まるこのおぼえがき背景

まるこのおぼえがき

(旧)地球の反対側で愛をつぶやく

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- [--:--]

ハリウッド映画

アガサ・クリスティー原作『オリエント急行殺人事件』の映画2017年版を見た。

ハリウッド映画を観る時、『女主人公、黒人、アジア人』を探せ!という癖がついてしまっている。しかし、さすがにこの映画は原作があり、それもひと昔前の有名な作品であるわけで、そう捻り様もないだろうから、安心して頭から消えていた。当時のオリエント急行列車一等車両の豪華なゆったりとした雰囲気をゆっくり眺めていたかった。

しかしやはりこの映画も『それ』から免れることはできなかった。1974年版ではショーン・コネリーの演じたアーバスノット英国軍大佐がこの2017年版では、ドクター・アーバスノットとなり黒人が演じている。この原作が書かれたのは1934年は昭和9年、戦前である。あの時代、黒人の医師がいたのだろうか?もしいたとしてもオリエント急行の一等車両に乗ることが許されたのだろうか?

乗客のひとりが人種差別的な発言をして、それに同じく乗客の女性がやり返す場面がある。「ワインの赤と白は別々に飲んだ方が美味しい。ね?マダム?」という問いに、テーブルに座っている女性は目の前の白ワインを赤ワインで割ってみせて、「ワタクシは、まじりあったロゼが好きよ」と答えるのだ。

何なのだろう。このシーンを見て黒人観客は溜飲を下げるのだろうか?映画一つぼんやりと見ていられない。あらゆるところにトラップは仕掛けられている。NO、たぶん昔からそうであったのだろう。ただ最近それが不自然にあからさまになったので私のようなシロウトでも見えるようになっただけで。それはそれでいいことなのかもしれないが。

ところでアジア人を探したのだが。雪かきをする労働者たちのひとりにいたような気がする。一瞬だったのでよく確認はできなかったが。それにしても豪華な映画に浸ろうとしていたのに、「アジア人を探せ!」とかやっている自分って何なんだろうと思う。

余談ではあるが、前作と比べて俳優陣の格が下がったものよ。前作のローレン・バコールなどと比較する方が酷なのだろうが、今時の俳優に貴族の傲慢な品格など醸し出せるわけもなく、どんなに着飾ってもそこらのねーちゃんにしか見えないところが何とも…。





スポンサーサイト
2018/03/23 [13:50]

羽生結弦

羽生結弦君が、外国人記者クラブでの会見でこんなこと言っていました。音楽について聞かれた時。自ら「今回の曲『陰陽師』について」と話し出したので、話したかったのでしょうね。

フィギュアスケートは歴史から考えてアジア人が勝つことはありませんでした。ヨーロッパで発展して日本に渡ってきて、ヨーロッパと日本の歴史の違い、長さの違い。表現するスポーツ、美しさというスポーツはアジア人は圧倒的に不利と思われてきました。今回日本の音楽を基調にした曲で金メダルをとれたことは歴史的なこと。これから、自分の国の音楽であったり、独特な文化を持つ音楽であったり、そういったものが増えていくきっかけになればな、というふうにも思っています。

感無量。日本のフィギュアもここまで来たのかと。どこかでタラソワ女史が『西洋と東洋の融合』と解説されていたと思いますけど。思えば、昔は、今のジャッジの不正とはまた違った意味で不公平なことが多々ありました。当時はジャッジの国籍は公開されていましたが、日本人選手の演技に対して、イギリスとか露骨に低い点だったのを記憶しています。

いつの世も、どの分野でも、白人の土俵で、日本人は真面目に純粋に挑戦し、道を開いてきました。自分たちが勝てなくなると平気でルールを変えてしまう白人土俵で、ただただ努力して道を切り開いてきました。その開けた道を中韓人たちが後から我が物顔で、開拓者日本人を蹴散らしながら…ぶつぶつ。

それにしても、羽生君、わずか23歳で、このような内容を簡潔に言葉で説明できるって、やっぱスゴイと思います。だってパッと見渡して、他のオリンピック選手で外国人相手にこれだけのことを言える人いますかね? 白人記者連中も何かちょっとは感じてくれたかもしれません。

世界は白人価値観基準で動いている。彼らは自分たちが中心だから、それが自然で何も感じないでしょうけど、非白人である私たちは常に矛盾を抱えながら生きていかざるを得ない。大げさかもですけど、そんな苦悩の歴史が羽生君のこの言葉に重なってきてちょっとウルっと。羽生君ありがとう。





2018/03/04 [06:58]

皇族方の結婚

今回の眞子様騒動で分かったこと。

眞子様たちは、幼少のころから、将来の結婚を見越した幼馴染というか、そういうお相手が旧宮家の間で秘密裏に用意されていると思っていました。

そういうのは、旧家や資産家などの家庭では普通にあること。 結婚は家と家との繋がりであるわけですし、政略結婚だろうが何だろうが相手を気に入ればそれでいいわけで。今回のことで図らずも「何もない」ということばばれてしまいました。私としましては、KKがどうのこうのよりもこちらの方が数段問題だと思うのですが。

今上陛下にも東宮にも、そういうお相手はいました。お相手の方は幼いころから将来は后になると育てられていて、本人もそのつもりで心の準備をしていたのに、それが突然降ってわいた「粉屋の娘」や「ハーバードうんたら」にかすめ取られてしまい。

美智子さんは旧皇族方とのつながりを断ち切ってしまった、とは言われておりましたが、「ああ、本当なんだな」と。清子さんのお相手は秋篠宮殿下の采配で。ということは天皇皇后は何の根回しもしていなかったということです。あの環境で、親や周囲がそれなりの方とお見合いなり何なりの世話をしてあげなかったらどうなるのでしょう?それが今回のこと。まともな日本人男性で、姫様に積極的に口説きに行く人などいないでしょう。結果残るのはkkみたいな図々しい恥知らずしかいないでしょう。

孤独な姫君。眞子様に、身分を弁えよ、と説教するのは簡単ですけど、しかし、誰も紹介はしないよ、相手は自分でお探し、というのは酷すぎます。

これというのもすべて元凶は美智子さん。こんなの姫君たちが小さい頃から、美智子さんが率先してティーパーティでも何でも開いて、旧宮家の方々との交流を密にして、娘を孫娘たちをよろしく、とお願いしていればこんなことにはならなかったはず。

秋篠宮両殿下には美智子さんの頭越しに旧宮家との交流を持つなんてことはできなかったでしょう。秋篠宮殿下もそういう環境で育ってきたのだし。

心配しているのは、眞子様だけでなく、佳子様、そして何よりも悠仁親王殿下のお相手です。悠仁親王殿下のお嫁さんはもう既にどこかて大切に育てられているのかと思っていました。まさかまさか、このままいけば、「悠ちゃんも自分で探してね」となりそうな予感。お茶の水学校だかどこぞの大学だかで知り合った、それこそどこの馬の骨とも分からない娘にひっかかる可能性は十分あります。普通の人なら、将来の天皇のお后なんて、荷が重すぎて辞退するでしょうからね。平気でかかわってくるのは、今回の件で分かったように、ろくでもない図々しい輩しかいないでしょうに。紀子妃のような奇跡が起こる保証はどこにもありません。

それにしても、今回のことで、美智子皇后は本当に自分だけ、自分が一番であることだけが大切な人なんだな、と改めて分かりました。


2018/03/01 [01:22]

scale

PAGE TOP
広告:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。