FC2ブログ
まるこのおぼえがき背景

まるこのおぼえがき

(旧)地球の反対側で愛をつぶやく

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- [--:--]

羽生結弦

羽生結弦君が、外国人記者クラブでの会見でこんなこと言っていました。音楽について聞かれた時。自ら「今回の曲『陰陽師』について」と話し出したので、話したかったのでしょうね。

フィギュアスケートは歴史から考えてアジア人が勝つことはありませんでした。ヨーロッパで発展して日本に渡ってきて、ヨーロッパと日本の歴史の違い、長さの違い。表現するスポーツ、美しさというスポーツはアジア人は圧倒的に不利と思われてきました。今回日本の音楽を基調にした曲で金メダルをとれたことは歴史的なこと。これから、自分の国の音楽であったり、独特な文化を持つ音楽であったり、そういったものが増えていくきっかけになればな、というふうにも思っています。

感無量。日本のフィギュアもここまで来たのかと。どこかでタラソワ女史が『西洋と東洋の融合』と解説されていたと思いますけど。思えば、昔は、今のジャッジの不正とはまた違った意味で不公平なことが多々ありました。当時はジャッジの国籍は公開されていましたが、日本人選手の演技に対して、イギリスとか露骨に低い点だったのを記憶しています。

いつの世も、どの分野でも、白人の土俵で、日本人は真面目に純粋に挑戦し、道を開いてきました。自分たちが勝てなくなると平気でルールを変えてしまう白人土俵で、ただただ努力して道を切り開いてきました。その開けた道を中韓人たちが後から我が物顔で、開拓者日本人を蹴散らしながら…ぶつぶつ。

それにしても、羽生君、わずか23歳で、このような内容を簡潔に言葉で説明できるって、やっぱスゴイと思います。だってパッと見渡して、他のオリンピック選手で外国人相手にこれだけのことを言える人いますかね? 白人記者連中も何かちょっとは感じてくれたかもしれません。

世界は白人価値観基準で動いている。彼らは自分たちが中心だから、それが自然で何も感じないでしょうけど、非白人である私たちは常に矛盾を抱えながら生きていかざるを得ない。大げさかもですけど、そんな苦悩の歴史が羽生君のこの言葉に重なってきてちょっとウルっと。羽生君ありがとう。





スポンサーサイト
2018/03/04 [06:58]

皇族方の結婚

今回の眞子様騒動で分かったこと。

眞子様たちは、幼少のころから、将来の結婚を見越した幼馴染というか、そういうお相手が旧宮家の間で秘密裏に用意されていると思っていました。

そういうのは、旧家や資産家などの家庭では普通にあること。 結婚は家と家との繋がりであるわけですし、政略結婚だろうが何だろうが相手を気に入ればそれでいいわけで。今回のことで図らずも「何もない」ということばばれてしまいました。私としましては、KKがどうのこうのよりもこちらの方が数段問題だと思うのですが。

今上陛下にも東宮にも、そういうお相手はいました。お相手の方は幼いころから将来は后になると育てられていて、本人もそのつもりで心の準備をしていたのに、それが突然降ってわいた「粉屋の娘」や「ハーバードうんたら」にかすめ取られてしまい。

美智子さんは旧皇族方とのつながりを断ち切ってしまった、とは言われておりましたが、「ああ、本当なんだな」と。清子さんのお相手は秋篠宮殿下の采配で。ということは天皇皇后は何の根回しもしていなかったということです。あの環境で、親や周囲がそれなりの方とお見合いなり何なりの世話をしてあげなかったらどうなるのでしょう?それが今回のこと。まともな日本人男性で、姫様に積極的に口説きに行く人などいないでしょう。結果残るのはkkみたいな図々しい恥知らずしかいないでしょう。

孤独な姫君。眞子様に、身分を弁えよ、と説教するのは簡単ですけど、しかし、誰も紹介はしないよ、相手は自分でお探し、というのは酷すぎます。

これというのもすべて元凶は美智子さん。こんなの姫君たちが小さい頃から、美智子さんが率先してティーパーティでも何でも開いて、旧宮家の方々との交流を密にして、娘を孫娘たちをよろしく、とお願いしていればこんなことにはならなかったはず。

秋篠宮両殿下には美智子さんの頭越しに旧宮家との交流を持つなんてことはできなかったでしょう。秋篠宮殿下もそういう環境で育ってきたのだし。

心配しているのは、眞子様だけでなく、佳子様、そして何よりも悠仁親王殿下のお相手です。悠仁親王殿下のお嫁さんはもう既にどこかて大切に育てられているのかと思っていました。まさかまさか、このままいけば、「悠ちゃんも自分で探してね」となりそうな予感。お茶の水学校だかどこぞの大学だかで知り合った、それこそどこの馬の骨とも分からない娘にひっかかる可能性は十分あります。普通の人なら、将来の天皇のお后なんて、荷が重すぎて辞退するでしょうからね。平気でかかわってくるのは、今回の件で分かったように、ろくでもない図々しい輩しかいないでしょうに。紀子妃のような奇跡が起こる保証はどこにもありません。

それにしても、今回のことで、美智子皇后は本当に自分だけ、自分が一番であることだけが大切な人なんだな、と改めて分かりました。


2018/03/01 [01:22]

合掌

西部邁氏が亡くなって、日にちがたった今の方が落ち込んでいます。そこへ畳みかけるような安倍総理の訪韓宣言。ああ、情けない。
渡辺昇一氏が亡くなって…他にもおりますけど、西部氏も亡くなってしまって…辛うじて戦前戦中を知ってるあの世代のお話を、あの声を、もっともっと聴いていたいのに。


2018/01/28 [05:18]

謹賀新年

明けましておめでとうございます。

今年は更なる激動の年、さて、どうなりますことやら。

少しでも、本来の日本に戻ることを祈りつつ…。




2018/01/02 [06:22]

真子内親王殿下

神風は吹いたのに(←北朝鮮の水爆実験?)、それを押し通しての強行会見。

もしあの真子様が本物だったとして、あそこで言われていたことが本心だったとして。


あの様子を見る限り、どちらかというと真子様の方があの男にのめりこんでいるように見える。大学2年生でKKと出会った当初から結婚を前提にしていた、とのこと。彼女を支えてくれたのが彼だったと。

それではその後の留学、内親王としての外遊などを支えてくれていたのは彼だったと? 彼女を支えたのはこんな男しかいなかったと言うのであろうか?


日本は英国王室とは違い、GHQによる華族解体により皇室は丸裸状態でいる。学習院でご学友があろうとも、元の身分はともかく今の彼らは『平民』である。『内親王』は将来皇籍を離脱するものとして教育される。しかし戦前は皇籍離脱と言ったところで結婚相手は皇族華族であり、本当の意味で『平民』と結婚することなどありえなかった。身分はともかく生活自体はそんなに変化することはなかっただろう。宮中の女官だってみんな華族だし。


真子様にもお友達はいたと思うが、本当の意味で対等に話せる相手などいたのだろうか? もう学習院ではない。学習院だって既にかつての学習院ではなかったが、さらにその上を行く平民が普通に通うICUである。スパイ防止法もないこの国で、戦後教育で「皇室」というものをまともに学んだことのない人々の中で、これだけネットが発達している世界で、どうやって近づいてくる人を見抜き、どうやって自分を守っていけばよいのか? 


『日本人』の男なら、『内親王』というだけでまず近づくのを躊躇するだろう。それだけの責任が伴うわけだし、よほどの出自でなければ怖くて話しかけられないだろう。周囲にはSPもいることだろうし。そういう壁を平気で飛び越えられる男と言うのは、要するに『非日本人』あるいは『非常識変人』しかいないのではないか?


これは親が、要は秋篠宮両殿下がだが、気を配って元皇族元華族の家柄の友人知人、幼馴染を意識して作ってあげなければいけなかったと思う。本人に任せておいてはいけない。しかし秋篠宮の母である美智子皇后は、自分より血筋のいい旧皇族華族を毛嫌いして関係を断ってしまったとかで、秋篠宮殿下もそういうつながりは薄かったのかもしれない。清子さんだって、天皇皇后がそれなりに動けば本当はもっと早くにそれなりの方と結婚できていただろうと思われる(黒田氏も血筋はいいのだが)。彼女の場合も結局は秋篠宮殿下が動いた、ということは天皇皇后は何もしなかったということなのだ。


将来『平民』になる『今内親王』の真子様。内気な感じだし、自分自身をどうしたらいいのかわからず持て余していたのだろうか。巫女的なオーラを持った眩しいばかりの光を放った姫君だったのに。


それなりの出自で『我こそは』と名乗りを上げる男はいなかったのか? そういう見合いの場はもうけられなかったのだろうか? 世界の一級の男たちを見てきたであろう姫君の心の支えがあの男? 本当にあの男と対等に会話が成り立つのかどうしても信じられない。『月が…』なんて、そんな安っぽい言葉で惚れてしまうのか? そんな言葉で舞い上がってしまう、そんな嘘っぽい言葉が『砂漠に染み込む水のように』深く心の中に入ってしまう姫君の孤独が哀れすぎる。この会見で見せた本当に嬉しそうな笑顔が哀しすぎる。




2017/09/06 [04:08]

scale

PAGE TOP
広告:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。