2007/12
≪11  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   01≫
チャンネル桜 
YOUTUBEチャンネル
最近の記事 
最近のコメント    
カテゴリー 
リンク 
プロフィール 

まるこ

Author:まるこ
★生活の延長上に政治がある。在仏★ 

最新トラックバック
外国人参政権付与反対!


私たち日本人は『国際化』という言葉に弱い 『日本は遅れている。外国では~』という言葉に弱い。外国とはこの場合欧米を指しているわけですが…。

さて『外国人参政権付与』についても『外国では~』という主張があると思います。普通の人だと「そうなのかなぁ」と反論できないのではないでしょうか? 私も全体としてはどうなっているのかずっと知りたいと思っていました。ここに回答がありました

現在何らかの形で在住外国人に参政権を認めている国は、北欧やEU加盟国、英連邦諸国などせいぜい20数ヶ国に過ぎない。ちなみに国連加盟国は現在192ヶ国ある。(『明日への選択』12月号)

192ヶ国中わずか20数ヶ国!

しかも、これらの諸国が外国人参政権を認めたのは、外国人労働者の権利保護や社会統合の必要などの特殊事情や歴史的背景があってのこと。例えばEU諸国では「国家統合を目指すヨーロッパ連合(EU)諸国内に限り、相互主義のもと、自国に居住するEU加盟国国民に対して、『連合市民権』としての地方参政権を認め合っている。…地方参政権もEUという国家連合つまり緩やかな形で形成されつつある新しい形の『国家』の『国民』たる連合市民に与えられた権利として見るのが当たっている」(百地氏談)

192ヶ国中20数ヶ国、この数字を皆さんよく憶えていて下さい! 

追加★私たちが『外国より遅れている』の『外国』とは無意識の内に『欧米』を指しています。我が国より進んでいると思われている『見習うべき国ですね。でも『欧米』とは何ヶ国あるのでしょう? 世界全体の国々の中の何ヶ国なのでしょう? 相対化すること。自分が全体の中でどの辺りに位置しているのか客観的に眺めること。これはとても大切なことです。  

スポンサーサイト


 
相対化するということ


日本ではどんなニュースをやっていますか? フランスではサルコジ大統領の動きは当然として、国際問題として中東問題、イスラエル問題、イラン問題が連日報道されています。

アメリカはイランを攻撃するつもりでしょうか? イラク戦争の時、私は自衛隊の派遣に賛成しました。今でも日本としてはそれしか方法がなかったと思っています。そして自分の意志で行動できるようできるだけ早くアメリカから独立してほしいです。

イランはイスラムのシーア派が治める国であり、もしアメリカがイランを攻撃したら世界中のシーア派が立つでしょう。それでアメリカも躊躇しているとのことです。イラクのサダム・フセインはスンニ派でした。いわば少数派が多数派を押さえていました。それにしてもアメリカの、ほとんど言いがかりとも言える主張を聞いていると…どこかで見たことありませんか? この光景。デジャ・ヴです。イラク戦争ですか?…もっとずっと前。そうです、大東亜戦争です。今のイランが当時の日本に重なります。何が何でも日本を戦争に引き込もうとしたルーズベルト大統領。

イラクのフセイン政権は独裁政権で、それなりに「アメリカも何だけどフセインもな」という感じでしたが、イランは違う。アメリカ型ではないけれど民主主義的で、選挙もあり野党を暴力的に殺すこともない。民族衣装に身を包んだイラン人指導者たちは、現代日本から既に消えてしまった誇り高い武士を彷彿とさせます(いや、写真で見てるだけで本当のところは知りませんが、眼光鋭くカッコイイです)。

当時の日本と異なることは、当時は弱肉強食100%肯定で戦争を躊躇するような空気はなかったこと。日本にはイランのように石油資源がないこと。

今アメリカがやっていることを見てください。かの国がインディアンにしたことを見てください。…それなのに何故日本を相手にしたときだけ『正義』となるのですか? なぜイラクでこんなに苦労している『民主化』が日本では成功したのですか? 本当にアメリカが無理やり天皇専制国家だった日本を民主化したのですか? 

未だに「日本が悪かった」と信じている人、日本の戦争を相対化してみてください。なぜ日本の戦争の時だけアメリカが『正しかった』になるのですか? 民族のメンタリティというのは良くも悪くも変わらない、変われない。同じ事を繰り返す。同じ過ちを繰り返す。

我が国に関して言うならば、我が国の過ちは戦前も戦後の今と同じように弱腰甘ちゃん外交をしていたということ。同じなのです。戦前も今の日本国憲法が言うように、基本的に『他国の善意』を信じていたのですよ。だから追い詰められてしまった。

『相対化すること』 「日本兵は残酷だった」と非難し続ける人へ。戦争だから残酷なときもあったでしょう。でも他国の兵士の残酷さと比較してみてください。100%善とか100%悪とかはこの世に存在しません。単に割合の問題なのです。そのものを絶対化してそこだけを近視的に見つめるのでなく、グッと引いて、遠くから全体を眺めてください。他のものと比較してください。

『相対化すること』 これは物事を理解するのに非常に大切なことだと思います。


日本のTVは何を報道していますか? 中東問題は石油問題であり、原油の80%を中東に依存している日本の死活問題なのですよ。日本のTVは何を報道していますか?

湾岸戦争の時戦争が始まると同時にフランスへ来て、終わると同時に日本に帰りました。こちらと日本の空気の違いをもろに肌で感じました。今私は国内にいませんが、当時と同じ、変わってないと想像します。

イラン情勢を見ながら当時の日本を想って下さい。アメリカがどんな国が知ってください。そして我らのじーちゃんばーちゃんの世代の側に、日本人の側に立って世界を見てください。(アメリカ人と一緒の視線で分かった風に祖国を非難するなということです。 



 
外国人参政権付与反対 パリ郊外での暴動 映像


パリ郊外で起こった暴動について日本のTVではあまり報道されていないとのことですので、2つほど貼っておきます。

フランスのニュース番組から。仏語。天気予報の後に取り上げられています。まだ最初の頃なので怪我した警察官の人数が少ないです。


英語でのレポート。

彼らはフランス国籍を持ったフランス人ですが、外見上良くも悪くもフランス人と混じることはありません。それに対して我が国の在日○○外国人、そして帰化した○○人、ついでに中韓人も、見た目は日本人とまったく同じです。これは問題をより複雑にします。

国内での彼らによる犯罪も、外から見たらみんな日本人がしているよに見える。もともと中国朝鮮半島に弱い政府で、今以前よりは新聞などの事件報道に実名が書かれるようになったみたいですが、これで外国人参政権付与・人権擁護法案が成立してしまったら彼らの実名報道はドーンと後退するでしょう。福沢諭吉「脱亜論」が非常に説得力を持って感じられます。

日本は当時も彼らに対して優しかった。同じアジア人という意識があったのでしょう。それでどうなったか。軍部が暴走したとのことですが、でも民衆は軍部を支持していました。政府の弱腰外交に頭にきていたのですね…その気持ち、今分かります。この民衆の鬱憤を押さえつけておくと危ないことになりますよ。歴史は繰り返す。

彼らは一度握った権利は絶対に手放さないでしょう。一度与えたものを取り上げようとすれば、弱者虐待で、国連人権委員会から何から総動員して叩かれますよ、日本は。彼らは差別特権と金と権力を持っている。

「日本の問題は?」と聞かれてサッチャー女史は「民主主義国家、自由主義国家が日本一国しかないこと」と答えています。冷戦時ソ連共産主義との情報戦で、欧米は各国が協力しあって戦えた。国家反逆罪、スパイ防止法などの法律が整備している彼らの国…それでもハニートラップやらでのスパイ事件は後を絶ちませんでした。

それに対して我が国は? スパイ防止法すらありません。そしてただ一国で戦わなければならない。中韓2国が同じ一致した捏造歴史を騒がしく主張すれば、海外の普通の善男善女は、彼らの方を信じるでしょう…。かの国は今も、そしてこれからも更に海外に出ている自国民を使ってプロパガンダをするでしょう。もう冷戦は終わり、基本的に安全な立場であり、人権などに敏感な白人は表面だけ見て日本叩きをするでしょう。

…我が国は冷戦時の欧米と比較して数段に不利で危険な状況にあるのです。戦前我が国は強かった。それでも中国との情報戦に負けました。現代日本はどうなるのですか? 外国人参政権付与・人権擁護法案・女系天皇容認…すべて根は一緒。 我が国を亡国へ導く『悪魔の3点セット』です。

何度でも言います。彼らは同じ顔をしている。弱者特権があり、金があり、それを使って政治家・官僚・企業のトップなどを取り込み、既に権力を持っています。この危険度は欧州の移民問題の比ではありません。




中国と対等外交政策をとった聖徳太子、「脱亜論」の福沢諭吉…彼らがすごい身近に感じられます。彼らは偉かった…! 



 
FC2カウンター 
ブログランキング
ブログランキングバナー
【おうちラジオ】ぶっちゃけトーク(1時間版)
なおことまるこ。 時々ゲスト❤
【おうちラジオ】大人のためのカフェ・タイム
まるこがひとりでお喋りしてます♪
【おうちラジオ】ヲシテで探ろう やまとのことのは
わが国には、漢字以前にヲシテという大和言葉に対応した文字がありました。私たちの日本語の源に触れてみませんか? ヲシテを研究していらっしゃるびーちぇさんの解説です。
【おうちラジオ】英語版
【おうちラジオ】って何?
くらしの延長上に政治がある。
「政治」ってちっとも特別なことじゃない。「政治を語らずに政治を語る」をモットーに❤楽しく可笑しく、でも真面目。身近なことから国家まで、いろいろ、ぶっちゃけ、お喋りしてます♪
家事をしながら、一服しながら、どうぞお聞きくださいませな。