FC2ブログ
まるこのおぼえがき背景

まるこのおぼえがき

(旧)地球の反対側で愛をつぶやく

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- [--:--]

天理教と景観

奈良、山の辺の道を歩いた。

大神神社から始まって、石上神宮まで。

それから天理駅までひたすら歩いた。

天理教というと甲子園の天理高校くらいしか知らなかったし何の予備知識もなく、天理駅って駅名までついててどういう関係なんだろう?と不思議に思っていた程度。

で、歩いていると、道はまっすぐで広々とした街路樹並木道で、両側に、何というのか、巨大な神社風建築物が続いており、後でそれらは大学高校などの校舎であることが分かったのだが、ただただ圧倒され、その見事な統一感に恐れをなした次第。寮などもあるようだが、それぞれ駐車場も広く、とにかくすべての建物がキッチリときれいに、現代建築でありながら日本風に統一されている。

天理教がどういう宗教かとかそういうことは横に置いておいて、ただ一言「やればできるじゃん」と。

京都の景観は酷い。最近それでも以前より多少はマシになってきたような気もするが、とにかく酷い。京都駅が酷い。和蝋燭だかがモデルらしい京都タワーが酷すぎる。街並みが酷い。

京都駅ビルをなぜあんな建物にしてしまったのか。要するに、京都の神社仏閣の街並みに溶け込む日本的外観にしようという意志がなかっただけなのですね。だって現代鉄筋建築と伝統的外観の共存は可能なんだもの。やる気がなかっただけなんだ、と。今までの、先人の遺産で食べていっている街なのだろうに、…。

地方に行くと、海辺の巨大なリゾートホテルで、でも白い壁に茶色だか灰色だかの屋根をつけているだけで周囲の緑の景観にきっちりと溶け込んでいるのを目にすることがある。現代建築の四角白壁だけではどうにも見苦しいものが、焦げ茶色の屋根をつけただけで、眺めていて心地よい。ほんのちょっとの気づかいなのだろうが。



スポンサーサイト
2018/05/18 [21:53]

森の防波堤プロジェクト

あまりに気がめいるニュースばかりですから、たまには明るい記事を。

前にも一度挙げたと思いますが、 いのちを守る森の防波堤プロジェクト

尊敬する宮脇昭先生主導による雑木林の防波堤!

これでしょ? 日本人としてのあるべき発想とは。 巨大堤防なんかではなくて。 自然の脅威と、防波堤で真っ向から対峙するのではなくて、柳のようにしなやかに力を分散させてやり過ごす。 普段は森林浴のできる人々の憩いの場。地球温暖化防止にも一役買えるし。

これ、東北だけでなく、東京都内でも、日本中ですべきプロジェクトでしょ? 宮脇先生曰く。3mの幅があれば森は作れる。3mx3mあれば小さな雑木林が作れる。 こういうところに税金を投入してほしい。こういうのを国家強靭化プロジェクトのひとつに入れてほしい。雑木林は動物だけでなく、私たちの憩いの場。 これからますます高齢化社会になっていくようだし、地球温暖化もますます進むようだし。暑さ除け、空気の清浄化、森林浴、散歩途中にほっと一息… 百利あって一害なし。

もうさ、こういうの、やめてほしい。 発想がおかしい。 軍艦島は朝鮮の捏造まで受け入れてまで世界遺産登録にしゃかりきになって、なのに、こういう日本本来の、でも観光客を呼びにくいようなところはどんどん潰していって平気な感覚。ホントに日本人なのか?と思ってしまう。

こういうところ、悔しいけど、フランスを見よ、ヨーロッパに習えと言いたい。なんで悪いところを真似ていいところを真似ない?

日本人に戻ろうよ。… 神社の鎮守の森もほとんど残っていないそうだけど、今からでも遅くないからやり直そうよ。 明治政府は明治神宮の森を作ったんですよ、何もない更地に。あれは人工林。その恩恵を今の私たちは受けている。東北の「いのちを守る森」も100年後1000年後の日本人のためのもの。

未来の日本人は私たち戦後日本人をどう評価するか?

平成の日本人は、慰安婦問題で昭和の先人を、軍艦島世界遺産登録問題で、明治の先人を貶めている。利権だか何だか知らないけど。 未来の日本人(つまりは私たち)のためにこんなにまじめに頑張ってくれていた先人たちを。





ああ、結局最後は暗くなってしまった・・・。













2015/07/14 [06:06]

scale

PAGE TOP
広告:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。