2017/04
≪03  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   05≫
チャンネル桜 
YOUTUBEチャンネル
最近の記事 
最近のコメント    
カテゴリー 
リンク 
プロフィール 

まるこ

Author:まるこ
★生活の延長上に政治がある。在仏★ 

最新トラックバック
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 
Airbnb 民泊
民泊の大手、Airbnb。

で、フランス、パリのホテル業界が大打撃を受けているとの報告ですが。

民泊の不都合な真実。フランス宿泊業界関係者が緊急来日で悲痛な訴え

今日のニュースでまた別の問題が。 この会社、本社はアイルランドにあるのですね。 で、フランスで、というより全世界で、日本でも事業展開しているわけで、それでもって現地の宿泊業界を圧迫しているわけですが、…でも税金、全然現地に落ちないって。税率の低いアイルランドでは、当然税金を納めていますが、大打撃を受けているフランス国にとっては一銭の利益にもなっていない。一方的に破壊されるだけ。

日本の安倍政権、もう合法化したのでしょうか? 民泊。 泊まる方にとっては安くていいかもしれませんが、結局のところ宿泊業界を破壊され、挙句に税収もゼロでは、日本国にとって何もいいことないですよ。




スポンサーサイト


 
国民戦線
票数は伸ばしたとはいえ、今回の地方選挙全敗は痛いですね。

国民戦線(FN)は、日本のいわゆる市町村レベルでは結構議席を持っているのです。ですが、今回のは、いわゆる県知事選。ここが全敗だったわけで。 この次はいきなり約2年後の大統領選。今から、他の政党は『反国民戦線』で団結しようとしていますから、たとえ最終候補に残ったとしても大統領は無理でしょう。 全体の約1/3の支持者はいる。 でも残りの雑多な政党2/3がまとまれば永遠に勝つことはできません。 これも小選挙区制というのか何というのか知りませんが、要は半数獲得した方が勝ちなのですから。 

今回一県でも勝って、その政策でうまくやれることを見せることができたら、それは巨大な堤防の蟻の一穴になっていたでしょう。例え国民戦線が第一党となったところで、まさかまさかの大統領が生まれたところで、EUという枠がある以上フランスのみでどうこうできるとはとても思えませんが … それでもね…。 余談ですが、今回極左政党全滅でした。 そして今、ちょっとしたことでマリーヌ・ル・ペン女史が非難されていますが、他政党もメディアも、攻撃する糸口を虎視眈々と狙っているのですからわずかな隙も許されない。

日本の「次世代の党」や「維新政党・新風」も、いきなり国政を狙うのではなくて、まず市町村の足場を固めていってもらいたいです。だってもう市町村レベルでボロボロですから。 そして都道府県知事、それから国政へ。 戦略として地道に足元からやっていってもらいたいです。 そして国民戦線同様、メディアは普段スルーするくせに、何かちょっとしたきっかけさえあれば攻撃する準備はできているのですから、これまた同様、わずかな隙も見せてはいけません。「次世代の党」員もそういう戦いなのだと認識してほしいです。何か見ていて、わきが甘いというかおっとり隙だらけな感じがするのですよね…。

国政もそうですが、国政以上にサヨクってボロボロなのが地方や市町村、単に危機意識のないお花畑だけなのか? とにかく、国政がしっかりしたところで末端の市町村レベルで議員や役人が好き勝手なことやってしまったら何にもならない。結局最後は人間、人、ひとりひとりなのですから。





 
国民戦線全敗
フランス地方選、「極右全敗」でも残る不安

↑ 適当に見つけた東洋経済ONLINEから。何なんでしょうね、このタイトルのつけ方。

マリーヌ・ル・ペン女史率いる国民戦線党は、オランドの社会党とサルコジの共和党の、国民戦線潰しの共闘により全滅。しかし得票数は前回の3倍の伸び。社会党が議席を失って、共和党が伸びました。 私のいる地方は左翼色が強いのですけど、それでも国民戦線、票を伸ばしています。

国民戦線の支持率は約30%で、いわば全体の1/3。これに対して残りが、共和党、社会党その他もろもろの左翼政党で、彼らが国民戦線潰しに共闘すれば勝てるはずありませんね。でもこの1/3は一枚岩で、確実に増え続けているのは確実です。 支持政党分布図を見ると、やはり移民問題や失業問題を抱えている北部やマルセイユなどの南部が多い。要は現実にそういう問題に対峙している地方ということで…。

メディアを眺めていて思うのは、必ず「極右政党」という枕詞をつけるとか、結果が分からないうちから「強い地方でも敗北する」だとか、とにかく批判的なのですが、それでも報道するだけマシかと…羨ましい。 …日本の「次世代の党」、どこか報道してくれていますか? 日本のメディア。 どんなに批判的であろうとも、報道さえしてくれれば、分かる人はネットで調べてみたり、とにかく動く。
だからフランスにはまだ希望がある … 移民難民問題がここまで大きくなってしまってそれ自体の解決は、たとえ国民戦線が第一党になってももはや手遅れとは思ってますが … でも、それでも国民戦線が第一党になる可能性はあります。

どれだけ日本のメディアの罪が大きいか、比較していてよくわかります…今の日本の問題、メディアの報道さえ変わればすべて解決するのでは、とも思えるくらいです。






 
第2回選挙はどうなるか?
さてさて、国民戦線の大躍進を受けて、他政党は大慌て。 

早速うちにも署名メールが。 これは一般人(?)が立ち上げたもののようですが。

曰く、国民戦線は一枚岩のブロックなのに対して、他の政党がそれぞれ候補者を立てていたら票が分散して結局負けてしまう。この際、イデオロギーは横に置いておいて、国民戦線を勝たさないために、統一候補を立てて票をまとめるべき。これを各政党に訴えよう!

メディアが、国民戦線をいう時は、必ず「極右政党」という枕詞をくっつけて、世論を誘導しようとしているのに、さすがのフランス人も現実を見るようになったか … ある意味、目の前の現実がメディア報道を超えてしまったということですね。

さて、今週の日曜日。どうなることやら? (第2回目投票は、今回の選挙で残った上位政党の中で選ばれるのです)

今回投票率は50%。 「とにもかくにもまず投票へ。(でなければ「国民戦線」になっちゃうぞ)」と訴えておりましたね。











 
フランス極右政党が記録的得票
フランス極右政党が記録的得票、パリ同時テロ以降初の選挙
【AFP=時事】130人の犠牲者が出たパリ(Paris)同時テロ事件で宣言された非常事態が続くフランスで6日、地方選挙が行われ、極右政党の国民戦線(FN)が記録的な得票率を達成した。

 同党の全国での得票率は27.2~30.8%と推定され、全13地域圏のうち少なくとも6地域圏で首位となる見込みだ。

 停滞する経済に対する有権者の怒りと、欧州の難民危機に関連した治安に対する不安をとらえた同党のマリーヌ・ルペン(Marine Le Pen)党首(47)と、そのめいのマリオン・マレシャルルペン(Marion Marechal-Le Pen)副党首(25)は、それぞれの地域圏で同党史上最高となる40%超の票を獲得した。

 右派政党全体での得票率は27~27.4%となる見込み。一方の与党・社会党(SP)とその同盟政党の得票率は22.7~23.5%になる見込みだ。

 選挙は、FNの反移民的で時にイスラム嫌悪的なメッセージを前面に押し出した同国史上最悪のテロ事件を受けた厳重な警戒態勢下で実施され、登録有権者4500万人のうちの約半数が投票した。各地域圏で10%以上の票を獲得した政党が、13日の第2回投票に進むことになる。
 フランソワ・オランド(Francois Hollande)大統領個人の支持率は、パリ同時テロ事件以降とってきた強硬路線の結果として急上昇した。だがオランド氏率いる社会党は、FNとニコラ・サルコジ(Nicolas Sarkozy)前大統領の率いる中道右派の国民運動連合(UMP)に後れを取り苦心している。
【翻訳編集】AFPBB News

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

まだ次の日曜日の第2回投票にならないと最終結果はわかりませんが … っ。 羨ましいっ! メディアはどうしても批判的ではありますが、ちゃんと報道はしています。

日本はヨーロッパの失敗を2周遅れでやろうとしているのか? たとえ他国が失敗していようとも、現実にここまで自分の身に起こらないと人は理解することはできないのか?

現に、国民戦線が強いのは、フランス北部、EUグローバリゼーションの影響をもろに受け、工場閉鎖などで失業率が高く、またイスラム移民なども高い地方です。




 
FC2カウンター 
ブログランキング
ブログランキングバナー
【おうちラジオ】ぶっちゃけトーク(1時間版)
なおことまるこ。 時々ゲスト❤
【おうちラジオ】大人のためのカフェ・タイム
まるこがひとりでお喋りしてます♪
【おうちラジオ】ヲシテで探ろう やまとのことのは
わが国には、漢字以前にヲシテという大和言葉に対応した文字がありました。私たちの日本語の源に触れてみませんか? ヲシテを研究していらっしゃるびーちぇさんの解説です。
【おうちラジオ】英語版
【おうちラジオ】って何?
くらしの延長上に政治がある。
「政治」ってちっとも特別なことじゃない。「政治を語らずに政治を語る」をモットーに❤楽しく可笑しく、でも真面目。身近なことから国家まで、いろいろ、ぶっちゃけ、お喋りしてます♪
家事をしながら、一服しながら、どうぞお聞きくださいませな。  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。