まるこのおぼえがき背景

まるこのおぼえがき

(旧)地球の反対側で愛をつぶやく

「万引き家族」と「丹下左膳余話 百萬両の壺 」

YOUTUBEで、たまたま偶然「丹下左膳余話 百萬両の壺 」を観た。

1935年の白黒映画である。

百万両の壺をめぐってのコメディで、観だしたら面白くて最後まできっちり観てしまった。声を出して笑った映画なんてホント久しぶり。

人を虐めて笑いをとるような今時のコメディとは全然違って、昔はホントに上品だったなぁ、と。

目が行ったのが、舞台は江戸時代で、武士も出てくりゃゴミ屋も出てくるのですが、そのゴミ屋の住んでる貧乏長屋が、スッキリときれいなんです。雑然としているんだけど薄汚れていない。

で、またゲーム屋の姐さんのところに引き取られた孤児の男の子が、(丹下左膳はここに居候している)、メンコの勝負に勝って友達から小判だかを貰うのだが(この小判はその友達が自分の親のを勝手に持ってきたもの)、それを見とがめた姐さんは男の子に「返してらっしゃい」と叱る。その子が返しにいくところでひったくられ、それをその(小判をくれた)友達の親にとがめられ、丹下左膳はその金を作って返そうと、そこでまた笑いが…。

これを見て、「そうだよね。日本人の親なら普通そうするよね」と納得。なんでそんなところに目が行ったかと言うと、先頃フランスの何とか賞を貰ったという「万引き家族」。実際に観ておらず、ネット上の批判他を読むだけなのだが。それによると現代の底辺家族が、孤児を引き取って、その子に生活のための万引きを教える、という話らしい。で、舞台、というか住んでいる家の中が薄汚いらしい。

これ、日本人の感覚じゃないと思う。

以前「ヤマカシ」というフランス映画を観た。これは、米国の病院で臓器を移植しなければ命が助からないというお金のない母子家庭の子供を救うために、建物の外壁を渡り歩いたりできるヤマカシたちがその技術を生かして、金持ちマンションに侵入し金目のものを盗んでいく、という映画だった。最後は無事手術ができてハッピーエンドというもの。

フランスではそれなりにヒットしていたようだが、日本人としては(?)、観ていてとにかく気分が悪い。。。最後は腕組みをして唸っていた。病気の子供を救いたいのは分るが、それだったらまず働け、といいたくなるわけ。そんなすごい技術があるんだったら、盗みの他にもっと建設的なことができるだろう、と。金持ちは金持ちで高慢で気分が悪いが、だからといって盗みが正当化されはしないだろう、と。

こういう発想は、日本人にはないのでは?

「万引き家族」で子供に盗み方を教える? ジプシーじゃあるまいし。日本人だったら、上記の丹下左膳を観てもらいたい。貧乏でも品があって情があってこざっぱりしていて。

スポンサーサイト
2018/06/26 [06:01]

ハリウッド映画

アガサ・クリスティー原作『オリエント急行殺人事件』の映画2017年版を見た。

ハリウッド映画を観る時、『女主人公、黒人、アジア人』を探せ!という癖がついてしまっている。しかし、さすがにこの映画は原作があり、それもひと昔前の有名な作品であるわけで、そう捻り様もないだろうから、安心して頭から消えていた。当時のオリエント急行列車一等車両の豪華なゆったりとした雰囲気をゆっくり眺めていたかった。

しかしやはりこの映画も『それ』から免れることはできなかった。1974年版ではショーン・コネリーの演じたアーバスノット英国軍大佐がこの2017年版では、ドクター・アーバスノットとなり黒人が演じている。この原作が書かれたのは1934年は昭和9年、戦前である。あの時代、黒人の医師がいたのだろうか?もしいたとしてもオリエント急行の一等車両に乗ることが許されたのだろうか?

乗客のひとりが人種差別的な発言をして、それに同じく乗客の女性がやり返す場面がある。「ワインの赤と白は別々に飲んだ方が美味しい。ね?マダム?」という問いに、テーブルに座っている女性は目の前の白ワインを赤ワインで割ってみせて、「ワタクシは、まじりあったロゼが好きよ」と答えるのだ。

何なのだろう。このシーンを見て黒人観客は溜飲を下げるのだろうか?映画一つぼんやりと見ていられない。あらゆるところにトラップは仕掛けられている。NO、たぶん昔からそうであったのだろう。ただ最近それが不自然にあからさまになったので私のようなシロウトでも見えるようになっただけで。それはそれでいいことなのかもしれないが。

ところでアジア人を探したのだが。雪かきをする労働者たちのひとりにいたような気がする。一瞬だったのでよく確認はできなかったが。それにしても豪華な映画に浸ろうとしていたのに、「アジア人を探せ!」とかやっている自分って何なんだろうと思う。

余談ではあるが、前作と比べて俳優陣の格が下がったものよ。前作のローレン・バコールなどと比較する方が酷なのだろうが、今時の俳優に貴族の傲慢な品格など醸し出せるわけもなく、どんなに着飾ってもそこらのねーちゃんにしか見えないところが何とも…。





2018/03/23 [13:50]

大いなる疑問

23分頃から。 ポーランド人は123年間も国を失っていて、にもかかわらずポーランド語を失わなかった。家庭で母親が自国の言語などを教育していた。





如何に過去の日本が凄かったか、知れば知るほど、今度は逆に、戦後日本人は、自分も含めてですけど、なぜここまでフヌケになってしまったのか?と不思議でしかたありません。 日教組教育など幾多の理由があるでしょう。 でもどうしても納得できる答えを見つけられないのです。

学校で日教組教育が行われて、じゃあ、親は何をやっていたのか?と。 家庭教育は? もちろん親が「あれは違う」と教えていた家庭もあるのでしょう。 でも全体的に見て。 親自身が「いままでのは嘘だったんだ」とコロリと信じてしまったのでしょうか????? ホントは信念なんて持ってなかった??? 焼野原で食べ物もなく生活に必死で忙しかった? ポーランド人は暇だったのかしら???

パラオでは、日本の敗戦後、米国統治下、学校では反日教育が行われていましたけど、親たちが「あれは嘘だ」と家庭で教えてくれていたといいます。

中国系日本人石平氏は、たしか子供の頃、文革の時代、父親に論語など「誰にも言ってはいけない」と注意されつつ、紙に書けばばれるので地面の土の上に書いて教えてもらったそうです。 終わったらすぐに消してしまう。 

じゃあ、日本人って何なのでしょうか????  今まで負けたことがなかったから知らなかっただけで、実は韓国並みの事大主義者ばかりだったのかしら???何でこんなに簡単に流される???  わからないわからないわからない。




2016/09/11 [02:48]

世界の女の子を支援する

こういうのってどうなんでしょう? 分からないでもないのですけど、う~ん。

知っていますか?世界の女の子に起きていること。

女の子だから

それだけの理由で、自由を奪われ、搾取され、命の危険すら感じながら声を
上げることができない女の子たちが世界中にいます。


ttps://www.plan-japan.org/girl/special/index_s.html


寄付したとして、ちゃんと使われているという確証はあるのですか?

これでも昔、フィリピンだかどこかの貧しい子たちの就学支援というので、月々1000円(くらいだったかな?)やってたんですよね~。 その子と文通ができるとか何とか…よく憶えてませんけど…結局1通くらい手紙来たかなぁ?

 
2015/12/03 [00:29]

日本人のバナナ化が止まらない

脳内白人の黄色人をバナナと言います。

白人がかつての植民地でやってきたこと。上流の娘たちは白人と結婚させて、彼女自身とその子供たちに白人の価値観を植えつけ、彼らを使ってその植民地を間接支配する。

ミャンマーのアウンサン・スー・チーさんなんかその典型。彼女の思考回路は白人そのものでしょう。

でも、これ、日本人もやられてますよね。 日本は植民地にならなかった、と自慢される方おりますが、実際は約7年に及ぶ占領期とその後の日本国憲法により、実は脳内植民地なのでは?

日本のエリートが行く留学先とは自ずとアメリカ、イギリス、せいぜいフランスあたり? アメリカの大学で経済学を学んできて、それが日本の経済を見るときの判断基準になっている … 要するに、これが「バナナ」ですよね。 バナナ一丁出来上がりっ! 政治家官僚…いるのはバナナと中韓工作員だけ?

「体育の日」、「スポーツの日」に変更を 馳文科相がネット番組で

明治の人々には「苦悩」があり「葛藤」がありました。 でも平成人にはそんなもの露程もないのでしょうね。疑ったこともない…。


ママが英語でヨガする間、子どもはホームステイ気分/東京・豊洲にオープンしたMY VILLAGEを体験








2015/12/01 [23:41]

scale

PAGE TOP
広告: