはこれしか選択筋がないのか?の諦めの境地、消極的賛同…でも今は違う。あるんです、それに変わるもっと素晴らしいものが。日本の国柄に馴染み、国民として積極的に賛成できる構想が…私たちは既にそれを知ってしまっているのです。

私は夢想します。ODAなどの海外援助金を一度全部ストップしてしまって、『自由と繁栄の弧』理念に合致した国に、一つずつ慎重に審査した後援助を開始する。その援助も惰性になってはいけない。常に厳しい目でチェックする。チベットやウイグルなどの亡命者を受け入れ、資金援助していく(もちろんスパイ防止法などを完備して彼らを守る)…こういう厳しく地道な行動によって、我が国は国際的に信頼を得るだろうし、この究極の目的は、結局は自分自身、日本を守るためです。私は偽善が嫌いです。はっきり言います。同情して他人(他国)のためにやるのではない。自分のためにやるのです。情けは他人のためならず。

もう一度繰り返します。日本は文明的にも一国文明で孤独ですが、孤立しているわけではありません。キリスト教文明国でまとまったEUや地中海連合に対抗しうる、イヤ、それを超える、日本の国柄にマッチした素晴らしい理念があるのです。
  



 
7月14日


フランス、7月14日…言わずと知れた革命記念日。

今年は他欧州諸国アラブ諸国まで広げて中継です。4000人の兵士が軍事パレードに参加


招待した40人の外国人指導者たちの前で、7人のパラシューティストがコンコルド広場に着地。

TVでは朝から軍隊の各部隊の兵士の訓練風景などを流してました。日頃苦しい訓練に明け暮れている兵士達にとってこの日は一年に一度の晴れ舞台なのでしょうね。もちろん戦車なども行進し、子供たちに触れさせたりもしています。サルコジ大統領が「勇敢な素晴らしい兵士達です」とコメント。

軍事パレードって、国内的には「あなたたちはこんな素晴らしい軍隊によって守られているのですよ」とアピールすることなのですよね…。
ここには日本の在仏大使も招待され参列しているはず…どういう思いで眺めているのでしょう?

日本でだったら建国記念日ですか? 建国記念日ではちょっと意味が違うような気がしますが、戦前は軍事パレードはやっていたのでしょうか?

自衛隊の方々、日々苦しい訓練に明け暮れているのでしょう。一年に一度こういう晴れ舞台を作ってあげたいです。もちろん今でも一般国民に公開というのがありますが、そうではなくて、国を挙げて大々的に「誇りと感謝」の大パレードです。フランス軍兵士たちの誇り高い嬉しそうな顔を見てください。大体彼等は普段でも街中を軍服で歩いています(ウチの近くに基地がある)……生真面目に頑張っている日本の兵隊さんにも同じような気持ちを味わってもらいたいです 



 
移民1000万人?/追加映像あり


EU共通の移民対策をとることを決定

14人の不法移民がスペイン沖で死亡

南アフリカ、ジンバブエの移民難民と衝突

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
不法移民問題が以前に増して大きくなっています。 ギリシアにも、イタリアにも、トルコにも…小船で死ぬ覚悟でアフリカ人がやってきます。アフリカの中では比較的治安が安定している南アフリカには今隣国ジンバブエから大量の移民難民が押し寄せ、仕事を奪われると歓迎しない南アフリカ人が暴動起こしたりしています。
…フランスでの不法移民取締りはますます厳しくなっています。それでも津波のように押し寄せてきます。

「これはEU全体の問題だ。移民対策は各国が一致してやらなければならない」…ということで今回「移民対策条約」にEU各国が合意しました。
(実際イタリアの移民対策が厳しくなると不法移民がフランスに流れてきたりしていた)

ある大臣曰く「勉強して高度な技術を持ったら国に帰って自分の国のために役立てるべきだ」…アルジェリアの例では国費で2万人もの留学生を欧州に送り、そのほとんどが帰ってこなかったといいます。

私は「ゲルマン民族の大移動」を連想します。でも、いかんせんアフリカ人は「個人」の集合体であり、ゲルマンのように国を挙げて移動しているわけではない。 それ故政治的に「国」の中枢が他民族によって潰されるという危険はないようにも思えますが…とにかくこれが欧州の現状です。もともと大陸国家で、民族間の移動はずっと自由である欧州の、労働者不足からアフリカ移民などを大々的に受けいれてきた欧州の現状です。

翻って我が国は? これだけ失敗例があるのに何故今「移民」なのか? また移民を受け入れれば一番多く来るであろう(実際来ている)支那人は、良くも悪くもアフリカ人のように「個」の集合体ではない。支那という大きな政治意志を持った「国」の末端です。

日本はそれでも恵まれている。外国人の玄関口が空港(海)港に限られているからです。管理しやすい。…それなのに、何を好んで我が国から積極的に受け入れなければならないのか? 労働者人口不足ならまず日本人が子供を産みやすい環境を整えるべきです。


だいたい江戸時代の人口が3000万人で、これで自給自足できる人口の限界で、明治時代に6000万人になった時政府は海外移住を奨励している。

これからは単純労働はロボットなどに任せることができるようになるだろうし、何でそんなに人口減少がまずいのか、私にはよく理解できません。
一時年金などの関係で苦しい時があるでしょうが、それを乗り越えればもっとゆったりと暮らせる時代が来るような気がするのですが…。

私としましては、少数先鋭、イスラエルみたいにハリネズミ状態でしっかりと日本(人)を守ってもらいたい。むやみに『日本人』を増やす必要はないです。


【参考】日本人と彼の国からの移民は外見上見分けがつかない。これは欧州のアラブ系アフリカ系移民問題より数段危険です。

【追加】移民、トルコの場合

多くのアフリカ人がトルコに逃げてくる。溺れ死ぬ者もいる。送り返されるでも国に入れてくれるでもなく収容所に入れられている。…ある街は移民で溢れ返っている…。赤ん坊連れて決死の覚悟でやってくる…って、アフリカは一体どうなってしまっているんだ?(←私の感想)

なお、政治亡命者に関しては、自由主義を推進するという意味で日本は寛大に受け入れるべきだと思っています(現在、政治亡命者に対して日本政府は非常に厳しい)
  



 
サルコジ大統領、五輪開会式出席


仏大統領、北京五輪開会式出席へ 中国に配慮
2008.7.5 10:20
北京五輪開会式に出席する見通しのフランスのサルコジ大統領(AP=共同)北京五輪開会式に出席する見通しのフランスのサルコジ大統領(AP=共同)

 【パリ=山口昌子】仏ルモンド紙が4日発行で報じたところによると、サルコジ大統領は7日から開幕する主要国首脳会議(北海道洞爺湖サミット)の際、中国の胡錦濤国家主席との会談で、8月8日の北京五輪の開会式に出席することを決めたと表明する。また、8月に訪仏するチベット仏教最高指導者、ダライ・ラマ14世とも会談する予定だが、会談場所はエリゼ宮(仏大統領府)ではないことにも言及するなど、中国側に一定の配慮を示すという。

 エリゼ宮(仏大統領府)筋は同日、肯定も否定もしなかったが、大統領に近い国民運動連合(UMP)議員らも五輪開会式に出席するもようだ。大統領は中国側とダライ・ラマ側の対話を出席の条件の1つに上げていたが、公式協議が1、2日の2日間、北京で、1年ぶりに行われた。

 これまで、サルコジ大統領は開会式の出欠に関して、サミットの際に表明するとも言明していた。

 欧州ではメルケル独首相やブラウン英首相らが開会式を欠席するが、ロンドンが次期夏季五輪の開催都市のため、ブラウン首相は北京五輪の閉会式には出席する。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「サルコジ大統領は絶対五輪開会式出席するよ」が我が家の予想でしたから、別に驚きません。「当たり~ッ」ですね。 サルコジ大統領はこの7/1からEUの首長でもありますから、中共側としましてはドイツやイギリス首相が出席しなくても痛くも痒くもないのではないですか?

逆に中共の駆け引きの上手さに感心します。これこそ4000年の歴史でしょう 他国も聖火リレーデモしたのに、何故不買運動などで攻撃されたのかフランス一国に絞られたのか? …フランスの言動が「揺れた」からでしょう。ドイツはメルケン首相があれだけハッキリした態度をとっているのにもかかわらず支那とのビジネスは好調とのことです。

我が国の言動は、中共側としてはゲームの面白みがないほどに「揺れ」まくっていますから、フランス以上に恥ずかしくてあまり非難できません 
  



 
ゲリラ組織ファークの人質解放


コロンビアのゲリラ組織ファークの人質になっていたフランス系コロンビア人イングリット・ベタンクールさん他15人がコロンビア軍隊により6年ぶりに解放

コロンビア軍隊の特別作戦「チェック」、ファークの兵士に変装したコロンビア兵が、人質監視兵に「人質を集め南部に移動させる」との偽命令を出し、15人を連れ出したところでヘリコプターで脱出。まだ数百人単位の人質がいるので救出作戦は続ける。フランス外務大臣はコロンビア大統領に感謝。フランスはこの救出作戦に直接関わってはいない。フランスがこれを知ったのはコロンビアTVがこれを報道するわずか15分前だった。
コロンビア大統領は「一滴の血も流さず一発の発砲もなく」この任務を遂行した自国軍隊を褒めた。
イングリットさんは「家族とともに戦ってくれた」サルコジ大統領、外交的に難しい時に手を差し伸べてくれたシラク前大統領に感謝した…。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今フランスではこのニュースでもちきりです。パリにはずっと彼女の写真の垂れ幕がかかっていました。とにかく良かった。イングリットさんが、「誰かひとりにだけ感謝するとしたら誰に感謝しますか?」とTVアナウンサーに聞かれて「神様にです」と言っていました……日本の北朝鮮拉致被害者が一日でも早く救出されることを願っています! 彼らが「神様に感謝できる日」が近い将来に来ますように…。  



 
身分証明書


日本の若者は既に自動販売機を欺く方法を見つけた


日本ではパンでさえも自動販売機で買うことができる。しかし未成年禁止商品に関しては政府は常に頭を悩ませてきた。"Pink Tentacle" ブロガー氏は既にある日本人が年上の人の写真を使って、タバコ自動販売機のスキャナーを騙す方法を考え出したと言っている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こんなのあるんですか? 感心どす~ぅ

だけどそんな機械造っている余裕があるんだったら、国民全員に身分証明書を作って常時携帯を義務付ける方が先だと思います。これだったら、在日コリアンや他の外国人に「差別だ」と言われることもなくなるでしょうし、真っ当な日本人にとっても、例えば銀行口座を開ける時など、運転免許証か保険証くらいしか身分を証明できるものがない現状よりはずっと楽になると思います。指紋押捺? 別にやましいこと何もしていないのですから「どうぞどうぞ」です。ちなみにフランスでは全員身分証明書常時携帯義務付けられていますし、作るとき指紋も取られます。
タバコ自動販売機だって、実際の顔と顔写真付身分証明書のダブルスキャンで完璧です…しかしそこまでやるのだったら、タバコ自動販売機は禁止して昔ながらのタバコ屋さんを復活させ、おばちゃんと直に顔合わせて買ってる方がず~っと人間的だと思いますが、ねぇ


参考★「指紋押捺」
 



 
FC2カウンター 
ブログランキング
ブログランキングバナー
【おうちラジオ】ぶっちゃけトーク(1時間版)
なおことまるこ。 時々ゲスト❤
【おうちラジオ】大人のためのカフェ・タイム
まるこがひとりでお喋りしてます♪
【おうちラジオ】ヲシテで探ろう やまとのことのは
わが国には、漢字以前にヲシテという大和言葉に対応した文字がありました。私たちの日本語の源に触れてみませんか? ヲシテを研究していらっしゃるびーちぇさんの解説です。
【おうちラジオ】英語版
【おうちラジオ】って何?
くらしの延長上に政治がある。
「政治」ってちっとも特別なことじゃない。「政治を語らずに政治を語る」をモットーに❤楽しく可笑しく、でも真面目。身近なことから国家まで、いろいろ、ぶっちゃけ、お喋りしてます♪
家事をしながら、一服しながら、どうぞお聞きくださいませな。