2017/05
≪04  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   06≫
チャンネル桜 
YOUTUBEチャンネル
最近の記事 
最近のコメント    
カテゴリー 
リンク 
プロフィール 

まるこ

Author:まるこ
★生活の延長上に政治がある。在仏★ 

最新トラックバック
真子内親王殿下の婚約予定報道と女性宮家
真子内親王殿下の婚約報道騒動を見ていて。

まだ皇室側からの正式な発表はなされていませんので何とも言えませんが、ただこれだけはわかりました。

女性宮家創設は絶対ダメッ!

女性宮家を認めるということは、どこの馬の骨かも知れない男が「皇族」になるかもしれない、ということ。 その馬の骨が偉そうな顔をして私たちの上に立つ、ということ。 その馬の骨を私たちの税金で養っていかなければならない、ということ。 

昨日まで隣にいてその馬鹿さ加減を知っている男をその翌日から敬うことなんかできますか。





スポンサーサイト


 
不倫略奪愛のマクロン夫妻に女性たちが共感するワケ
日本では、フランスの新大統領マクロン氏の、政策よりも、25歳年上の奥様が話題になっているそうで(←ホント?)。

FRONT JAPAN桜 でも木坂麻衣子さんが分析しておられました。

こちらもこんな記事が。 不倫略奪愛のマクロン夫妻に女性たちが共感するワケ

日本女性たちはこのことに共感・熱狂しているのですか??? フランスでは、う~ん、自分が普通のニュースしか見ないせいなのか、そういう話題は皆無。 ゴシップ誌でもあたればあるのかも。 でもここはフランス、ミッテラン元大統領の葬儀の時、夫人と愛人が同席していた時も特に批判もおこらず。 要は政治内容が問題なわけであってプライバシーは関係ないと。まあ、この種のことに関しては大人で冷静ですよねぇ。 野暮でない。 逆にこの日本の報道のアホっぷりがこちらで報道されないかが心配…。

で、フェミニストたちが「こんな年上の女性を愛し続けるなんざ男の鑑」とかなんとか賞賛しているのだとか…。 う~ん、フェミニストたちが「男女平等」の視点から言うのでしたら、まずマリーヌ・ルペン女史を応援すべきでした。 だって彼女が大統領になっていたら、フランス初女性大統領の誕生ですよ。これはマクロンよりルペンでしょ、やっぱ。

「25歳も年上の女を熱愛する男」を賞賛するってことは、日頃の主張と矛盾してません? 結局は「男に護られる女」「年取っても男に愛される女」がいいってことで、「女は男に愛されてナンボ」みたいな(彼女らにとって)『古い』基準にとらわれているような???






 
フランス大統領選4
ご近所とお茶してて。

ここはもともとリベラル色の強い地方なようなのですが、それにしても、マリーヌ・ルペン …嫌われているのですねぇ。

マクロンも支持されていないようですが。 白紙投票したとのこと。 選挙では白紙投票もカウントしてもらいたいものです。

さて、マリーヌ・ルペン女史の国民戦線。 「ナチスと一緒」だとか「排外主義」だとか…はれはれはれはれ。 よく彼女の言っていることを聞いてみれば、あるいは読んでみれば、実に普通なことを言っていると思うのですが…「常識」「非常識」は「数の問題」でもあるので、「この世界」では「非常識」の部類に入ってしまうのか? ある人は「ギリギリだった(マリーヌ・ルペンがならなくて良かった)」と。 … 4人、あるいは5人に一人は国民戦線を支持している人がいるはず。 しかしまだ国民戦線を良く言ったフランス人に会ったことがない。支持者はどこにいる??? 

ナチスと一緒 … って、イヤ、ナチスと一緒じゃないから。 ヒトラー批判するんだったらスターリンはもっとひどいことしてるし…。

国民戦線って1972年誕生。45年目。 マリーヌ・ルペン女史が党首になってから相当サヨク化していますし。でもフランスでもメディアによる刷り込みは抜けないのですね。 洗脳を解くというのは想像以上に難しい。… ということは、戦後70年以上にわたる「日本=悪」という世界的な洗脳 … これが解けるというのは…まだまだ道のりは遠い … もう永遠にダメなのかも、と絶望の淵。 もう一度真正面から戦争して勝利して「世界の価値観基準」とならない限りホントにもうダメなのかも。



 
フランス大統領選3
予想通りエマニュエル・マクロン大統領の誕生です。 

投票率65%。 得票率 マクロン氏65,1% VS ルペン女史34,9%

ルペン女史、第一次での21%を伸ばしています。 私としましては40%取ってほしかったのですけど。 有権者の4人にひとりくらいがルペン支持って計算でいいのかしら?

さて、5年後はどうなるでしょうか? これから地方選が始まります。そこで国民戦線がどれだけとれるかですよね。まず地方を固める。各自治体を真正保守で固めていく…大切なことです。

それにしてもフランスメディアもアメリカなみに偏向激しくひどいものではありますが、でもちゃんと国民戦線を報道して、政治の専門家が批判し討論しているだけ日本より1000倍マシ。 日本では政治を芸人に語らせて完全にワイドショー化していますもんね。でスルーするし…。

グローバリスト・マクロン大統領…移民受け入れ推進派、さてさて、どうなるんだろ? フランス。 でも、あれ? これ、日本の安倍晋三首相と同じですよね。グローバリスト、移民受け入れ推進派。 でも日本ではこの安倍首相が『右』と言われ、フランスの国民戦線にあたる政党がない。 どれだけ左に偏っているんじゃい。






 
フランス大統領選2
明日は投票日。

先日は、マクロン氏からのメッセージが留守電に入っていてビックリ。 フランスには期日前投票というのがなくて、そのかわり自分の選挙区の誰か(親とか)に代理人投票を頼むことができます。(もちろん正式な手続きをして) これがまた曲者だったりするらしいですが。 だって頼まれた候補者の名前をちゃんと書くなんて誰に保障できます?

さて前回国民戦線が大統領選の決選投票に出たのはマリーヌ・ルペンのお父上、マリン・ルペン。相手はジャック・シラク元大統領でした。 第一次選挙の時、マリン・ルペン氏の得票率は約18%。 で、決戦投票でも同じ。 ということは国民戦線を強力に支持している支持者以外は誰も彼に投票しなかった、ということ。 反国民戦線で完全にまとまった。

さてさて今回。 第一次で約21%のマリーヌ・ルペン女史がそれ以上の票を得ることができるか。 立ち上がれ、フランス党は既にマリーヌ・ルペン支持を表明。 当時とは違い、数段悪化した移民問題の現実を抱えて、さて表面上は「反ルペン」を装っている国民のどれだけが彼女に投票するか。 そこに注目です。

立ち上がれ、フランス党が5%というから、ふたつで約26%。 さてさてさて、この26%を越えることができるのか…っ!?





 
FC2カウンター 
ブログランキング
ブログランキングバナー
【おうちラジオ】ぶっちゃけトーク(1時間版)
なおことまるこ。 時々ゲスト❤
【おうちラジオ】大人のためのカフェ・タイム
まるこがひとりでお喋りしてます♪
【おうちラジオ】ヲシテで探ろう やまとのことのは
わが国には、漢字以前にヲシテという大和言葉に対応した文字がありました。私たちの日本語の源に触れてみませんか? ヲシテを研究していらっしゃるびーちぇさんの解説です。
【おうちラジオ】英語版
【おうちラジオ】って何?
くらしの延長上に政治がある。
「政治」ってちっとも特別なことじゃない。「政治を語らずに政治を語る」をモットーに❤楽しく可笑しく、でも真面目。身近なことから国家まで、いろいろ、ぶっちゃけ、お喋りしてます♪
家事をしながら、一服しながら、どうぞお聞きくださいませな。